「四畳半神話大系」“私”役の浅沼晋太郎、超絶早口が10年ぶりに復活!小説「四畳半タイムマシンブルース」PV公開 | アニメ!アニメ!

「四畳半神話大系」“私”役の浅沼晋太郎、超絶早口が10年ぶりに復活!小説「四畳半タイムマシンブルース」PV公開

小説『四畳半神話大系』の16年ぶりとなる続編『四畳半タイムマシンブルース』のPVが公開。アニメ版『四畳半神話大系』で“私”役を演じた浅沼晋太郎がナレーションを務めており、10年ぶりとなる“私”こと浅沼の超絶早口のセリフ回しが楽しめる。

ニュース ノベル
注目記事
『四畳半タイムマシンブルース』1,500円(税別)
『四畳半タイムマシンブルース』1,500円(税別) 全 2 枚 拡大写真
湯浅政明監督によってTVアニメ化も果たした小説『四畳半神話大系』の16年ぶりとなる続編小説『四畳半タイムマシンブルース』のPVが公開。アニメ版『四畳半神話大系』で“私”役を演じた浅沼晋太郎がナレーションを務めており、10年ぶりとなる“私(CV.浅沼晋太郎)”の超絶早口のセリフ回しが楽しめる。

『四畳半神話大系』は、冴えない大学3回生の主人公・“私”が、バラ色のキャンパスライフを目指して4つの並行世界で繰り広げる、おかしくもほろ苦い青春ストーリー。
作家・森見登美彦の初期代表作のひとつであり、2010年にフジテレビ「ノイタミナ」でTVアニメが放送された。

『四畳半神話大系』680円(税別)
『四畳半神話大系』【画像クリックでフォトギャラリーへ】
最新小説『四畳半タイムマシンブルース』は、森見の盟友である劇作家・上田誠が発表した舞台「サマータイムマシン・ブルース」(劇団ヨーロッパ企画)との異色コラボとして誕生。


物語は真夏のある日、“私”の悪友・小津が学生アパートにある唯一のクーラーのリモコンを水没させたことから始まる。
残りの夏をどうすごすか、ひそかに想いを寄せるクールビューティ・明石さんと対策を協議しているとき、タイムマシンに乗って25年後の未来からやってきたというモッサリした風貌の男子学生が登場。そして“私”は、タイムマシンで過去に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいいと思いつくが……。

『四畳半タイムマシンブルース』は、1,500円(税別)で現在発売中。
また、重版を記念して、抽選で非売品ポスターがあたる「起こらなかった未来を探せ」クイズキャンペーンを実施。詳細は特設ページまで。

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]