仲間との絆を感じてほしい。「失格紋の最強賢者」放送記念、玉城仁菜、鈴代紗弓、白石晴香に見どころをインタビュー! | アニメ!アニメ!

仲間との絆を感じてほしい。「失格紋の最強賢者」放送記念、玉城仁菜、鈴代紗弓、白石晴香に見どころをインタビュー!

「失格紋の最強賢者」に出演する玉城仁菜、鈴代紗弓、白石晴香がペチャリブレに挑戦!

インタビュー 声優
注目記事
「失格紋の最強賢者」玉城仁菜×鈴代紗弓×白石晴香インタビュー (C)進行諸島・SB クリエイティブ/「失格紋の最強賢者」製作委員会
「失格紋の最強賢者」玉城仁菜×鈴代紗弓×白石晴香インタビュー (C)進行諸島・SB クリエイティブ/「失格紋の最強賢者」製作委員会 全 16 枚 拡大写真

2022年1月8日より放送中の、進行諸島原作のライトノベルを原作とした異世界ファンタジーアニメ『失格紋の最強賢者』。世界最強と言われる魔法使いが、生まれ持った紋章の力の限界を感じ、未来に転生し最適な紋章を手に入れようとすることから始まる物語で、主人公のマティアスが、ルリイやアルマ、イリスなど、仲間たちと出会い、成長していく姿を描いています。

本作の放送を記念して、アニメ!アニメ!は、主人公マティアス役の玉城仁菜さん、ルリイ役の鈴代紗弓さん、アルマ役の白石晴香さんにインタビューを実施。本作とそれぞれが演じるキャラクターの魅力、アフレコやラジオ収録などで築き上げたパーティとしての絆の強さを存分に語っていただきました。

さらに、3人にはゲームにチャレンジしていただきました。本作にちなんだ特別ルールを用いた「ぺチャリブレ」で対戦。果たして結果は・・・?

[取材・文=杉本穂高 撮影=Fujita Ayumi]

パーティっていいなと心から思えた現場だった


――まず、本作の原作や脚本を読んだ時の印象を教えてください。

玉城:転生ものとしては珍しく、主人公のマティアスが自分から転生していくのが面白くて最初から引き込まれました。マティアスが強くて、読んでいて気分が晴れるので、ストレス溜まっている時に読むとスッキリとさわやかな気分になれる作品だと思います。

鈴代:私も強いマティアスは格好いいなと思います。でも、マティアスは、「俺強いぜ」と誇示するタイプじゃなくて、それを当たり前にやってのけるスマートな部分が素敵です。マティアスがパーティを組むルリイやアルマなど、みんなが優しい心を持っていて、個性がよくでているのも魅力だと思います。

白石:マティアスは元々強いのに、さらに強くなりたくて転生するんです。主人公としてさらに上を目指し、自分で切り開いていくところがすごく頼りになります。アルマたちがマティアスに出会ってパーティになってからも、彼が中心に立ってそれぞれの個性を伸ばしてくれるから、アルマたちも力を発揮しやすく、それが作品の魅力につながっているんだと思います。

――すでにアフレコは全て終了しているそうですけど、実際に演じてみて、それぞれのキャラクターをどのように感じていますか。

玉城:マティアスは、前世でガイアスという魔術師だったので、見た目は可愛い男の子ですが中身は大人ですから、しっかりと大人の余裕を出せるように意識しました。それに、マティアスはひとつの物事を突き詰めていくピュアな部分もあって、二面性があるというか、子どもらしさも持っているのが魅力です。

鈴代:ルリイを最初に見た時、薄ピンクやお花が似合いそうな可愛らしい女の子をイメージしていました。そういう要素ももちろんあるんですけど、怖がりながらもいざという時には全力で立ち向かっていくので、ほんわかしているだけじゃない芯の強さがより素敵だなと感じました。マティアスとの距離感が妙に近いのは意図的じゃなく、ルリイの自然な部分というところも面白いですね。

