「ネット流行語」“まちカドまぞく”の非公式セリフ“シャミ悪”も受賞! 原作者「正直かなり迷いました」 | アニメ!アニメ!

「ネット流行語」“まちカドまぞく”の非公式セリフ“シャミ悪”も受賞! 原作者「正直かなり迷いました」

「ニコニコ大百科」と「ピクシブ百科事典」による共同企画「ネット流行語100」の年間大賞発表会が12月15日に開催された。

ニュース アプリ・ウェブサービス
注目記事
「ネット流行語100」賞 シャミ子が悪いんだよ
「ネット流行語100」賞 シャミ子が悪いんだよ 全 17 枚 拡大写真
「ニコニコ大百科」と「ピクシブ百科事典」による共同企画「ネット流行語100」の年間大賞発表会が12月15日に開催され、年間大賞には「にじさんじ」が選出された。
また関連ワードが上位や各賞で表彰された『鬼滅の刃』『けものフレンズ2』『まちカドまぞく』『仮面ライダー ゼロワン』『ヒプノシスマイク』の関係者、およびスペシャルプレゼンターの声優・古谷徹からコメントも到着した。

「ネット流行語100」
「ネット流行語100」はこれが2回目の開催にあたる。今年は「ニコニコ大百科」および「ピクシブ百科事典」の各単語ページにおける2019年のアクセス数に基づき、ネットで最も流行った単語を年間大賞として表彰。
さらに、niconicoユーザーが今年ネットで最も流行ったと思う単語をアンケート投票で選ぶ「niconico賞」、2019年にpixivに投稿された作品に対してタグ付けされた数が昨年と比較して最も増えた単語を表彰する「pixiv賞」なども発表した。

年間大賞の「にじさんじ」は、いちから株式会社が運営する「にじさんじプロジェクト」に属するバーチャルライバーグループ。月ノ美兎や樋口楓をはじめとする総勢約90名のライバーたちが、それぞれの個性を存分に活かしYouTubeやニコニコチャンネルなどのプラットフォームにて活動している。
今年は所属バーチャルライバーのそれぞれがインフルエンサーとして大活躍したこともあり、昨年の第9位から順位を上げての栄冠となった。

『まちカドまぞく』第1話先行カット(C)伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会
『まちカドまぞく』シャミ子【画像クリックでフォトギャラリーへ】
「pixiv賞」には、今年大ブームを巻き起こした吾峠呼世晴によるマンガ『鬼滅の刃』が選ばれた。なお本作からは、主人公の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」や、作品に登場する組織「鬼殺隊(きさつたい)」における最高位9人の剣士を指す「柱(はしら)」など、計6ワードがTOP20入りを果たしている。
「niconico」賞には、マンガ『まちカドまぞく』に登場する「千代田桃」が「シャミ子」に言ったセリフ……ではなく“言いそうなセリフ”である「シャミ子が悪いんだよ」が選出。
他のノミネート単語がキャラクター名や作品名であることに対して、「シャミ子が悪いんだよ」はセリフかつ公式ではないということからTwitter上でも話題を呼んだ。

『鬼滅の刃』第11話先行カット(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃』我妻善逸【画像クリックでフォトギャラリーへ】
このほかトップ10では、第2位に『鬼滅の刃』の「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」、第5位に『けものフレンズ2』、第7位に『仮面ライダージオウ』、第10位に『ヒプノシスマイク』などがランクイン。
惜しくも受賞は逃したが、上位100位には『ジョジョの奇妙な冒険』や『Fate/Grand Order』も名を連ねており、2019年多くの“コンテンツ(IP)”が「ニコニコ動画」や「pixiv」の盛り上がりを牽引したことがうかがえる結果となった。

<以下、コメント全文掲載>



「ネット流行語100」第2位 我妻善逸

【第2位 我妻善逸 アニメ『鬼滅の刃』制作プロデューサー 高橋祐馬(株式会社アニプレックス)】


我妻善逸はアニメの中では中盤で登場するキャラクターです。登場時は非常に泣き虫で弱音を吐くキャラクターですが、弱さだけではない一面を持った魅力的なキャラクターです。『鬼滅の刃』という作品名よりも上位にランクインしたのは、そんな彼の魅力ゆえだと思います。

また、アニメでは声優の下野紘さんに演じていただいているのですが、最初のアフレコの時に下野さんの芝居を聞いて、これは面白くなるな!と確信したのを思い出しました。『鬼滅の刃』からは本当に多くのワードがランクインしていますが、制作スタッフや関係者で一緒に喜びたいと思います。

「ネット流行語100」第5位 けものフレンズ2

【第5位 けものフレンズ2 アニメ『けものフレンズ2』制作プロデューサー 沼田心之介(株式会社トマソン)】


ネット流行語ということで、フレンズのみなさんが関心をもっていただいたということでとてもありがたく思っております。もちろんアニメを楽しんでもらったのもありがたいですし、今では『けものフレンズ3』というゲームであったり、動物園とのコラボや屋形船であったり、色々なものとコラボして、本当にこれだけ広がっていくコンテンツに関わらせていただいてとてもありがたいと思っております。

来年には【けものフレンズ運動会】があり、これからも『けものフレンズ』はずっとずっと続いていくのでみなさんも一緒に楽しんでいけたらと思います。本当にありがとうございました!

