「明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~」浪川大輔らキャスト集結! 胸キュン必至なプロポーズシチュも | アニメ!アニメ!

「明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~」浪川大輔らキャスト集結! 胸キュン必至なプロポーズシチュも

2019年にTVアニメが放送された『明治東亰恋伽』。6月22日には舞浜アンフィシアターにて「明治東亰恋伽 ハイカラ浪漫劇場~Honeymoon~」と題したイベントを行ない、ゲーム・アニメのメインキャストを務める男性陣10名が出演した。

イベント・レポート アニメ
「明治東亰恋伽 ハイカラ浪漫劇場~Honeymoon~」の模様
「明治東亰恋伽 ハイカラ浪漫劇場~Honeymoon~」の模様 全 22 枚 拡大写真
2019年にTVアニメが放送された『明治東亰恋伽』。6月22日には舞浜アンフィシアターにて「明治東亰恋伽 ハイカラ浪漫劇場~Honeymoon~」と題したイベントを行ない、ゲーム・アニメのメインキャストを務める男性陣10名が出演した。
昼の部・夜の部、2公演行われたうち、本稿では昼の部のレポートをお届けする。

出演者は、浪川大輔(森鴎外役)、KENN(菱田春草役)、鳥海浩輔(川上音二郎役)、岡本信彦(泉鏡花役)、福山潤(藤田五郎役)、立花慎之介(小泉八雲役)、梅原裕一郎(尾崎紅葉 役)、蒼井翔太(滝廉太郎役)、前野智昭(横山大観役)、森川智之(チャーリー役)。



【画像クリックでフォトギャラリーへ】
全員が揃うと、観客からは改めて大きな拍手がおくられた。
その後のオープニングトークで鳥海は、KENNと梅原の2ショットをカメラに収めさせ「(僕が)抱かれてもいいイケメン声優です」と紹介する場面が。観客は大歓声! すっかり温まった様子だ。

イベント昼の部では、バラエティコーナーと朗読劇が繰り広げられた。

バラエティコーナーは、「めいこいウェディングゲーム」という“恋愛から結婚まで”をテーマにしたすごろく勝負。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
進行役の森川を除く9名のキャスト陣が、3名3組に分かれてステージ床に敷かれた巨大すごろくのゴールを目指した。
各コマには異なるミッションが書かれており、それをクリアすればポイント獲得。最終的に高ポイントだったチームが優勝となる。

チームは、KENN・岡本・梅原の「イケメンチーム」、鳥海・福山・蒼井の「幸せの蒼い鳥チーム(3人の名字の「鳥」「福」「蒼」にちなんで)」、浪川・立花・前野の「チーム浪川」となった。
岡本は、“イケメン”2人に囲まれタジタジ。即決で「イケメンチームで!」とチーム名を決めていた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
リーダー(岡本、鳥海、浪川)がコマとなってすごろくスタート。チームごとにルーレットを回し、ミッションに臨んだ。
手押し相撲や卓球、観客との意思疎通をはかるゲームなど様々に展開されるなか、とくに盛り上がったのはプロポーズシミュレーション。

イケメンチームは観客(ヒロイン)に向けて、幸せの青い鳥チームは森川を義理の父と見立てて三者三様の「娘さんをください」を披露したのだが、前者で観客が存分にキュンキュンした一方、後者では驚愕&爆笑の連続に。

1番手・鳥海は靴を脱ぎ正座で義父と対面。ステージを和室にすると「何なら移籍しますから!」と遮二無二提案し、義父から力強いOKをもらった。
続く蒼井は、すでに一緒に住んでいる設定だったらしく、ずかずか入室。観客をざわつかせたまま「お父さんのために曲を作ります」と誘惑した。
これには、義父も完敗。「最近売れているらしいじゃないか」と、首を縦に振った。

そしてラストの福山は、藤田五郎として安定した収入と切羽詰まった年齢などを告白。「何卒何卒」と心付けを強引に手渡した。義父も「その情熱に負けた!」とノックアウト!「袖の下じゃん!」「ダメだよ!」と他チームにツッコミを入れられながら見事クリアした。
さらに、幸せの青い鳥チームはけん玉でも本番の強さを見せつけ全員成功。ポイントを稼ぐ。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
イケメンチームは、手押し相撲で梅原が蒼井に勝利したほか、前述のプロポーズもそつなくクリア。粘着テープ付きのサーベルに、空から落ちてくる鳥を付けられた数だけポイントゲットという作品にちなんだゲームでは、代表者の岡本がステージを縦横無尽に駆け回り、ポイントを確実に手に入れた。

また、浪川チームは序盤こそすごろくが進まず苦戦していたが、最下位チームを救済する特別マスで2チームを10マス近く引き離す大幅ワープ! そのままリードを維持し1位でゴールした。しかし、そのぶんミッションでポイントを稼げず。最終的には、イケメンチームの優勝となった。
また、1位チームは豪華景品がもらえるダーツに挑戦!ご褒美として蝦夷地(北海道)への仕事つき旅行を梅原がゲット!「3人で行けるかも!」と嬉しそうに笑顔を浮かべていた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
続く2投目でKENNが「観客プレゼント」を見事当てる。アプリゲーム『明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~』で使えるゲーム内通貨をプレイヤー全員にプレゼントする“ご祝儀”の配布が決定した。

イベント終盤は、朗読劇。この日のために原作シナリオライター・魚住ユキコが書き下ろしたTVアニメ最終回の後日談を披露した。綾月芽衣が明治時代からいなくなり、“芽衣ロス”になっている鴎外たち。そこで、小泉が「“黒魔術”で芽衣を呼び出そう」と提案する。

話の流れに合わせ、ペンライトの色を変えるといった観客参加型だっただけではなく、岩崎桃介(CV.細谷佳正)も登場するサプライズがあり、観客はどっぷり浸っていた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
また、ラストの鴎外の語りは、切なさも相まって涙を誘う一幕に。ドタバタだった黒魔術シーンとのコントラストが美しい物語となっていた。

エンディングでは、マルイとのコラボ「めいこいロマン百貨店~夏色★好男子~ in新宿マルイアネックス」(7月25日~8月6日)の開催、博物館明治村とのコラボ第4弾開催(今冬予定)の告知があり、観客からはこの日幾度目かの大歓声があがった(なお、夜の部ではアプリゲーム『明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~』の新章となる大観編&春草編の配信も発表)。

今年で8周年を迎える『めいこい』。長く愛されている理由がわかる、賑やかで感情を突き動かされるイベントだった。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】

《松本まゆげ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集