「アベンジャーズ」藤原啓治&中村悠一&水樹奈々、“逆襲”への想い込める... ナレーション映像公開 | アニメ!アニメ!

「アベンジャーズ」藤原啓治&中村悠一&水樹奈々、“逆襲”への想い込める... ナレーション映像公開

『アベンジャーズ/エンドゲーム』より、日本語吹替を務める豪華声優のナレーション映像3種が到着した。アイアンマン役の藤原啓治、キャプテン・アメリカ役の中村悠一、キャプテン・マーベル役の水樹奈々が、それぞれの立場から“逆襲<アベンジ>”への思いを述べる内容だ。

ニュース 映画/ドラマ
『アベンジャーズ/エンドゲーム』吹替ナレーション映像(C)Marvel Studios 2019
『アベンジャーズ/エンドゲーム』吹替ナレーション映像(C)Marvel Studios 2019 全 2 枚 拡大写真
『アベンジャーズ』シリーズの完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日ロードショー)より、日本語吹替を務める豪華声優陣のナレーション映像3種が到着した。アイアンマン役の藤原啓治、キャプテン・アメリカ役の中村悠一、キャプテン・マーベル役の水樹奈々が、それぞれの立場から“逆襲<アベンジ>”への想いを述べる内容だ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』場面写真(C)Marvel Studios 2019
『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、前作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』で最強を超える敵“サノス”に敗北し、最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”のメンバーを含む全宇宙の生命が半分に消し去られたところからストーリーが展開。壮絶な戦いから生き残ったアイアンマンをはじめとするヒーローたちは、大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結し、最後にして史上最大の“逆襲<アベンジ>”に挑む。

このたび公開された映像でナレーションを務めたのは、“アベンジャーズ”の代名詞ともいえるパワードスーツのセレブヒーロー、アイアンマン役の藤原啓治。永い眠りから覚めた伝説のソルジャー、キャプテン・アメリカ役の中村悠一。そして『キャプテン・マーベル』で初登場した不屈の女性ヒーロー、キャプテン・マーベル役の水樹奈々という3名だ。
各映像には藤原、中村、水樹のそれぞれが担当キャラクターについて語るパートと、本作の内容を物語るようなコメントが盛り込まれている。


藤原は「彼(アイアンマン)は、目の前で大切な仲間を失った」と語り、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で彼らが味わった絶望的な結末を改めて感じさせる。


中村は「彼(キャプテン・アメリカ)は、失われた大切な仲間たちを取り戻すことができるのか」と、最悪の状況を打開するために試行錯誤を重ねる姿を浮かび上がらせている。
また藤原と中村が締めくくる「アベンジャーズはあきらめない」という言葉からは、再び立ち上がろうとする彼らの確固たる決意も感じずにはいられない。


そして、そんなアベンジャーズの“救世主”として大きな期待がかかるキャプテン・マーベル役の水樹は「彼女(キャプテン・マーベル)が合流するアベンジャーズは、大逆転を果たすことができるのか」とナレーション。起死回生を狙う彼らの様子を想像させる。
水樹は最後に、「アベンジャーズに新たな希望を」とキャプテン・マーベルが一筋の“光”をもたらすことも示唆しており、本作の“逆襲<アベンジ>”にますます期待が膨らむ形で締めくくっている。

マーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、4月26日より全国公開。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー Jr.
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)Marvel Studios 2019

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集