白石:元気なアルマはこのパーティの盛り上げ役です。でも、きちんと空気の読める子で、暴走しないで臨機応変に対応できる素敵な子です。
アルマはボクっ娘ですけど、ルリイ以上に女の子らしい部分もあって、若干小心者なとこもあって守ってあげたくなる存在です。変な家に嫁がされたくないから家を出たという思い切りの良さと小心な部分を両方持っていて、それがアルマを表情豊かなキャラクターにしていると思います。

――アフレコやラジオ収録など、みなさんもマティアス達のようにひとつのパーティとして仕事されてきたと思いますが、それぞれの長所や適正など気が付いた点はありますか。

鈴代:はるにゃん(白石晴香)は、めちゃくちゃオールマイティな能力を持っているので、いてくれるだけで心強くてついつい甘えてしまいがちになります。になてぃ(玉城仁菜)はすごく癒される存在でいろんな話を聞いてみたくなります。

白石:になてぃはめちゃくちゃ絵が上手なんです。

――『失格紋の最強RADIO』で披露していましたね。本当に上手でした。

玉城:ありがとうございます。

白石:さゆみん(鈴代紗弓)は、常に周囲に気を遣ってくれる優しい方なんですけど、時々、奇蹟のような天然を発揮します(笑)。ラジオでも、計算外の展開を生み出してくれるので、頼りになります。になてぃは個人的にTwitterの文章力も好きです。ラジオの告知ツイートが、内容を上手い具合に収めながら期待をもたせるフリが効いていて、その才能に感心しています。

玉城:私はラジオをやるのがはじめてだったので、第一回放送でMCをやらないといけなかった時にパニックになっていたんです。でも、そんな時、2人と、もちろんしーたむさん(井澤詩織)も、とても親身になってくれました。はるにゃんは、オールマイティで色々なことがこなせるのにちょっと天然なところが可愛いし、さゆみんは私的には癒しキャラで、会うといつも笑顔で話しかけてくれるから、本当にルリイみたいだなと感じます。
アフレコの時も2人をはじめ、共演のキャストさんにすごく助けてもらったので、そういう意味でもパーティっていいなと思いました。

白石:アフレコは2つの部屋で収録して、になてぃは別室で私たちは音しか聞こえなかったんですが、満足するまで何度も挑戦するのが聞こえてきて、そのストイックさがマティアスと重なって素敵でした。

――これから本作を観るファンに向けて、メッセージをお願いします。

玉城:この作品は、マティアスがルリイやアルマ、イリスなど、周囲を巻き込んで成長していく物語です。私自身もラジオにアフレコ、イベント出演などをさゆみんやはるにゃんなど、仲間と仕事できることが本当に心強く思えたから、マティアスの「仲間がいるっていいな」という台詞に感動しました。マティアスの成長と一緒にパーティみんなで成長していく姿に注目してください。

鈴代:マティアスを筆頭としたパーティの掛け合いに是非注目してほしいです。それと、敵にもかなりパンチの効いたキャラクターが多数登場するので、放送を楽しみにしていてください。

白石:今回は3人でお話させていただきましたが、私たちが演じるキャラクター以外にも、イリスなど魅力的な登場人物がたくさん登場します。転生ものってやっぱりワクワクするので、視聴者の方にもパーティの一員になったつもりでダンジョンを進んでいってもらえると嬉しいです。

ぺチャリブレに挑戦!


さて、ここから3人には「ぺチャリブレ」というゲームにチャレンジしていただきます!

ぺチャリブレは、キャラクターカード1枚と特徴カード2枚を引いて、相手のキャラクターをどう倒すかを即興で言い合うトークバトルです。キャラクターの個性と特徴カードを上手く組み合わせて、いかに相手より強いかをプレゼンしていきます。勝敗を決めるのはトークを聞く他の参加者となります。

今回は『失格紋の最強賢者』特別ルールを設けました。キャラクターカードにマティアス、ルリイ、アルマを加え、特徴カードにも作品ゆかりのアイテムや特徴を加えています。

第一戦:玉城VS鈴代

最初の対戦は、玉城さんと鈴代さん。2人が引いたカードは・・・。

玉城鈴代:せーの!

