LiSA “強くしなやかなアスナのような応援ソングを―”「劇場版 SAO プログレッシブ」戸松遥&松岡禎丞登壇イベント【レポート】 | アニメ!アニメ!

LiSA “強くしなやかなアスナのような応援ソングを―”「劇場版 SAO プログレッシブ」戸松遥&松岡禎丞登壇イベント【レポート】

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』(2021年10月30日ロードショー)の完成披露IMAX上映会イベントが2021年9月15日に実施。アスナ役の戸松遥、キリト役の松岡禎丞が登壇し、主題歌を担当するLiSAが観客にサプライズでビデオ出演した。

イベント・レポート アニメ
注目記事
『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』完成披露IMAX上映会 イベントレポート(C)2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Project
『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』完成披露IMAX上映会 イベントレポート(C)2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Project 全 11 枚 拡大写真
『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』(2021年10月30日ロードショー)の完成披露IMAX上映会イベントが2021年9月15日に実施。アスナ役の戸松遥、キリト役の松岡禎丞が登壇し、本編上映と合わせて初披露された主題歌を担当するLiSAが観客にサプライズでビデオ出演した。


イベントの様子【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

■戸松遥&松岡禎丞、アスナとキリトへの想いを明かす


本作で久しぶりにアスナを演じた戸松は、「当時のアスナを再び演じることができて、素直にすごく嬉しいです。SAOシリーズとは約10年の付き合いになるので、これだけ長い年月関われるのは、奇跡のようなこと。改めてこのシリーズはたくさんの方に愛されているんだなと実感できました」と笑顔。

キリトを演じた松岡は「かなり気合を入れて演じました。当時のアインクラッド編も今の技術で作り直すとこうなるのか……と感動の嵐で、もう言うことないです」と感無量の様子。
そして、「懐かしいシーンもあるし、オリジナルの話にもなっていて、原作はあるものの、“誰も見たことない”プログレッシブになっています。TVシリーズから繋がるシーンもあったり、あの時アスナが何をやっていたのか、知りたかったことが凝縮されています。あなたの知らないソードアートがそこにある!」と決めコメントとともに大絶賛した。


本予告PVカット【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
また、約10年間も続く『SAO』シリーズについて、戸松は「SAOシリーズは全97話あるんです。本当にこの約10年間、いろんなSAOシリーズに関わらせていただいていて、いろんなコンテンツでも関わって演じ続けていたので、途切れたことがないんです。それって声優人生の中でもなかなかないことで、スゴイ幸せなことだなって思います」と明かし、「アスナがいることが日常みたいな……彼女がいない生活は考えられない、お前(アスナ)がいないと生きていけない!ってくらい、アスナの存在が自分の中にあります」と本作への特別な想いを打ち明けた。

松岡も、「キリトとは声優人生の半分共に過ごしています。いつ(キリトの仕事が)来てもどうだったか考える必要もなく、キリトに切り替えられます」と本シリーズの存在の大きさを改めて語った。

■本作の見どころは?「“お前そこにいたの…?”ってなるシーンが…」


本作の見どころについて、戸松は「TVシリーズに出てきたシーンやセリフが別の演出で出てくるんですが、アスナ視点で見るとなんでそうなったのか経緯がわかって、別視点でのアインクラッド編を楽しみにしていただきたいです。SAOを知らない人も、丁寧に説明されているので楽しめると思います。SAOに触れる前のアスナからスタートするので、すごく共感しやすいと思います」とコメント。

松岡は「戸松さんがすべて語ってくれましたので…(笑)。別視点で見どころをお伝えすると、“お前そこにいたの…?”ってなるシーンがあります(笑)。ヒントはアリシゼーション編です」と公開が待ちきれなくなるコメントでファンの期待を煽った。


本予告PVカット【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

■LiSAが主題歌!「最初からアスナが強かったわけじゃなかったんだなって」


そして、イベントではLiSAが歌う「往け(ユケ)」が主題歌であることが発表され、観客には完全サプライズで舞台挨拶にLiSAがビデオ出演。
LiSAは「今回の作品の主人公はアスナ。これまで私たちが見てきた強くてカッコイイ姿の裏側にある、最初からアスナが強かったわけじゃなかったんだなって。本当のアスナの強さに触れた作品になっています。強くしなやかなアスナのような応援ソングを届けられたらいいなと思って『往け(ユケ)』という楽曲を作りました」と明かした。

また初めてSAOシリーズに関わった当時を振り返り、「SAOに関わらせていただいたのが、初めてTVアニメになった2012年夏の《アインクラッド》編でした。それから9年、そこに繋がる物語が今回は始まるということで楽しみにしています。私たちが一緒に愛してきたSAOへ繋がっていく、最初の物語と主題歌『往け』を楽しんでいただけたらなと思っています」とコメントした。


ビデオメッセージを受け、戸松は「本編の後に、LiSAさんの楽曲のイントロを聴いた瞬間鳥肌が立って…アスナのことを歌ってくれていて、泣きそうになりました。SAO一期のOP 『crossing field』を聴いた時の感覚と被って、あの時の興奮がもう一度、という感覚でした」と喜び、松岡は「一期の頃から引き続き、今回再び楽曲を担当してくださって、改めて歌詞の力を感じました。『往け』という歌詞のニュアンス、“ユケ”の伝え方が優しく押し出してくれるんです」とコメントし、楽曲を受けての感動を語った。

■SAOシリーズの入門編としても楽しめる作品!


最後、松岡は久しぶりのイベントに緊張していると告白しながらも、「あの時のアインクラッドが戻って来ました。今回はアスナが主役なので、一粒で二度美味しいです。SAOシリーズの入門編としても楽しめる作品になっていて、今回の劇場版からTVシリーズを見る流れはもうできているので……皆さんよろしくお願いいたします!」とコメント。

戸松は「今回、スタッフの方々が劇場でより楽しんでいただきたいと、映像や音響にこだわって作ってくださいました。なので、映画館の環境でたっぷり楽しめる作品に仕上がっています! 初めて観ていただく方、全くSAOシリーズを知らない方にもわかりやすく、丁寧な作りになっています。つまり、全員楽しめる作品に仕上がっているんです! そして、オリジナルキャラのミトがどう関わっていくのか……ぜひ注目してみていただけたら嬉しいです」とイベントを締めくくった。

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』は2021年10月30日より全国にて公開。


『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』キービジュアル
【STAFF】
原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊) 原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・石川智美・渡邊敬介プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙美術設定:平澤晃弘色彩設計:中野尚美撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾・中島 宏2Dワークス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和音響効果:小山恭正音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project
【CAST】
キリト:松岡禎丞
アスナ / 結城明日奈:戸松 遥
ミト / 兎沢深澄:水瀬いのり
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
シリカ:日高里菜
ディアベル:檜山修之
キバオウ:関 智一

【音楽】
「往け」 LiSA(SACRA MUSIC)
作詞:LiSA /作曲:Ayase /編曲:江口 亮


(C)2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Project

《MINAMI》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]