「トランスフォーマー」などポリゴン・ピクチュアズ作品が「アニー賞」ノミネート! | アニメ!アニメ!

「トランスフォーマー」などポリゴン・ピクチュアズ作品が「アニー賞」ノミネート!

ポリゴン・ピクチュアズが制作を手掛けたアニメ『パンダのシズカ』と『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』の2作品が、アニメ界のアカデミー賞とされる「第48回アニー賞」にノミネートされた。

ニュース アワード・コンテスト
注目記事
『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』(C)2021 Hasbro Studios. ALL RIGHTS RESERVED
『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』(C)2021 Hasbro Studios. ALL RIGHTS RESERVED 全 2 枚 拡大写真
ポリゴン・ピクチュアズが制作を手掛けたアニメ『パンダのシズカ』と『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』の2作品が、アニメ界のアカデミー賞とされる「第48回アニー賞」にノミネートされた。

『パンダのシズカ』は「第48回アニー賞」TV・メディア 未就学児向け作品部門(Best TV/Media - Preschool)、『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー 第1章: シージ』はFXを担した榊原將師がTV・メディア FX部門(Best FX for TV/Media)にノミネート。

ポリゴン・ピクチュアズはこれまで、『Lost in Oz』『トランスフォーマー プライム』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』などの作品で、「アニー賞」に受賞・ノミネート。今回が4度・5作品目のノミネートとなった。

「第48回アニー賞授賞式」は、2021年4月16日19時(太平洋標準時)より、バーチャルイベントとして開催予定。

【ポリゴン・ピクチュアズ アニメーション制作作品 アニー賞受賞・ノミネート履歴】
■Lost in Oz
・第45回アニー賞(2018) 最優秀子供向けテレビアニメーション部門
■トロン:ライジング
・第41回アニー賞(2014) 最優秀TVアニメーション部門 ノミネート
・第40回アニー賞(2013) キャラクターデザイン部門、美術部門 受賞
長編アニメーション部門、絵コンテ部門 ノミネート
■トランスフォーマー プライム
・第41回アニー賞(2014) 美術部門 ノミネート
■スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ
・第41回アニー賞(2014) 編集部門、キャラクターアニメーション部門 ノミネート
・第40回アニー賞(2013) 視覚効果部門、キャラクターアニメーション部門、ボイスキャスト部門、編集部門 ノミネート

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
(C)2021 Hasbro Studios. ALL RIGHTS RESERVED

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]