鈴代:発明家! バネがついためっちゃ陽気なおじさんが出てきました(笑)。

玉城:私はゾンビです。ゾンビは強そうですね!。

――では、残りのカードもお願いします。

鈴代:出た! マティアスが魔法付与した剣! しかも目からビームが出せますね。最強じゃないですか。

玉城:私は・・・、魔法が使えない、子連れのゾンビ(苦笑)。ただのマイホームゾンビじゃないですか(笑)。

――多分、先攻より後攻の方がやりやすいと思うので、戦力的に不利そうな玉城さんが後攻、鈴代さんが先攻で行きましょう。

鈴代:これは楽勝ですね。発明家でこの陽気なビジュアルで、しかも目からビームが出せて魔法付与の剣を持ってますから。なんなら、目からビームが出る分、マティアスより強いかもしれないですよね。発明家なので、そのうち目以外からもビーム出せるようになるかもしれませんよ。

――確かにシンプルに強い組み合わせですね。これに対して子連れのゾンビはどう戦うんでしょうか。

玉城:まず、ゾンビはなんと言っても、もう死んでいます。なので、ビーム食らっても、剣で斬られても死にません。しかも、このゾンビ、なんと子連れなんですよ。なので、もしお父さんゾンビがやられても、子どもが意思を継いで発明家に襲い掛かります。魔法も何も使えないゾンビですけど、一回噛むだけで勝てますから。

――終了です。さて、審査員は白石さんです。この戦い、どちらの勝ちでしょうか。

白石:難しいなあ。発明家のおじさんはもしかしたら、いかにゾンビでも子どもを撃てないかもしれないと思っていたんです。でも、まさかゾンビのお父さんが子どもを戦いに狩りだすとは思ってなかった(笑)。
でも、やっぱりマティアスが魔法付与した剣を持っている発明家さんは強いですよね。発明家さんの勝ちです!

鈴代:やったー!

第二戦:鈴代VS白石

次の戦いは、鈴代さんと白石さんの対戦です。2人が引いたカードは・・・。

鈴代:おーすごい!

白石:アルマが出ました!

鈴代:私は・・・ロボットです。ロボットでアルマに勝てる自信ないよ~。

――残りの2枚もせーので開いてください。

白石:これはヤバいかも・・・。失恋直後の、目をつぶったアルマですか!? 目つぶってたら弓撃てない(笑)。

鈴代:私は、マティアスが前世で作ったものを持った、憂鬱なロボットですね。これはもしかしたらいけるんじゃないですかね。

――マティアスのこのアイテムは、魔力が約3倍になるものですね。

鈴代:それを憂鬱なロボットが持っているんですね。わかりました。

割と伯仲しそうなステータスなので、じゃんけんで先攻を決めることに。先攻は白石さんとなりました。

白石:アルマ、失恋しちゃったんですね。かわいそうに。しかも、目をつぶっちゃってると。それで弓を撃てないかなと思われるかもしれませんが、失恋直後なのでやけっぱちになってるんですね。だから、四方八方にめちゃくちゃ撃ちまくっちゃうんで、ロボットさんも避けきれないと思いますね。

鈴代:恐ろしいな!

白石:アルマは良い子なので、普段はそんなことしませんけど、失恋直後はしょうがないです。そういう時もきっとあります。そんな失恋を力に変えたアルマならロボットなんて射貫けないはずがない!

――では、対するロボットお願いします。

鈴代:最近はAIも発達してどんどんロボットも進化しています。そんなロボットくんが、なんと憂鬱なんです! どういうことかわかりますか? 感情があるくらい高度なAIなんですよ。それで、マティアスが前世で作ったこのアイテムを持ってて、魔力がすごい。憂鬱になるくらい高度なロボットがすごい魔力持ってますから、結構強いと思うんですよ、どうでしょう!

