「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ドイツでEUプレミア上映を実施 最新PVもお披露目 | アニメ!アニメ!

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ドイツでEUプレミア上映を実施 最新PVもお披露目

ニュース アニメ

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ドイツでEUプレミア上映を実施 最新PVもお披露目
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ドイツでEUプレミア上映を実施 最新PVもお披露目 全 5 枚 拡大写真
2018年1月からの放送が予定されている『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は8月5日、ドイツ・マンハイムで開催された「AnimagiC2017」において第1話のEUプレミア上映を実施した。

開場後すぐさま満員となったイベントには、MCの呼び込みで石立監督とOP主題歌を担当するTRUEが登壇。ドイツのファンたちから盛大な拍手が贈られた。石立監督が「EUプレミアということで、ヨーロッパの皆様に『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を初めて観ていただけることがとても嬉しいです」、TRUEが「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、“生きていること”そして“言葉”を大切にしている作品です。今日は1話の上映楽しんでください。Please enjoy!」とコメントしたのち、第1話の上映が始まった。

そして拍手と歓声が鳴り響く中、上映後に再び石立監督とTRUEが登場。監督の「みなさん楽しんでいただけましたでしょうか?」との投げかけに、観客も大きな盛り上がりで応えた。
石立監督は制作中の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』について「TVシリーズを通して、世間知らずな主人公のヴァイオレットが成長していく様子を、視聴者の皆さんと一緒に見守っていくような作品になればと思って制作しています」とコメント。またTRUEは主題歌について「ヴァイオレットは心が未熟で、生まれたばかりの赤ちゃんのような状態です。そんな彼女がひとつひとつ言葉を覚えていくように、私もとても丁寧にひとつひとつの言葉を紡ぎながら作詞をさせていただきました」と語った。

続くQ&Aコーナーでは、第1話を観たばかりの観客による質問に両名が回答。“日本でまだ未放送のアニメを、アメリカやドイツで先行上映をした理由は?”という問いかけには、監督が「世界中の人たちが、日本のアニメーションに興味を持ってくれているということを京都にいても感じています。海外の方にとっては、日本の独特の様式が面白く見えると思うのですが、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はヨーロッパ圏をバックグラウンドにした作品なので、海外の方たちが観てわかりやすい、とても入りやすい作品だと思います。だからこそこの作品を世界中の多くの人たちに観てもらいたいと思って、このようなワールドツアーをさせていただきました」との思いを明かした。
Q&Aコーナーが終わったのちに行われたじゃんけん大会は、監督とTRUEのサイン色紙が景品ということもあり大盛り上がり。イベントの締め括りには記念撮影が行われ、大盛況のEUプレミアとなった。

なお8月11日に開催された「コミックマーケット92」では、ポニーキャニオンブースにおいて『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の最新PVがお披露目となった。日本のファンにとっても、放送がますます待ち遠しい作品となりそうだ。



『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
2018年1月放送×世界配信
(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集