池袋が舞台のアニメ映画「君は彼方」11月27日に公開決定 特報&ティザーポスターもお披露目 | アニメ!アニメ!

池袋が舞台のアニメ映画「君は彼方」11月27日に公開決定 特報&ティザーポスターもお披露目

東京・池袋を舞台に描かれたオリジナル長編アニメ映画『君は彼方』の公開日が2020年11月27日に決定した。 あわせて、池袋の街並みと松本穂香のナレーションで彩る特報、ティザーポスターもお披露目となった。

ニュース アニメ
注目記事
『君は彼方』ティザーポスター(C)「君は彼方」製作委員会
『君は彼方』ティザーポスター(C)「君は彼方」製作委員会 全 1 枚 拡大写真
東京・池袋を舞台に描かれたオリジナル長編アニメ映画『君は彼方』の公開日が2020年11月27日に決定した。
あわせて、池袋の街並みと松本穂香のナレーションで彩る特報、ティザーポスターもお披露目となった。

『君は彼方』はめまぐるしく変化をみせる街・池袋を舞台に、気持ちを伝えられず微妙な関係を続けていた幼馴染2人の過去と未来が交差する青春ファンタジーだ。
監督・脚本・原作を手掛けるのは、短編アニメーション作品『奇魂侍』がフランス・アヌシー国際映画祭で大きな反響を得た瀬名快伸で、キャリア初の長編劇場アニメーション作品に挑戦。
キャストは、日々を何となく生きている主人公の澪役をNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で主人公の同僚・澄子を演じた松本穂香、澪の幼馴染の新役を『仮面ライダーエグゼイド』で仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹が務める。

このたび公開された特報は、普段何気なく通っている通学路や少し休憩するための学校の屋上、幼馴染の新と過ごす何気ない時間といった澪にとって大切な“日常”が突如、交通事故によって奪われてしまうという物語の始まりを描いたもの。


これから澪は、そしてまだ伝えられていない新への想いの行方はどうなってしまうのか。いまだ作品の全貌は明かされていないが、リアルな街並みに反して澪が空から落ちてくるシーンも垣間見えるなど、不思議な展開も予感させる仕上がりだ。
なお本映像のナレーションは、映画本編で澪役を務める松本穂香が担当。新へ伝えられなかった澪の想いを透き通るような声で繊細に表現し、観るものに語りかけていく。

さらに、あわせてお披露目となったティザーポスターには、湾曲した池袋・東口の駅前にたたずむ澪と新の姿を確認できる。
本編ではサンシャインシティ水族館やいけふくろうなど池袋お馴染みのスポットも登場予定とのことで、芸術、映画、マンガ・アニメーションの街として新しさの中に、どこか懐かしいレトロな部分も持ち合わせている舞台の描写にも注目したい。

映画『君は彼方』は、2020年11月27日よりTOHOシネマズ池袋ほかにて全国ロードショー。

映画『君は彼方』
出演:松本穂香 瀬戸利樹
監督・脚本・原作:瀬名快伸
制作:デジタルネットワークアニメーション
企画:CUCURI
配給:ラビットハウス、エレファントハウス

(C)「君は彼方」製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]