アニメ好き女子アナ・藤田かんなが「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛する「ソマリと森の神様」の魅力とは…? | アニメ!アニメ!

アニメ好き女子アナ・藤田かんなが「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛する「ソマリと森の神様」の魅力とは…?

2020年1月からスタートしたアニメも、いよいよ佳境を迎える作品が増えてきた。「ソマリと森の神様」もそんな作品の一つ。滅びゆく種族「人間」と森の番人「ゴーレム」の父娘の絆を描いたもので、その世界観とストーリーに感動するファンも多い。AbemaTVのアニメ好きアナウ…

ニュース アニメ
アニメ好き女子アナ・藤田かんなが「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛する一作「ソマリと森の神様」
アニメ好き女子アナ・藤田かんなが「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛する一作「ソマリと森の神様」 全 1 枚 拡大写真


 2020年1月からスタートしたアニメも、いよいよ佳境を迎える作品が増えてきた。「ソマリと森の神様」もそんな作品の一つ。滅びゆく種族「人間」と森の番人「ゴーレム」の父娘の絆を描いたもので、その世界観とストーリーに感動するファンも多い。AbemaTVのアニメ好きアナウンサー・藤田かんなも「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛。まもなくやってくる最終回を前に、作品の魅力を振り返った。

▶本編:アニメ好き女子アナがおすすめする「ソマリと森の神様」
 


 舞台は、異形たちが支配する世界。人間は迫害され、絶滅の危機に瀕している。ある日偶然出会ったゴーレムと人間の少女は「父娘」となり、旅に出る。かわいらしさを感じるタッチのイラストと、愛に溢れつつも悲しさ・切なさを伴うストーリーが、藤田アナの心に刺さっているそうだ。


 藤田アナ 最初は絵がかわいいなと思って見始めました。内容を見てみたら、もう感動しかない。毎回泣かされています。特の気に入ったのは第6話です。ハイトラとウゾイの関係性が…。複雑すぎて昼ドラかってくらいですよね。どちらの気持ちも分かるから。日常生活をする上でも、嫌なことがあっても、その人を好きかどうか改めて考えて、好きだと思ったら許して受け入れて、一緒に歩んでいく。そういうものも大事なんだなと「ソマリ」を見て教わりました。


 「父」であるゴーレムには、感情がない。ただ、その行動を見ると「娘」であるソマリに対する愛情にしか見えないものが出てくる。本来ないものが生まれる奇跡が起きつつある中で、今後の展開にも目が離せない。


 藤田アナ ソマリがいい子すぎますよね。もう少しわがまま言うのかなって思っていたけれど。子どもだから、かえって心配になっちゃうぐらいです。ゴーレムも感情がないって言っていたのに、それはどう考えても愛っていう感情が生まれているのでは?っていうところもありますよね。その家族愛がマイヒットしています。私も父が優しく守ってくれているんだろうな、気遣ってもらえているんだろうな、という気持ちになります。ゴーレム、どうなるんですかね。寿命が迫っているそうですが、生きて、ソマリが大人になるところを見届けて欲しいというのが、私の願望です。

(C)暮石ヤコ/NSP/ソマリと森の神様プロジェクト, mixer

アニメ好き女子アナ・藤田かんなが「感動しかない。毎回泣かされる」と絶賛する一作「ソマリと森の神様」

《AbemaTIMES》

特集

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/