「異種族レビュアーズ」サンテレビでも“編成上の都合”で放送中止! Twitterで反響「名誉の戦死」「もはや地上波に楽園は無い」 | アニメ!アニメ!

「異種族レビュアーズ」サンテレビでも“編成上の都合”で放送中止! Twitterで反響「名誉の戦死」「もはや地上波に楽園は無い」

TVアニメ『異種族レビュアーズ』が、サンテレビでの放送中止を発表。同番組は、2月7日にTOKYO MXでの放送中止も発表しており、アナウンスを行ったアニメ公式Twitterに作品視聴者から様々な声が届いている。

ニュース トレンド
『異種族レビュアーズ』(C)天原・ masha /株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
『異種族レビュアーズ』(C)天原・ masha /株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会 全 1 枚 拡大写真
TVアニメ『異種族レビュアーズ』(2020年1月より放送中)が、サンテレビでの放送中止を発表。同番組は、2月7日にTOKYO MXでの放送中止も発表しており、アナウンスを行ったアニメ公式Twitterに「名 誉 の 戦 死」「名誉の放送中止ですねw」「サンテレビ……貴方もよく戦った」「“編成上の都合”だから内容には問題はないんだよなぁ」「もはや地上波に楽園は無いな」「規制や圧力に負けてさらなる自主規制を歩む道はどうかとらないでほしい」といった声が届いている。

『異種族レビュアーズ』の原作は、ニコニコ漫画「ドラドラしゃーぷ#」にて連載中の“色んな意味で超危険な”ファンタスティックコメディマンガ。
人だけでなくエルフや獣人、悪魔や天使も暮らす世界を舞台に、異種族娘たちが営むムフフなお店に通うレビュアーズたちの姿を描いた作品だ。

2020年1月よりスタートしたアニメ版では、AT-Xにて「無修正 ver.」、dアニメストアやniconicoほかにて「裏オプver.」、Amazonプライム・ビデオほかや地上波にて「通常ver.」が放送・配信放送されている。
第5話放送を控えた2020年2月7日には、「編成上の都合」という理由からTOKYO MXでの今後の放送中止が発表され話題となった。

そして2月18日、アニメ公式Twitterが「サンテレビにて放送中のアニメ『異種族レビュアーズ』は、株式会社サンテレビジョンの編成上の都合により今後の放送予定が中止となりました」とアナウンス。
これで、『異種族レビュアーズ』の地上波放送はKBS京都のみという状況に。


今回の放送中止アナウンスに対し、作品視聴者からは「サンテレビも陥落したかぁー!」「名 誉 の 戦 死」「名誉の放送中止ですねw」「サンテレビ…よくここまで耐えたな…」「逆に今までよく耐えていたと思いますw」「巨大な風車に立ち向かう騎士のようじゃった…」「サンテレビ……貴方もよく戦った」「サンテレビに敬礼!」「地上波の限界はここか…勉強になります」といった、これまで放送を行ってきたサンテレビへの労いの言葉などが続々。

さらに、「編成上の都合ね...わかりきってるやん 悲しいなあ」「また編成上の都合だけど“編成上の都合”だから内容には問題はないんだよなぁ」「こう言っちゃなんだけど…放送できなくなって“だよね”ってなるアニメも珍しい…」「最後まで完走できることを願っています。昨今こんなに攻めてる作品なかったので毎週楽しみに見ています(abema会員です)」「もはや地上波に楽園は無いな」「これは業界のターニングポイントになりえる事案。アニメ業界全体が、さぞ注目していることでしょう。規制や圧力に負けてさらなる自主規制を歩む道はどうかとらないでほしい。表現する場・手段を広げる方を考えてほしい」といった声も上がっている。

《CHiRO★》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]