「ネット流行語100」第4 位 鬼滅の刃

【pixiv賞 鬼滅の刃 アニメ『鬼滅の刃』制作プロデューサー 高橋祐馬(株式会社アニプレックス)】


このpixiv賞は、昨年は『降谷零』が受賞されたとのことで、2018年を思い返した時に時代の顔であるキャラクターが受賞していたなと思います。

今回、『鬼滅の刃』を作品名に選んでいただけたのは、2019年を代表する作品のひとつになれたのかな、と思います。来年は劇場版の公開もありますので、皆さんに楽しんでいただけるように頑張ります。引き続き応援の程よろしくお願いします。

「ネット流行語100」賞 シャミ子が悪いんだよ

【niconico賞 シャミ子が悪いんだよ 漫画『まちカドまぞく』担当編集 土居航洋(株式会社芳文社)】


公式では、漫画内で一度も言ってないセリフということで複雑ではあるのですけれども(笑)、それだけたくさんの方がこの『まちカドまぞく』という作品を楽しんで頂けるようになったということで、そのきっかけは今年放送していただいたテレビアニメが非常に大きかったと思います。
この受賞は原作者の伊藤先生とアニメのスタッフやキャストの皆様と分かち合いたいと思います。ご投票いただいた皆さまありがとうございました。

【niconico賞 シャミ子が悪いんだよ 漫画『まちカドまぞく』原作者 伊藤いづも】


この度は、「ネット流行語100」niconico賞をいただき、ありがとうございます。初め担当さんからお電話でniconico賞を頂けるというお話を頂いたときは、正直お受けしようかかなり迷いました。何故なら、ニコニコ動画に詳しい方ならご存じかと思いますが、この言葉は原作とアニメを何度見ても一度たりとも言っていないセリフだからです。ですが、この言葉が生まれた経緯や、どういう風に皆様がこの言葉を楽しんでくださっているかを知って、謹んでお受けすることにしました。

この言葉が生まれたのは、ひとえにアニメ「まちカドまぞく」にかかわってくださったすべての方々の努力のおかげです。作画、音響、ボイス、脚本、スタッフの方々の「キャラクターを立てる」という努力がとても高いレベルで噛み合った結果、作中のキャラクターの魂が視聴してくださった方の心の中にきちんと根付き、作者の手を離れて歩き出せるくらい育ってくれたからこそ、この言葉が生まれたのだと思います。

だから、「原作とアニメで言ってないだけで言ってる」派の方も、「桃はこんなこと言わない」派の方も、「作品見てないけどこのセリフは知ってる」派の方も、全員正しくて、みんな悪くないのだと思います。この賞は私一人では荷が重いので、アニメ「まちカドまぞく」を世の中に送り出してくださった方や、楽しんでくださったファンの方、みんなで分かち合えれば、原作者としてはこれ以上ないほど幸せなことです。最後に、シャミ子がわる……ワールドワイドで羽ばたいてくれることを心から祈っています。

「ネット流行語100」第7位 仮面ライダージオウ

【第7位 仮面ライダージオウ テレビドラマ『仮面ライダーゼロワン』
制作プロデューサー 大森敬仁(東映株式会社)】


この度は、『仮面ライダージオウ』が去年の『仮面ライダービルド』よりも1つランクを上げて第7位にランクインしたということで、大変嬉しく光栄に思っております。『仮面ライダージオウ』は、毎週のように平成のレジェンドライダーをゲストに迎えて、そのレジェンドと共にジオウが時空を超える、という内容だったのですが、毎週ゲストの発表があるたびにファンのみなさんから反応をいただきました。仮面ライダーファンのおかげで、『仮面ライダージオウ』を更に大きく盛り上げることができたと思っています。

(一部省略)12月21日(土)に、平成最後の仮面ライダーであるジオウと令和最初の仮面ライダーであるゼロワンが共演する映画『仮面ライダー令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』が公開されます。ファンにとっても大変貴重な映画となっているので、みなさん劇場にぜひ足を運んでください。

「ネット流行語100」第10位 ヒプノシスマイク

【第10位 ヒプノシスマイク ヒプノシスマイク イケブクロ・ディビジョン “BusterBros!!!” 山田一郎役 木村昴】


みなさん、『ヒプノシスマイク』というワードが2019年の「ネット流行語100」の10位にランクインしたということで、みなさん本当にありがとうございます!(一部省略)2019年はヒプノシスマイクにとっても爆進の年になりました!大阪城ホールでのライブ、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンの発表、更にはアニメ化の決定!来年、2020年はネットライフドームでのライブも控えております。

さらに、オオサカ・ディビジョンから始まり、ナゴヤ・ディビジョン、2019年の年末にはイケブクロ・ディビジョン、そして年をまたいでヨコハマ・シブヤ・シンジュクと、6ヵ月連続で各ディビジョンのCDが発売されます!シンジュク・ディビジョンのCDの発売の数日後にはメットライフドームのライブもありますから、シンジュク推しの方は速攻聴いて、会場に向かってください!…来年は、1位にランクインしたいです!!

古谷徹

【スペシャルプレゼンター 古谷徹 今年の『ネット流行語100』総括コメント】


去年はVTuberのランクインが多かったですが、今年は『鬼滅の刃』が多かったですね。印象に残りました。改めて『鬼滅の刃』のアニメを見て、今後僕が演じられるキャラクターがあるか、チェックしたいと思います!
作品は、ただ(キャラクター)がかっこいいだけではだめなんですよ。大人が泣ける作品でないとヒットに繋がらないですよね。今後、『鬼滅の刃』は海外ファンも増えていくでしょう。楽しみです。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]