「アイドルマスター シャイニーカラーズ」サマーパーティ昼・夜公演― ストレイライトらの圧巻ライブ【レポート】 2ページ目 | アニメ!アニメ!

「アイドルマスター シャイニーカラーズ」サマーパーティ昼・夜公演― ストレイライトらの圧巻ライブ【レポート】

ストレイライトを、あなたは見たか。

イベント・レポート ライブ
『シャニマス』サマーパーティー昼・夜公演レポート!ストレイライトらの圧巻ライブ、爆笑トークパートで暑い夏を吹き飛ばす
『シャニマス』サマーパーティー昼・夜公演レポート!ストレイライトらの圧巻ライブ、爆笑トークパートで暑い夏を吹き飛ばす 全 21 枚 拡大写真


■夜公演
放課後クライマックスガールズ
河野ひよりさん(小宮果穂役)、白石晴香さん(園田智代子役)、永井真里子さん(西城樹里役)、丸岡和佳奈さん(杜野凛世役)、涼本あきほさん(有栖川 夏葉役)

アルストロメリア
黒木ほの香さん(大崎甘奈役)、/前川涼子さん(大崎甜花役)、芝崎典子さん(桑山千雪役)

ストレイライト
田中有紀さん(芹沢あさひ役)、幸村恵理さん(黛冬優子役)、北原沙弥香さん(和泉愛依役)

夜公演は昼と同じく「Spread the Wings!!」からスタート。夜にもかかわらず、序盤からプロデューサーさんの盛り上がりは最高潮です。こちらでももちろん新衣装「イノセントセーラー」に身を包んでおり、幸村さん以外の全員が帽子を被っていました(後々幸村さんはそれを羨ましがっていました)。

公開収録をは、「アイドルの決断代行!」からスタート(詳しい説明は前ページにて紹介しているので省きます)。


アルストロメリアの悩みは「飲み物・食べ物がうまく口に運べない」。黒木さんはおにぎり(5粒くらい多いときはこぼすらしい)、前川さんは水、芝崎さんはペットボトルが開けられない(おまわりさんに開けてもらった逸話があるとか)、とのこと……。放課後クライマックスガールズは「SNS映えする写真をどう撮ればいいですか」という悩みでした。ストレイライトはこの難題にどう立ち向かうのか。

続く「幸福生徒会~全校集会~」では、みんなが幸福になるような校則をユニットごとに考案してどちらがよいかプロデューサーさんたちが選ぶコーナー。アルストロメリア、ストレイライト、放課後クライマックスガールズはどのような校則を生み出したのか、こちらも「シャニラジ」の8月27日更新分にて聞けるそうなので気になる方はアソビストアで要チェックです。


しゃにますミニ劇場「私たちの夏休み」では、こちらも昼公演と同じく合宿をするまでの一幕が描かれました。熱海・初島の合宿映像が(昼公演とは異なるもの)流れると次のコーナー「ご褒美争奪!VTRクイズ」がスタート。今回はBチームがAチームの映像を見ながら問題に答えていきます。

チームBは以下のチームに分かれます。

  • 「チーム今どき女子」白石さん黒木さん

  • 「チームゲーマー」永井さん前川さん

  • 「チーム大人と子供」河野さん芝崎さん

  • 「チームバクライ」丸岡さん涼本さん


最初の問題は、ストレイライトの3人が公園で写真を撮った際の一コマ。「この後、2枚の写真を取ります。2枚目の写真のポージングはどんなポーズでしょうか」というものでした。合宿時、雨が降っていたので傘がヒントとして出され、今どき女子は「車の急カーブのとき」、ゲーマーは「チャンバラ(傘があるから)」、大人と子供は組体操などでみられる「扇」、バクライはこれまた組体操でお馴染みの「サボテン(北原さん下敷き)」でしたが、正解ならず。しかし、北原さんが個人的に好きという理由で今どき女子がポイントを獲得しました。

