「ダンまち×ストブラ」夢のコラボ実現の経緯とは? 大森藤ノ×三雲岳斗、互いの作品の印象も【原作者インタビュー】 | アニメ!アニメ!

「ダンまち×ストブラ」夢のコラボ実現の経緯とは? 大森藤ノ×三雲岳斗、互いの作品の印象も【原作者インタビュー】

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』が、2021年3月25日から4月29日にかけて『ストライク・ザ・ブラッドIV』とコラボを展開。『ダンまち』原作者・大森藤ノ先生と『ストブラ』原作者・三雲岳斗先生に、コラボ誕生秘話を聞いた。

インタビュー スタッフ
注目記事
「ダンまち×ストブラ」夢のコラボ実現の経緯とは? 大森藤ノ×三雲岳斗、互いの作品の印象も【原作者インタビュー】
「ダンまち×ストブラ」夢のコラボ実現の経緯とは? 大森藤ノ×三雲岳斗、互いの作品の印象も【原作者インタビュー】 全 3 枚 拡大写真
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のスマートフォン向けRPG『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』が、2021年3月25日から4月29日にかけて『ストライク・ザ・ブラッドIV』とコラボを展開している。

『ダンまち』は異世界ファンタジー、『ストブラ』は現代的な学園ファンタジーであり、世界観がかけ離れているとも言えそうだが、「たくさんの共通点があった」と語る『ダンまち』原作者・大森藤ノ先生。
大森先生、そして『ストブラ』原作者・三雲岳斗先生が共同で執筆したシナリオは、その“共通点”をふんだんに使った貴重なストーリーとなっている。

その共通点とは一体なんなのか、またこのコラボはどうやって実現したのか、さらにはお互いの作品に抱いていた印象などを、両原作者に直撃。前後編の2本立てにしてお届けする。

前編となる今回は“ネタバレ無し編”として、物語の核心には触れずに、両原作者の互いの印象やコラボ誕生の経緯などを聞いた。
[取材・文=米田果織]

■ラノベ作家が集まるバーベキューでの交流とは? お互いの作品の印象も語る


――コラボのお話を伺う前に、まずそもそもおふたりはご交流があったのでしょうか?

三雲:一時期ライトノベル作家が集まって、年に1~2回ほどバーベキューを行っていたことがあるのですが、大森先生とはそこで何度かお話させていただきました。実は、そのバーベキュー会場が大森先生の地元だったんです。

大森:作家の先輩達から初めて話を聞いた時「え、実家から5分です!」と叫んじゃって。「じゃあ来なよ!」という感じで、参加するようになりました。

三雲:大森先生はいつも良いお肉やお酒を差し入れてくださるんです。本当にありがとうございます!

大森:父親が「持ってけ!」ってすごく喜んじゃって…(笑)

――もともとお互いの作品を知った上でお会いしたのですか? 初対面でどんなお話をされたのでしょうか。

三雲:大森先生はデビューした時から大変人気がある方だったので、もちろん作品は存じ上げておりました。
『ダンまち』も楽しんで読んでいたので、イチ読者として「お会いできて光栄です!」とお話させていただきました。すごく緊張したのを覚えています(笑)。

大森:ありがとうございます…! 三雲先生は初めて会った時からお優しく、気さくに話しかけてくださいました。お話もユニークで笑わせてくれるし、「なんて良い方なんだろう」と感激したことを覚えています。

――では、お互いの作品にはどのような印象を持っていたのでしょうか?

大森:三雲先生の書く作品は、設定と世界観がしっかりしているという印象を持っていました。1巻から伏線が仕込まれていて、読み進めれば進めるほどのめり込んでいく。
あとは、キャラクターがすごくかわいいですよね。

――三雲先生は『ダンまち』を楽しんで読んでいたとおっしゃいましたが、どんな点を魅力に感じていますか?

三雲:読者を惹きつける文章の書き方や、またキャラクターの成長を丁寧に書かれている点です。毎巻読むたびに感動しています。

大森:ありがとうございます。お互いの作品の印象を語り合う機会なんてなかなかないので、恥ずかしいですね(笑)。

■“とある共通点”からコラボレーションが実現


――今回のコラボはどんな経緯で実現したのでしょうか。

大森:『ダンメモ』制作スタッフの方からお話をいただきました。原作小説を全て読ませて頂いた後、「たしかに共通点がたくさんある」と思ったんです。
三雲先生とはバーベキューでの交流もあったので、「ぜひやってみたいです」とお話させていただきました。

――三雲先生は、コラボのお話を持ちかけられていかがでしたか?

三雲:大森先生から「こういう企画が出ているんです」と直接伺ったのですが、その時は「いや、冗談でしょ!」と思っていました。

大森:バーベキューでお肉を食べながらでしたからね(笑)。

三雲:そうなんです。なので話半分で聞いていたこともあって、正式にお話をいただいた時は「あの企画が実現するんだ!?」とまず驚きました。

――先ほど“共通点”が多いというお話もありましたが、そのひとつは出演声優さんたちです。細谷佳正さん(『ダンまち』ヴェルフ・クロッゾ役、『ストブラ』暁 古城役)、葉山いくみさん(『ダンまち』ナァーザ・エリスイス役、『ストブラ』煌坂 紗矢華役)など。

大森:これまでのコラボにも声優さん被りネタは入れさせていただいたのですが、今回はそれ以上、たぶん未だかつてないほど声優さんネタを入れました。書いていて悪ノリしすぎたかなと思いつつ、早くボイス付きで読みたいと思っていました。


→次のページ:三雲先生のレフィーヤ好きから始まった? シナリオ制作秘話
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《米田果織》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]