「FGO」無課金で一年遊んでみた! ガチャに翻弄された歩みを振り返る【プレイレポ後編】 | アニメ!アニメ!

「FGO」無課金で一年遊んでみた! ガチャに翻弄された歩みを振り返る【プレイレポ後編】

『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の正式サービスと同時にプレイしたマスターたちと比べ、筆者は二年以上遅れて遊び始めました。その際に、「無課金で遊んだら、戦力はどれくらい集まるかな」と考え、まずは一年間駆け抜けてみました。

ニュース ゲーム
『FGO』無課金で一年遊んでみた! ガチャに翻弄された歩みを振り返る─頼ったフレンドサーヴァントや使った素材量、QPの額は?【プレイレポ後編】
『FGO』無課金で一年遊んでみた! ガチャに翻弄された歩みを振り返る─頼ったフレンドサーヴァントや使った素材量、QPの額は?【プレイレポ後編】 全 72 枚 拡大写真

『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の正式サービスと同時にプレイしたマスターたちと比べ、筆者は二年以上遅れて遊び始めました。その際に、「無課金で遊んだら、戦力はどれくらい集まるかな」と考え、まずは一年間駆け抜けてみました。

【関連記事】
『FGO』無課金で一年遊んでみた! 引けた星5星4の枚数は? 厳しかった戦闘は?─聖晶石を貯めて年明けピックアップに挑む【プレイレポ前編】
https://www.inside-games.jp/article/2018/10/25/118291.html

★4以上のサーヴァントを召喚できる聖晶石や呼符は、プレイ状況に応じて手に入りますし、ログインボーナスでももらえるので、いわゆるガチャもそれなりに回せます。が、サーヴァントを引き当てられるかどうかは、完全に運頼み。戦力が乏しくても、頼もしいサーヴァントがピックアップされても、その時に聖晶石などがなければグッと耐えるしかありません。


時に泣きながら撤退し、時に延々とターンを重ねる長丁場に突入。配られた手札だけで如何に勝負するか、そんな楽しさも味わいつつプレイを続けた、無課金で一年遊んでどれくらいの戦力を手に入れられたのか。使った素材やQPはどれくらいになったのか。引いたサーヴァント次第なので運に大きく左右されますが、一つのサンプルケースとして楽しんでいただければ幸いです。

昨年の8月末から今年の2月までの歩みを記した前編はすでに公開されているので、未見の方はそちらも合わせてご覧ください。また、、具体的な物語や各章のボスの正体などには触れていませんが、若干のネタバレを含んでいるので、その点をご注意いただけると幸いです。

◆無課金プレイ一年間まで、残り半年! まずは、賢いプランで戦力の増強に挑む


まずは、ここまでの歩みを簡単に振り返ります。約半年のプレイで手に入れた星5サーヴァントは、マーリンとアビゲイル(宝具LV2)。また、自力で引いた星4は11騎でした。2018年1月にため込んだ聖晶石を全放出したため、改めて貯め直しつつイベントに挑む日々が続きます。この時点でマスターレベルは122。編成するコストの上限も、当初と比べると格段に増ました。しかし、「あとちょっと欲しい・・・」と思う気持ちはずっと変わらずなので、実に絶妙なバランス取りです。


「復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-」も終わり、「伝承地底世界 アガルタ アガルタの女」を進める傍らで、あまりに薄すぎるライダー枠(育っているのは「星3 牛若丸」のみ)を補うべく「FGO冬祭り 2017-2018 ~冬のファラオ大感謝祭~開催記念ピックアップ召喚」にチャレンジ。オジマンディアスさん、お願いします!


結果は、ニトクリス×2でした。ライダー枠の強化ならず。とはいえ、どのクラスも足りてはいない我がカルデア。貧弱な戦力は欠点じゃない! 大抵のサーヴァントが戦力になるという長所なんだ! という心意気で、ニトクリスさんを育成。NPが100%以上貯まるスキルが便利すぎます。カレイドスコープどころか、虚影魔術すら2枚しかないカルデアなので。


そんな戦力アップもあり、3月5日に「伝承地底世界 アガルタ」をクリア。今回も色々と驚きの多い物語でしたし、ラスボスの動機も意外性がありました。あれも『Fate』の世界ならではの切り口かもしれません。


そんな感慨を抱いていると、「復刻:セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~ ライト版」がスタート。全体攻撃宝具のセイバーで育っているのは「アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕」のみなので、今回の配布サーヴァントも大喜びでゲット。また、育成している単体宝具セイバーも、クリティカルメインの「ランスロット」と、悲しみの宝具LV2「エリザベート・バートリー〔ブレイブ〕」のみだったので、復刻 セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~ピックアップ召喚」で更なる戦力強化に挑みます。

狙うのは「謎のヒロインX」か「アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)」? いえいえ、ここまでの歩みで自分の運についてはよく理解しています。高望みをせず、しかし高火力の宝具を手に入れるために筆者が狙ったのは、「星3 ベディヴィエール」です! 素のステータスこそ星3相当ですが、宝具の威力は相当なもの。星3ならではの重ねやすさも、その長所を後押しします。育成の難易度も低いとなれば、かなりコストのいい戦力強化が狙えるでしょう。


この、自分の運のなさを逆手にとった狙いは見事にハマり、星3サーヴァントが続々と登場! 星4、星5なんて一枚たりとも出ません! ベディヴィエールの召喚を邪魔する高レアなんていらないから! ・・・いらないし・・・全然・・・。


その結果、無事にベディを4枚ゲットし、メインシナリオのクリア報酬も引き出して宝具LV5を達成。NP50%礼装とスキル、そしてマスターやマーリンの支援を合わせれば、1ターンで即宝具も可能になりました。・・・もちろん、「カエサル」「ジル・ド・レェ」「フェルグス」も山のように出ました。下手すると、それぞれがベディの倍以上出ている気がしないでもないほどです。大丈夫、泣いてません。

こうして、カレンダーは4月に突入。いよいよ、第2部 第1章「Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア 獣国の皇女」の開幕です! 今年に入ってまだ、星5に巡り会えないままですが・・・。



やっぱり星5は欲しい! 諸葛孔明とか!

『FGO』無課金で一年遊んでみた! ガチャに翻弄された歩みを振り返る─頼ったフレンドサーヴァントや使った素材量、QPの額は?【プレイレポ後編】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 続きを読む

《臥待 弦》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集