今もっとも愛されているWebマンガは!?「WEBマンガ総選挙2019」結果発表 | アニメ!アニメ!

今もっとも愛されているWebマンガは!?「WEBマンガ総選挙2019」結果発表

イラストコミュニケーションサービス「ピクシブ」が、Webマンガ作品No.1を決める投票型企画「WEBマンガ総選挙2019」の結果を発表した。1位に輝いたのは『新しい上司はど天然』で、2位は『ほむら先生はたぶんモテない』、3位は『堕天作戦』となった。

ニュース アワード/コンテスト
「WEBマンガ総選挙2019」
「WEBマンガ総選挙2019」 全 15 枚 拡大写真
イラストコミュニケーションサービス「ピクシブ」が、7月1日から8月27日まで開催したWebマンガ作品No.1を決める投票型企画「WEBマンガ総選挙2019」の結果を発表した。1位に輝いたのは『新しい上司はど天然』で、2位は『ほむら先生はたぶんモテない』、3位は『堕天作戦』となった。

「WEBマンガ総選挙2019」は、WEB初出後に書籍化されたマンガを対象に「今もっとも愛されているマンガ」をユーザー投票によって決定する企画だ。3回目となる今年は、ノミネート期間に応募のあった作品から特に得票数が多かった50作品を対象とした決選投票を行い、ランキングを決定している。

1位に輝いた『新しい上司はど天然』は単行本1巻が即20万部を突破した、ど天然上司と部下の掛け合いを描く仕事コメディ。
2位の『ほむら先生はたぶんモテない』は女子高生を極度に恐れる生物教師の脱力系ラブコメディ、3位の『堕天作戦』は魔人の捕虜として捕らえられた不死者をめぐるダークファ ンタジーだ。

「新しい上司はど天然」「ほむら先生はたぶんモテない」「堕天作戦」
以下、トップ10までに『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』『せんせいのお人形』『クールドジ男子』『さくらのはなみち』『お兄ちゃんはおしまい!』『あせとせっけん』も名を連ねた。

なお10月中旬より、上位入賞作品を対象とした3つのキャンペーンが開催予定。全国1,200書店での特別フェア、東京・JR新宿駅構内での巨大看板ジャック、マリオンクレープでのコラボ商品の販売で大規模なプロモーションが展開される。

「WEBマンガ総選挙2019」投票結果


第1位 「新しい上司はど天然」<いちかわ暖>
第2位 「ほむら先生はたぶんモテない」<せかねこ>
第3位 「堕天作戦」<山本章一>
第4位 「絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男」<紺吉>
第5位 「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」<豊田悠>
第6位 「せんせいのお人形」<藤のよう>
第7位 「クールドジ男子」<那多ここね>
第8位 「さくらのはなみち」<希戸塚一示、西山田>
第9位 「お兄ちゃんはおしまい!」<ねことうふ>
第10位 「あせとせっけん」<山田金鉄>

■キャンペーン情報
1.JR新宿駅構内の巨大看板ジャック
【掲出期間】10月21日(月)~10月27日(日)※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。
2.マリオンクレープ各店舗にて特別メニューを販売
【開催期間】10月19日(土)~11月1日(金)
【実施店舗】原宿竹下通り店・東京タワー店・東京ソラマチ店・Club Marion・ヨドバシAkiba店・池袋サンシャイン店
3.全国書店1200店舗にて「WEBマンガ総選挙2019」結果発表フェア開催
【期間】10月17日(木)~ ※店舗によって終了のタイミングが異なります。ご注意ください。

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集