――お疲れ様でした。憂鬱なのはネガティブに思えますけど、それだけ高度なAIである証明なんですね。

玉城:これも難しいですね。マティアスのアイテム持ちは強いですよね。でも、やけっぱちで辛い気持ちを乗り越えていく強い意思を感じたのでアルマの勝ちで!

第三戦:玉城VS白石

――では、最後の戦いになります。引いてください。

玉城:最後だし、マティアス引きたいなあ、よし、これだ!

玉城:うおー、マティアス引きました!

白石:私はハトです。かわいい。

玉城:特徴カードは、失恋直後の、マティアスが前世で作ったアイテムを持っているマティアスですね。これは強い!

白石:やばいです。魔法が使えない、目からビームが出せるハト(笑)。

――これも強そうな方から行きましょう、玉城さん、先攻でお願いします。

玉城:みなさんご存じ、最強賢者が転生したマティアスです。しかも前世で作った3倍魔力のアイテム持ちです。最強に最強が重なってますよ。でもちょっと失恋しちゃったみたいです。ルリイに振られちゃったのかな? そこはわかりませんけど、失恋直後でむしろ気が立ってるから、ハトなんて瞬殺です。

白石:このハトはですね、目からビームが出ます。ハトって空飛びますよね。マティアスは単独では飛べません。なので、上空からビームで狙い撃ちです。もうね、ハトというより戦闘機ですよ! 魔法は使えないけど、このハトに一度狙われたら逃げることはできません。このハトのポーズも「やってやるぜ!」という意気込みを感じます。

鈴代:すごい、よくこの手札でいい勝負に持ち込んだね(笑)。これも難しいなあ。それに、マティアスは失恋直後でも、動物に優しそうだよね。

玉城:え、ちょっと(笑)。

鈴代:ハトは魔法使えないのに頑張ってるので、ギリギリまで追いつめるかもしれない。でも、やっぱり主人公だし最後はマティアスが勝ちます!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


という形で、作品の見どころを伺い、さらには『失格紋の最強賢者』特別ルールでの「ペチャリブレ」にも挑戦してもらった今回のインタビュー。パーティとしての絆の強さが重要になってくる本作ですが、3人の絆も更に強まったかもしれませんね。

玉城仁菜さん、鈴代紗弓さん、白石晴香さんが出演される『失格紋の最強賢者』は、好評放送中!1月13日0時からは各配信サービスでも配信スタート!ぜひアニメを観て、パーティーの絆の強さを感じ取ってください!

<放送情報>
TOKYO MX:1月8日より毎週土曜22:00~
BS11:1月8日より毎週土曜22:00~
サンテレビ:1月8日より毎週土曜22:30~ ※初回放送のみ23:00~
AT-X:1月11日より毎週火曜23:00~ ※リピート放送:毎週木曜11:00~/毎週月曜日17:00~

【スタッフ】
原作 :進行諸島(GA ノベル/SB クリエイティブ刊)
キャラクター原案 :風花風花
監督 :秋田谷典昭
キャラクターデザイン :大沢美奈
シリーズ構成 :内田裕基
美術監督 :飯田葉月
色彩設計 :安藤智美
撮影監督 :黒澤 豊、八木祐理奈
編集 :仙土真希(REAL-T)
音響監督 :明田川 仁
音楽 :Elements Garden(岩橋星実・藤田淳平・都丸椋太)
オープニングテーマ :fripSide「Leap of faith」
エンディングテーマ :中島由貴「Day of Bright Sunshine」

【キャスト】
マティアス=ヒルデスハイマー :玉城仁菜
ルリイ=アーベントロート :鈴代紗弓
アルマ=レプシウス :白石晴香
イリス :井澤詩織
『失格紋の最強賢者』公式サイト

(C)進行諸島・SB クリエイティブ/「失格紋の最強賢者」製作委員会

《杉本穂高》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]