続いては、島内を散策し何やら情報を探しているアンティーカとイルミネーションスターズ一行が映し出されます。先にアンティーカが案内板に何かを見つけると、後からイルミネーションスターズが現れますが、アンティーカは情報を渡そうとしません。ここで問題は「このあとイルミネはどうやってアンティーカから情報を聞き出そうとしたでしょうか」。答えは、関根さんが八巻さんをじっと見つめて情報を引き出す「女を武器に使った」で、バクライ以外の3チームがポイントを獲得しました。


最後は、ホタテを食べた近藤さんが食レポを上手くこなしたあとの一幕。「このあと、近藤さんがホタテとバター醤油の相性の良さをさらに伝えようとします。何と表現した?」という問題に、バクライは(We can go now!の歌詞から)「HEY HEY ! It’s like like Popcorn!と歌いだす」、ゲーマーは「まるでタヌキがホタテに変身したような」などと解答しました。しかし正解は「ヘ音記号」。本当においしいのか疑問に思えますが……。バクライは解答をいつの間にか「HEY HEY音記号」に改めたこともあり、ポイントをゲット。が、最終的な優勝はチーム今どき女子となりました(こちらの賞品も夏らしい涼しげなお菓子、でした)。


続くライブパートの先陣を切るのはアルストロメリア。1曲目は、個人的振り付け可愛い選手権第1位の「ハピリリ」です。心が軽やかに、楽しくなっていくような心地よさはアルストロメリアならでは。続くステージ上ではフル初披露となる「Bloomy!」の振り付けも大変にかわいらしく、見ているこちら側が思わず小躍りしてしまいそうな楽しい楽曲と言えそう。投げキッスのような振り付けも見られ、何度でも見返したくなるようなパフォーマンスでした。

続く放課後クライマックスガールズは、「太陽キッス」からスタート。楽しくないわけがない、らしさ満載の本楽曲。タオル曲としての魅力も存分に発揮しており、暑い夏を吹き飛ばすようなはじける笑顔を見せてくれました。1stライブを経たプロデューサーさんたちのコールも完璧なのが楽しさを倍増させてくれますね。


会場が一体となった乾杯の音頭で水分補給もバッチリ済ませると2曲目「ビーチブレイバー」に移ります。今の季節にピッタリな本楽曲は、瑞々しさと熱さを同時に感じられ、放課後クライマックスガールズの"超本気モード"を見ることもできるライブ映え曲。凄いのはダンスの激しさが楽曲の激しさに比例しているのに踊り続けられるその体力です。コールするだけで体力使うのに……と聴きながら思っていました。

強い

そして最後はストレイライト。昼公演の時よりは落ち着いてみられましたが、どう見ても「すごい」という感想しか出てこないところは一緒でした。本格披露が初とは思えないダンス、歌唱のクオリティの高さには惚れ惚れするほどで、息をするのさえ忘れます。今時点だけでコレを見せられたら、「Transcending The World」の際は一体どうなってしまうのでしょうか。

ユニット曲のあとは、全体曲「Ambitious Eve」と「いつか Shiny Days」でイベントを締めくくりへ。昼公演と同じ楽曲ではありますが、ユニットが2つ入れ替わるだけで色がかなり異なるように感じられます。様々な色が出せるのは『シャニマス』ならではの特徴と言えるのではないでしょうか。



「SUMMER PARTY」の名に恥じない熱い盛り上がりを見せた本イベントも終わりを見せ、昼に関根さんが担当したいつもの「アイマスですよ」コールは河野さんが務めました。

『シャニマス』キャスト陣は、10月19日、10月20日に東京ドームにて行われる「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」の2日目にも参加予定。どの楽曲を披露するのかはわかりませんが、こちらのパフォーマンスも非常に楽しみです。

『シャニマス』サマーパーティー昼・夜公演レポート!ストレイライトらの圧巻ライブ、爆笑トークパートで暑い夏を吹き飛ばす

  1. «
  2. 1
  3. 2

《アキナツ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集