愛が重そうなキャラといえば? 3位「銀魂」近藤勲、2位「ハッピーシュガーライフ」松坂さとう、1位は… | アニメ!アニメ!

愛が重そうなキャラといえば? 3位「銀魂」近藤勲、2位「ハッピーシュガーライフ」松坂さとう、1位は…

アニメ!アニメ!では、「愛が重そうなキャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース そのほか
(C) 鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会
(C) 鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会 全 12 枚 拡大写真
3月14日はホワイトデーです。

バレンタインデーにチョコレートなどプレゼントをもらった人が、お返しを贈る日として知られています。どんなお返しがもらえるのか楽しみにしている読者も多いのでしょうか。

自分のプレゼントより良いお返しをもらうと何だか嬉しいものですが、あまりに高価過ぎるお返しだと、逆に気が引けてしまうもの……。アニメにもそういったとびきりの“愛”を返してきそうな、行き過ぎた愛情表現をするキャラクターが多数存在します。そんなハードな行動に出てしまうキャラの中で、最も「愛が重い」と思われているキャラクターは一体誰なのでしょうか。

そこでアニメ!アニメ!では、「愛が重そうなキャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。2月28日から3月7日までのアンケート期間中に116人から回答を得ました。
男女比は男性約25パーセント、女性約75パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約70パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

■トップはサンジ 愛情表現もさまざま…


1位は『ワンピース』のサンジ。支持率は約6パーセントでした。美女に目がないサンジには「女性に対して愛情表現がすごい」や「ナミにいろいろしてあげてるところを見てると相当重そう……」というコメントが寄せられています。

「ワンピース」(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会
「ワンピース」(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会
2位は『ハッピーシュガーライフ』の松坂さとう。8歳の少女・神戸しおを愛する彼女には「しおちゃんへの愛情が重すぎて、強すぎてヤバい」とファンも驚いている様子。戦慄の純愛サイコホラーというキャッチコピーに相応しい愛を表現しました。

「ハッピーシュガーライフ」(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会
「ハッピーシュガーライフ」(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会
3位は『銀魂』の近藤勲。志村妙が大好きな彼は「お妙さんにストーカーするほど愛が重い」とその行動が危険視されています。裸になることが多いのも、票を集めた理由でしょうか。

「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

■熱いコメント続々!


今回のアンケートは同一作品のキャラクターが選ばれることが多く、同率6位には『銀魂』の猿飛あやめが登場。『文豪ストレイドッグス』からは芥川龍之介、太宰治、中原中也の3人がランクイン。ランク外でしたが『ワンピース』のボア・ハンコックにも「ルフィへの愛がすごい。でも、そんなところが面白くて好き」というコメントがありました。

「文豪ストレイドッグス」(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
「文豪ストレイドッグス」(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
そのほか少数意見として『サムライフラメンコ』の後藤英徳にも投票が。「イベントのクイズコーナーで後藤英徳役の杉田智和さんと澤田灰司役の鈴木晴久さんがチームになったのですが、そのチーム名が“愛が重ため”だったので、テーマを見て真っ先に思い浮かびました」とマニアックな理由が寄せられました。
また『ハッピーシュガーライフ』の松坂さとう、『抱かれたい男1位に脅されています。』の東谷准太など、同性に強い想いを寄せるキャラクターがいるのも特徴です。さまざまな愛にあふれたキャラが集結する結果となりました。

「抱かれたい男 1位に脅されています。」(C)DO1 PROJECT
「抱かれたい男 1位に脅されています。」(C)DO1 PROJECT

■ランキングトップ5


[愛が重そうなキャラといえば?]
1位 サンジ 『ワンピース』
2位 松坂さとう 『ハッピーシュガーライフ』
3位 近藤勲 『銀魂』
4位 碓氷真澄 『A3!』
4位 御狐神双熾 『妖狐×僕SS』

(回答期間:2019年2月28日~3月7日)

次ページ:全体ランキング公開
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集