「AnimeJapan 2019」テーマは“ROCK”! 「SAO×ギブソン」コラボや注目ステージ・施策を発表 | アニメ!アニメ!

「AnimeJapan 2019」テーマは“ROCK”! 「SAO×ギブソン」コラボや注目ステージ・施策を発表

1月25日、東京・アニメイト池袋本店にて、世界最大級のアニメイベント・AnimeJapan 2019の最新情報が公開される発表会「AJプレゼンテーション」が実施された。司会進行は声優の鈴木崚汰と藤田茜が務めた。

イベント・レポート アニメ
「AnimeJapan 2019」テーマは“ROCK”! 「SAO×ギブソン」コラボや注目ステージ・施策を発表
「AnimeJapan 2019」テーマは“ROCK”! 「SAO×ギブソン」コラボや注目ステージ・施策を発表 全 6 枚 拡大写真
1月25日、東京・アニメイト池袋本店にて、世界最大級のアニメイベント・AnimeJapan 2019の最新情報が公開される発表会「AJプレゼンテーション」が実施された。司会進行は声優の鈴木崚汰と藤田茜が務めた。



AnimeJapanは3月23日から26日の4日間、東京ビッグサイトにて行われる。23日、24日が一般参加が可能なパブリックデイ(入場券の購入が必要)、およびファミリーアニメフェスタ2019(小学生以下無料)、25日、26日がアニメ関連の商談の場となるビジネスデイとなっている。

パブリックデイのメインエリアに展開される作品展示ブースやグッズ物販ブース、ステージなどの数は昨年の800超に対し今年は1035と、過去最大の規模になる。
また、例年とはパブリックデイとビジネスデイの日程が逆になったが、その理由として同イベント総合プロデューサーの西山洋介(KADOKAWA)は「パブリックデイで解禁となった情報を商談に反映できるようにするのが目的」と語った。
また、毎年日程が重複していた国際映画祭・香港フィルマートとの競合を避け、より多くのビジネスマンの参加を促すという狙いもあるという。

同イベントの開催は今回で6回目であり、その数字にあわせてテーマは「ROCK」であることと、テーマにちなんだ全キャラクター新規描き下ろしのキービジュアルが発表された。


これらのキャラクタービジュアルは本イベントの参加チケットと同梱のチケットホルダーや会場限定発売のパーカーなどに用いられるが、これらは2月18日までの受注生産となっている。購入には公式サイトでの事前注文が必要なので注意が必要だ。

パブリックデイのメインエリアでは「ROSE RED」「OASIS GREEN」「COBALT BLUE」「KILLER PINK」の4会場にて作品や企業によるスペシャルステージが2日間合計48ステージ開催される。
『ぼくたちは勉強ができない』『転生したらスライムだった件』など現在放送中のアニメ作品や、『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』『消滅都市』など春以降放送・配信・公開予定のアニメ作品のステージが中心となっている。

これらのステージの観覧には入場券の購入の他に観覧抽選への応募が必要となる。応募は2月22日より同イベント公式サイトにて開始され、3月11日に抽選結果が発表される。

「AJ×SAO×Gibson コラボギターチャリティーオークション」ブースでは、ギターブランド・Gibsonとアニメ『ソードアート・オンライン -アリシゼーション-』とのコラボレーションによるギターを制作し、当日チャリティーオークションを行う。
このコラボは描き下ろしのキリトが持っていたギターがギブソンのものをモチーフにしていたことが発端で、そこから正式にギブソンに依頼し実現した。今回の発表会ではサンプルとしてキリトが持っているギターが紹介されたが、コラボレーションギターは別途新たにデザインされたものになる。



その他、映画『機動戦士ガンダムNT』とのコラボが決定したアニメ制作体感ブース「プロダクションワークスギャラリー・アニメノオト」や、アニメ・アニソンのクイズ王を決定する「AJ2019 全国統一テスト アニソン☆キングDAM supported by リスアニ!」、ノミネート作品100作が決定した「アニメ化してほしいマンガランキング」、一般参加も可能で『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムのモーニングスターなども制作される「コスプレイヤーズワールド」など、様々な企画やイベントの情報が公開された。

これらのイベントの最新情報は公式サイトや公式ツイッターアカウントにて随時公開となる。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

《いしじまえいわ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集