「鬼滅の刃」関連ワード強し!「ネット流行語 100」発表 “煉獄杏寿郎”抑えて大賞を受賞したキャラは!? | アニメ!アニメ!

「鬼滅の刃」関連ワード強し!「ネット流行語 100」発表 “煉獄杏寿郎”抑えて大賞を受賞したキャラは!?

2020年にネットで流行った単語を総括する「ネット流行語 100」年間大賞2020表彰式が、2020年12月15日に開催された。

ニュース トレンド
注目記事
TVアニメ『鬼滅の刃』キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
TVアニメ『鬼滅の刃』キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable 全 16 枚 拡大写真
2020年にネットで流行った単語を総括する「ネット流行語 100」年間大賞2020表彰式が、2020年12月15日に開催。2020年間大賞は「鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)」に決定し、週刊少年ジャンプ編集部から受賞コメントが到着した。

「ネット流行語 100」は、ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画として2018年にスタート。昨年はネット視聴者数延べ33万人を記録し、Twitterでもトレンド入りを果たすなど大きな話題に。
本年も「ネット流行語100」表彰式にて、ノミネート100単語にゆかりのある人物・団体などを招き「年間大賞」をはじめ、ニコニコユーザーが「今年流行ったと思う単語」をアンケートで選ぶ「ニコニコ賞」、2019年と比較してpixivに投稿が増えたタグ(単語)の中から選ぶ「pixiv賞」が決定となった。

2020年「ネット流行語 100」年間大賞「鬼舞辻無惨」
年間大賞「鬼舞辻無惨」【画像クリックでフォトギャラリーへ】
今年の年間大賞に選ばれたのは、映画も大ヒット中の『鬼滅の刃』に登場する最強のラスボス「鬼舞辻無惨」。
「鬼滅の刃」は、TVアニメ化を果たした2019年の「ネット流行語 100」では「pixiv賞」に選ばれており、今年は大賞の「鬼舞辻無惨」をはじめ、ノミネート100単語に「煉獄杏寿郎」「竈門禰豆子」など19個もの関連ワードが選ばれるという結果に。

2020年「ネット流行語 100」pixiv賞「ツイステッドワンダーランド」
pixiv賞「ツイステッドワンダーランド」【画像クリックでフォトギャラリーへ】
また、第2位および「pixiv賞」は、ディズニー・ヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクターたちが織りなすスマートフォン向け学園アドベンチャーゲーム『ツイステッドワンダーランド』が獲得。女性ユーザーからの支持が厚く、イラストと並んで小説の投稿が多かったことがpixiv賞の決め手となった。

2020年「ネット流行語 100」
「ネット流行語 100」トップ10【画像クリックでフォトギャラリーへ】
なお、第3位には「煉獄杏寿郎」、第4位には「鬼の王」、第5位には「ホロライブ」、第6位には「ウルトラマンZ」、第7位と「ニコニコ賞」には「たべるんごのうた」、第8位には「戌神ころね」、第9位には「竈門禰豆子」、第10位には「フロイド・リーチ」といったワードが並んでいる。

<以下、コメント全文掲載>


第1位「鬼舞辻無惨」


2020年「ネット流行語 100」第1位「鬼舞辻無惨」
<受賞コメント> 集英社 週刊少年ジャンプ編集部

この度は受賞ありがとうございます。鬼舞辻無惨は、鬼滅の刃の中で最強の鬼であり、鬼殺隊や人間たちにとって憎むべき敵の名前です。その無惨の名前が第1位になったというのは、驚きもありますが、それ以上に非常に光栄に感じています。
少年漫画にとって、主人公たちに立ちはだかる敵というのは非常に重要な存在で、敵を魅力的に描けるかどうかが、主人公たちを魅力的に描けるかどうかに繋がっていくと感じています。
その中で、この言葉が1位になったということは、きっと読者の皆さんに炭治郎たちも魅力的に届き、きっと鬼滅の刃も楽しんでいただけたのだと思っております。
様々な作品がある中、作品にとって非常に重要なキャラクターが1位を受賞させていただけたこと、本当にありがとうございます。

第2位「ツイステッドワンダーランド」


2020年「ネット流行語 100」第2位「ツイステッドワンダーランド」
<受賞コメント>『ディズニー ツイステッドワンダーランド』運営一同

この度は、「ネット流行語100」2020において、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』関連の単語が数多くノミネートし、そして「ツイステッドワンダーランド」が2位を頂きました。非常に高い関心を持って、皆さまにゲームを遊んでいただけていること、運営一同感謝いたします。さらに関連商品も手に取っていただけていることに、重ねて御礼申し上げます。

《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]