“アメコミの巨匠”スタン・リー氏、95歳で死去 マーベル「スパイダーマン」などの生みの親 | アニメ!アニメ!

“アメコミの巨匠”スタン・リー氏、95歳で死去 マーベル「スパイダーマン」などの生みの親

『スパイダーマン』『アイアンマン』『アベンジャーズ』など「マーベル・コミック」の数多くの作品を手掛け、“アメコミの巨匠”と呼ばれたスタン・リー氏が、2018年11月12日にロサンゼルスの病院で死去。95歳だった。米メディアが報じている。

ニュース アニメ
スタン・リー (C) Getty Images
スタン・リー (C) Getty Images 全 1 枚 拡大写真
『スパイダーマン』『アイアンマン』『アベンジャーズ』など「マーベル・コミック」の数多くの作品を手掛け、“アメコミの巨匠”と呼ばれたスタン・リー氏が、2018年11月12日にロサンゼルスの病院で死去。95歳だった。米メディアが報じている。

スタン・リー氏は、1922年にニューヨークで生まれ、1939年に「マーベル・コミック」の前身である「タイムリー・コミックス」に入社。その後、『ハルク』『ソー』『アイアンマン』『ドクター・ストレンジ』『スパイダーマン』『X-メン』『アベンジャーズ』など多くのヒーローコミックの原作を手掛け、近年では「マーベル・コミック」の映画化作品の多くに“カメオ出演”し、幅広く知られていた。

《小野瀬太一朗》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集