一番心に残っているポケモン映画、2位「ラティアスとラティオス」、1位は… | アニメ!アニメ!

一番心に残っているポケモン映画、2位「ラティアスとラティオス」、1位は…

アニメ!アニメ!では2017年4月23日から4月30日まで読者アンケートを行った。「一番心に残っている劇場版ポケットポケットモンスターは?」アンケート結果を公開する。

ニュース そのほか
注目記事
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト 全 1 枚 拡大写真
1997年公開の第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』からはじまり、2017年で20週年を迎えるポケモン映画シリーズ。7月15日公開の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、サトシとピカチュウの出会いから描かれるストーリーとあって長年のファンから熱視線が注がれている
そこでアニメ!アニメ!では「一番心に残っている劇場版ポケットモンスターは?」と題しアンケートを実施。選択肢は過去19作をリストアップし、単一回答制とした。
アンケート4月23日から30日まで行い、851名から回答を得た。男女比は男性6割で女性4割。年齢別では10代が約4割、20代が5割以上となり、10代~20代が全体の9割を占めた。

■ 1位は「ミュウツーの逆襲」

1位は『ミュウツーの逆襲』。全体の3割近い票数を集め、圧倒的な人気を示した。1998年にシリーズ第1作目として公開された本作は、ミュウのコピーとして作られたミュウツーが人間たちへ復讐する物語だ。子ども向けとは思えない重厚なテーマでファンに大きなインパクトを与えた。

2位は『水の都の護神 ラティアスとラティオス』。2002年に公開された劇場版第5作目であり、無印シリーズの劇場版ラストを飾った作品もである。イタリアのヴェネツィアをイメージした水の都が舞台となり、街に迫る危機にサトシやラティアス、ラティオスたちが立ち向かう物語だ。
3位は『ミュウと波動の勇者ルカリオ』。『ポケットモンスターアドバンスジェネレーション』シリーズの劇場作品で第8作目。2005年に公開された本作は、「ミュウツーの逆襲」以来のミュウの登場となった。

アンケート結果全体を見ると、20代の投票者が多いためか、当時リアルタイムで観ていたであろう初期の作品が上位にランクインした。

[一番心に残っている劇場版ポケットモンスターは?]

1位 「ミュウツーの逆襲」
2位 「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
3位 「ミュウと波動の勇者ルカリオ」
4位 「七夜の願い星 ジラーチ」
5位 「ディアルガVSパルキアVSダークライ」
6 位 「幻のポケモン ルギア爆誕」
7位 「裂空の訪問者 デオキシス」
8位 「セレビィ 時を超えた遭遇」
9位 「結晶塔の帝王 ENTEI」
10位 「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
10位 「ギラティナと氷空の花束シェイミ」

(回答期間:2017年4月23日(日)~2017年4月30日(日))

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト

《animeanime》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]