2018年に一番活躍したと思う女性声優は?【結果発表】レジェンド声優が大活躍で上位に!注目のトップは… | アニメ!アニメ!

2018年に一番活躍したと思う女性声優は?【結果発表】レジェンド声優が大活躍で上位に!注目のトップは…

アニメ!アニメ!では昨年に引き続き、今年もアニメ総選挙を実施しました。最後に「一番活躍したと思う女性声優」の結果を発表します。

ニュース そのほか
2018年[一番活躍したと思う女性声優]ランキングトップ10
2018年[一番活躍したと思う女性声優]ランキングトップ10 全 21 枚 拡大写真
2018年も数多くのアニメが放送・公開された年でした。TVアニメは毎クール約50本以上がオンエアされ、劇場アニメもオリジナルからTVシリーズの映画版まで、バラエティ豊かな作品が揃いました。

アニメ!アニメ!では昨年に引き続き、今年もアニメ総選挙を実施しました。2018年を振り返って「一番活躍したと思う声優」と、読者個人がお薦めする「一番“推せた”声優」についての読者アンケートを行いました。11月19日から12月13日までのアンケート期間中に約3,000人から回答を得ました。

男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約57パーセント、20代が約26パーセントと若年層が中心でした。最後に「一番活躍したと思う女性声優」の結果を発表します。

<関連記事>
【中間結果】
>>2018年に一番“活躍した”と思う女性声優は?花澤香菜&佐倉綾音らメインキャラを演じた面々ズラリ

【“推せた”女性声優部門】
>>2018年に一番“推せた”女性声優は?【結果発表】“癒やしボイス”に熱烈コール!トップは…

■トップは花澤香菜さん 野沢雅子さんも上位に


1位は花澤香菜さん。支持率は約14パーセントでした。2018年の花澤香菜さんは『はたらく細胞』の赤血球役が大人気。ドジだけど前向きなキャラクターを熱演しました。読者からは「透明感のある声はもちろん、弾けた声までものすごい才能を感じさせられました!」というコメントが寄せられました。

花澤香菜
さらに『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』、『ハッピーシュガーライフ』、『宇宙よりも遠い場所』でもメインキャラを担当。「正反対とも言えるようなキャラを同じ時期に演じ切っていてすごい」や「今年は彼女の作品を見かけない月はありませんでした」という驚きの声も上がっています。

2位は悠木碧さん。支持率は約10パーセントでした。読者からは『PERSONA5 the Animation』や『ヲタクに恋は難しい』を挙げるコメントが多かったです。『ドラえもん のび太の宝島』ではオウム型ロボットのクイズを担当。その名の通り、作中でクイズを披露していました。「有名どころのアニメにはほとんど出ている印象。本当に同じ声優なのかと思うほど、さまざまな声が出せている」というコメントもありました。

悠木碧
アニメ以外ではゲーム『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』でイーブイの声を担当したことや、イベントでのトーク、アーティスト活動を推す声がありました。

3位は水瀬いのりさん。支持率は約8パーセントでした。水瀬いのりさんは『宇宙よりも遠い場所』や『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』など、多くの作品でメインキャラを担当。「可愛い声はもちろん、丁寧にキャラクターを噛み砕いた高い演技力がすごい」といったコメントが集まっています。
水瀬いのりさん
とくに『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムが人気。最新作『Memory Snow』の上映を待ち望んでいたファンが多いようです。初のライブツアーを喜ぶコメントもあり、「声優業と歌手業の両方で活躍していたから」と歌声でもファンを魅了しました。

女性声優編では「“推せた”」と「活躍した」のランキング上位がほぼ同じという結果になりました。その中でも注目は8位の野沢雅子さん。『ゲゲゲの鬼太郎』第6期では目玉おやじ役を担当。『ドラゴンボール超 ブロリー』での激しいバトルシーンの芝居は必見です。

野沢雅子さん
「年齢を感じさせないパワフルな活躍をされている」や「世界に名を轟かせるレジェンド声優! この方を超えるのは無理でしょう」と絶賛する意見が集まっています。若手からベテランまで、さまざまな声優が第一線で活躍していることが再確認できる結果でした。

■ランキングトップ10


[一番活躍したと思う女性声優]

1位 花澤香菜
2位 悠木碧
3位 水瀬いのり
4位 沢城みゆき
5位 佐倉綾音
6位 内田真礼
7位 水樹奈々
8位 野沢雅子
9位 上坂すみれ
10位 茅野愛衣

(回答期間:2018年11月19日~12月13日)
次ページ:ランキング20位まで公開
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集