このキャラは誰なんだ!?「ドラえもん」40周年リメイクエピソードで“謎の少年”復活が話題 | アニメ!アニメ!

このキャラは誰なんだ!?「ドラえもん」40周年リメイクエピソードで“謎の少年”復活が話題

4月5日、『ドラえもん』では40年前の第1話をリメイクしたエピソードがおくられました。その中で“謎の少年”が40年ぶりに姿を見せたことも注目を集めており、Twitterでは「あの謎キャラまで復活してるのアツい」「こいつは誰なんだ」などの声が上がっています。

ニュース アニメ
『ドラえもん』「ゆめの町、ノビタランド」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
『ドラえもん』「ゆめの町、ノビタランド」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 全 1 枚 拡大写真
4月5日、TVアニメ『ドラえもん』では放送40周年への突入を記念して、1979年4月2日放送の第1話をリメイクした「ゆめの町、ノビタランド」がおくられました。
懐かしの主題歌「ドラえもんのうた」も復活するなど大きな反響を呼んだ放送回となりましたが、Twitterでは“謎の少年”が40年ぶりに姿を見せたことへの盛り上がりも。一部の視聴者から「あの謎キャラまで復活してるのアツい」「こいつは誰なんだ」などの声が上がっています。

「ゆめの町、ノビタランド」は、家にも外にも遊ぶ場所がなく困ったのび太が、ドラえもんの力を借りて自分たちだけのゆめの町“ノビタランド”を作るエピソード。
本物そっくりのミニチュアが出てくる「インスタントミニチュアせいぞうカメラ」で“ノビタランド”を作ったのび太とドラえもんが、みんなと「ガリバートンネル」で小さくなって遊ぶことにする……という流れでストーリーが展開していきます。

この中で注目を集めたのが、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫というお馴染みのメンバーに混じって登場した、青い帽子を被るひょろりと背の高い少年。彼は、1979年4月2日に放送されたリメイク元の「ゆめの町、ノビタランド」でも、のび太の仲間たちに溶け込んでいたのですが、なぜかそれっきり描かれなくなってしまった謎のキャラクターでした。

4月5日の放送回では、この“謎の少年”のリメイクも一部の視聴者の注目の的になったようで、Twitterでは「懐かしい」などの声に混じって「しれっとあの謎キャラまで復活してるのアツい」「ちゃんと復活してて草」「まさかのあのキャラクターが再登場」「例のあいつが40年ぶりに」など彼に対するツイートも盛り上がる事態に。

その一方で、彼を「原作の“安雄”のアニメ版」と認識していた視聴者が、原作そのままの“安雄”も出てきたことで「実質的に安雄が2人いる」「安雄と安雄(仮)夢の共演」と混乱したり、逆に彼を全く知らない様子の視聴者が「誰やねんお前」「マジでこいつは誰なんだ」と困惑したりと、ストーリーそのもの以外にも見どころのあるリメイクエピソードとなりました。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集