「タコピーの原罪」ジャンプ+で話題沸騰! いじめ、毒親…小学生の“闇深”ドラマから目が離せない | アニメ!アニメ!

「タコピーの原罪」ジャンプ+で話題沸騰! いじめ、毒親…小学生の“闇深”ドラマから目が離せない

「週間少年ジャンプ」のWEBアプリ「少年ジャンプ+」で連載中の『タコピーの原罪』(タイザン5著)。衝撃的な展開が読者を惹き付け、盛り上がりを見せる話題作です。

ニュース マンガ
注目記事
「タコピーの原罪」著・タイザン5 出典:Amazon
「タコピーの原罪」著・タイザン5 出典:Amazon 全 3 枚 拡大写真

「週間少年ジャンプ」のWEBアプリ「少年ジャンプ+」で話題となっている『タコピーの原罪』。はたしてどのような内容なのか? 一体どの部分が読者に刺さっているのか? 本稿ではそんな作品の魅力に迫ります。

■『タコピーの原罪』のあらすじ




『タコピーの原罪』はタイザン5初の連載作品。2021年12月10日より配信がスタートしました。
物語は、タコの形をした宇宙人・タコピーと小学4年生のしずかが出会うところから始まります。窮地を助けてもらったタコピーは、お礼としてしずかを喜ばせようと奮闘します。しかし、人間の世界はタコピーにとってわからないことばかり……。
実は、しずかはクラスメートにいじめられており、日に日に追い込まれていました。タコピーは、友達と“仲直り”できるよう協力しますが、その思いも虚しくしずかは自ら命を絶ってしまいます。
なぜ、その行為におよんだのか理解できないタコピーは、母星の“ハッピー道具”を使って、地球に来てからのしずかとの日々を“やり直し”することを決意したのでした。

■“重苦しい”衝撃展開に読者の反応は…


冒頭から漂う不穏な空気、そして読み進めるごとに感じる一抹の不安を裏切らない陰鬱な展開に、第1話スタート時から「エグい」「重すぎる」と話題となりました。第1話の閲覧数は270万PV、読者コメントは4000にものぼりました(2022年2月時点アプリ上の数値より)。
タコピーは、“ハッピー星人”というかわいくて平和なマスコット的キャラクター。一方、しずかは、続けて持ち物がなくなったり、罵倒を落書きされたランドセルを使っていたり……という明らかに問題を抱えている女の子。何も知らない“ハッピー思考”のタコピーとのちぐはぐなやり取りは、読者も心を削れられてしまったと思います。
そして至る、しずかの顛末。現実社会でもネガティブなニュースがあふれる昨今、読者は宇宙人タコピーに希望を託したくなるでしょう。「どうかしずかを助けてあげて!」と。
しかし、淡い期待も切なく、物語はより一層深い深い泥沼へと進んでいくのでした。第1話からずっと地を這う鬱展開ですが、第4話は衝撃的な惨劇が待ち構えているので、心して読みましょう。

■作者・タイザン5のこれまでの作品もチェック!


「陰鬱」「闇」「胸糞」な要素が詰まった本作は読むのが怖いかも……という方はタイザン5先生のほかの作品からチェックするのもおすすめです。
「ジャンプ+」にて『ヒーローコンプレックス』『キスしたい男』の2作、マンガ投稿サービス「ジャンプルーキー!」にて『讃歌』の計3作が読めます。

『ヒーローコンプレックス』は、夢を挫折した兄と、夢を叶えた弟のヒューマンドラマ。弟に対する嫉妬や焦燥感を丁寧に汲み取りつつ、ラストの駆け抜けていくテンポは読んでいて爽快です。

『キスしたい男』は、ハリウッド女優とキスしたい高校生・レオが、学校に行かず働き詰めでハリウッド行きの資金を貯めていて……という内容。明るく話は進んでいきますが、終盤に見えてくる物語の核は、少しタコピーに通ずるものがあるかもしれません。

『讃歌』は、人口が減少し、旧人類と新人類が存在する世界を描いたSF作品。最初期の作品でタコピーとは絵柄ががらりと違いますが、不思議な世界観に惹き込まれます。筆者おすすめの作品です。

以上の作品がアプリで読めるほか、『タコピーの原罪』も全話無料公開中。また、『タコピーの原罪』コミックス(上)が2022年3月4日に発売予定です。ぜひ気になった方は“闇”を楽しみつつ、物語の最後を見届けてみてはいかがでしょうか。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

《スーサイド・モモ》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]