ジブリ歴代主人公のなかで最も“将来イイ男”になるのは、「崖の上のポニョ」の宗介(5才児)である。 | アニメ!アニメ!

ジブリ歴代主人公のなかで最も“将来イイ男”になるのは、「崖の上のポニョ」の宗介(5才児)である。

2019年8月23日の日本テレビ系金曜ロードSHOW!は、スタジオジブリ制作の『崖の上のポニョ』。実は主人公の宗介は、ジブリ史上もっともイケメンといっても過言ではありません。地上波放送前に、宗介のイケメンすぎるポイントをおさらいしてみましょう!

レビュー アニメ
 
  全 1 枚 拡大写真
多くのイケメンキャラクターが登場するジブリ作品。あなたが好きなのは容姿端麗で甘え上手な魔法使い・ハウル? それとも、2つの顔を使い分けるミステリアスな美少年・ハクでしょうか?

2019年8月23日の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送される、『崖の上のポニョ』に登場する宗介も忘れてはいけません。

まだ5歳の宗介は、力も弱く身体も小さい男の子。女の子を守るヒーローとしては、どこか頼りなく感じる部分もあるかもしれません。しかしよく観察してみると、イケメンの要素をこれでもかと兼ね備えていることがわかります。

そこで地上波放送前に、宗介のイケメンすぎる3つのポイントを解説! これを頭に入れておけば、作品の新たな魅力が見えてくるでしょう。




イケメンポイント1ー言葉だけでなく行動も頼りになる


宗介の魅力は、有言実行と不言実行のどちらもできること。宗介が「守るよ」と言ったら本当に守ってくれますし、なにも言わなくとも常に相手を気にかけて行動しています。

たとえばトンネルを前にしたポニョが不安そうにしているシーン。宗介は「自分がいるから大丈夫」と言うかのように、つないだ手にそっと力を込めます。
また、会話の中でポニョが納得していない様子を見せたら即座に捕捉をするなど、アシストもピカイチ。
宗介の頼りになる行動は、同世代の女の子だけでなく大人に対しても見られます。口先だけで終わらない、まさにイケメンにふさわしいふるまいといえるでしょう。

もしかすると「『天空の城ラピュタ』のパズーだって同じじゃないか」という意見もあるかもしれません。
しかしパズーはムスカにシータを奪われたとき、一度は金貨を手に家に戻ってきてしまいました。こうした葛藤がパズーをより人間らしく見せているのでしょう。しかし行動に移すまでのスピード感は、宗介がずば抜けているのではないでしょうか。


イケメンポイント2ー5歳児にして紳士的


宗介は誰に対しても優しさをもって接します。自分をめぐって誰かが争っているときには、どちらも傷つけることなくスマートに返していました。そんな紳士的な内面が、保育園の女の子たちや、デイケアサービスセンター“ひまわりの家”の老婆たちにモテる理由のひとつでしょう。
もしかすると『ハウルの動く城』のハウルよりも、女性の扱いがうまいかもしれません。

街が水浸しになってしまい船を漕いでいるときにも、宗介の紳士っぷりが発揮されていました。
とくに注目したいのが、船の上でポニョが居眠りをしてしまうシーン。普通ならば起こそうとしますが、宗介は自分の力だけで船を押して進むことを選びました。ポニョに無理をさせまいという心配りに惚れます。


イケメンポイント3ー意志の強さ


ラストシーン、宗介はポニョの将来を決める大事な決断を迫られます。大人であれば即決することは難しいでしょう。しかし宗介は迷うことなくその問いに答え、ポニョとともに生きることになるのです。

『もののけ姫』でも類似のシーンが見られました。サンを救えるか否かを問われたアシタカが最初に返したセリフは「わからぬ」。これから共生する道を模索していくという意味が込められていますが、モロを説得させるには至りませんでした。

「宗介は子どもだから意味がわかっていないのでは」という解釈もあるでしょう。しかしここまで紹介した2つのポイントを考慮すると、宗介はこの先もポニョを裏切ることはないと信じることができます。

周囲に安心感を与え、誰かのために行動できる宗介は、他人を傷つけるような人間ではありません。きっと将来も、この本質が変わることはないでしょう。

◆ ◆ ◆

これだけの魅力を兼ね備えておきながら、まだ5歳児の宗介。将来の伸びしろは、歴代ジブリ男性キャラクターの中でもピカイチかもしれません。

ちなみに筆者は歴代ジブリキャラの中で付き合うならば『千と千尋の神隠し』のハク、結婚するならば宗介がいいと思っています。
外見はハクのほうが好みですが、あの子はちょっと危なっかしいところがあるので……。長く一緒に暮らすのであれば、ひとりで突っ走ることのなさそうな宗介が安全牌。

『崖の上のポニョ』を見るときは、ぜひポニョだけでなく宗介にも注目してみてください!

《ハシビロコ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集