阿部敦さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「禁書目録」上条当麻を抑えたトップは…主人公が多数ランクイン | アニメ!アニメ!

阿部敦さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「禁書目録」上条当麻を抑えたトップは…主人公が多数ランクイン

アニメ!アニメ!では、阿部敦さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース そのほか
「とある魔術の禁書目録III」(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III
「とある魔術の禁書目録III」(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III 全 9 枚 拡大写真
3月25日は阿部敦さんのお誕生日です。

阿部敦さんは00年代にデビュー。第4回声優アワードでは新人男優賞に輝きました。2018年も『火ノ丸相撲』や『プラネット・ウィズ』、『Fate/EXTRA Last Encore』など、多くの作品でメインキャラクターを担当。現在は主人公・上条当麻役を演じる『とある魔術の禁書目録III』も放送中です。

阿部敦
そこでアニメ!アニメ!では、阿部敦さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。3月12日から3月19日までのアンケート期間中に260人から回答を得ました。
男女比は男性約20パーセント、女性約80パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約50パーセントと若年層が中心でした。

■主人公たちを抑えて『アイナナ』逢坂壮五がトップ


1位は『アイドリッシュセブン』の逢坂壮五。支持率は約50パーセントでした。男性アイドルグループ・IDOLiSH7のメンバーである逢坂壮五には「普段は真面目だが、ぶっ飛んだ発想をすることが多くて面白い」と意外性が人気。
「メンバーの中ではお兄さんみたいな存在だけど、たまに過激になったり、酔って甘えん坊になったりするところも可愛くて大好きです!」や「一見控えめなキャラクターだけど、ときには普段抑えているギアが外れてしまい暴走してしまう、しかし芯はしっかりしていて優しいという難しい役をばっちり表現されていた」というコメントが寄せられました。

「アイドリッシュセブン」(C)BNOI/アイナナ製作委員会
「アイドリッシュセブン」(C)BNOI/アイナナ製作委員会
2位は『とある魔術の禁書目録』の上条当麻。支持率は約14パーセントでした。上条当麻は右手に「幻想殺し(イマジンブレイカー)」と呼ばれる能力を宿しており、「“その幻想をぶち殺す”という決めゼリフがカッコイイ」というコメントが多かったです。「どこまでも真っ直ぐなキャラに惹かれる」や「右手だけでインデックスを守ろうとする姿がいい」と、主人公らしい熱い心がファンを惹きつけています。

「とある魔術の禁書目録III」(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III
「とある魔術の禁書目録III」(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III
3位は『カードファイト!! ヴァンガード』の雀ヶ森レン。「悪役と天然の二面性のあるキャラを、ときに怪しくときにキュートに演じているのが印象的です」や「妖艶な雰囲気をまとっているけれど、性格がなかなかの天然。お茶目なところが大好き」とさまざまな芝居を見られるところが人気を博しました。

「カードファイト!! ヴァンガード」(C)ヴァンガードプロジェクト/テレビ愛知
「カードファイト!! ヴァンガード」(C)ヴァンガードプロジェクト/テレビ愛知
今回のアンケートでは、『火ノ丸相撲』の潮火ノ丸、『バクマン。』の真城最高、『Fate/EXTRA Last Encore』の岸浪ハクノなど、主人公が多数ランクイン。
『プラネット・ウィズ』の黒井宗矢には「今感じている気持ちや、心境の変化がすごく伝わってきて、良い作品を見たなという気持ちになりました」という声が届きました。

さまざまな要素を引き出したキャラクターがとくに支持を集める結果となりました。

■ランキングトップ5


[阿部敦さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]
1位 逢坂壮五 『アイドリッシュセブン』
2位 上条当麻 『とある魔術の禁書目録』
3位 雀ヶ森レン 『カードファイト!! ヴァンガード』
4位 潮火ノ丸 『火ノ丸相撲』
5位 真城最高 『バクマン。』

(回答期間:2019年3月12日~3月19日)
次ページ:ランキング10位まで公開
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集