「攻殻機動隊 SAC_2045」草薙素子を描いたイメージビジュアル公開! キャラデザ担当はイリヤ・クブシノブに | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊 SAC_2045」草薙素子を描いたイメージビジュアル公開! キャラデザ担当はイリヤ・クブシノブに

『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインが、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブに決定。併せて、主人公・草薙素子のイメージビジュアルが公開された。

ニュース アニメ
『攻殻機動隊 SAC_2045』イメージビジュアル(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
『攻殻機動隊 SAC_2045』イメージビジュアル(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 全 1 枚 拡大写真
『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』(Netflixにて2020年全世界独占配信)のキャラクターデザインが、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブに決定。併せて、主人公・草薙素子のイメージビジュアルと、イリヤの「素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています」というコメントが到着した。

『攻殻機動隊 SAC_2045』の原作は、士郎正宗が1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」で連載したコミック作品。1995年には押井守監督によるアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が公開され、現在までにTVアニメシリーズやハリウッド実写映画など様々な映像作品が発表され続けている。

本作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、シリーズ初のフル3DCGアニメーション。『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、荒巻伸志がダブル監督を務め、さらにProduction I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルで制作される。

今回、現地時間6月11日にフランスで行われた「アヌシー国際アニメーション映画祭」では、Netflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>に神山、荒牧が登壇し、キャラクターデザイン担当としてイリヤを起用したと正式発表となった。
イリヤは、SNSで定期的に作品を発表して人気を集め、Instagramは162万人、Twitterは33万人からフォローされているロシア出身のイラストレーター。原恵一監督作品『バースデー・ワンダーランド』ではキャラクターデザインに加え、美術設定も担当したことで話題を呼んだ人物だ。

気鋭イラストレーターを迎えた最新作がどのような作品になるか、配信開始を楽しみに待ちたい。
アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』は2020年、Netflixにて全世界独占配信(※中国本土を除く)。

<以下、コメント全文掲載>



【イリヤ・クブシノブ(Ilya Kuvshinov)】
日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。

私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています。

原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

《MoA》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集