「牙狼<GARO>」雷牙の新ストーリーが19年秋に劇場公開!中山麻聖も歓喜「『ただいま』です」 | アニメ!アニメ!

「牙狼<GARO>」雷牙の新ストーリーが19年秋に劇場公開!中山麻聖も歓喜「『ただいま』です」

2014年に放送された『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』の続編となる最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』が、2019年秋に劇場公開決定。

ニュース 映画/ドラマ
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社 全 7 枚 拡大写真
2014年に放送された『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』の続編となる最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』が、2019年秋に劇場公開決定。公開に向けて冴島雷牙役・中山麻聖は「マユリ。それにクロウ、ゴンザ、ザルバ。そしてなにより雨宮監督。またみんなとご一緒出来る事が本当に嬉しいです」とコメントを寄せている。

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社
『牙狼〈GARO〉』は、この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う魔戒騎士たちを描いたシリーズ作品だ。2014年には冴島家の直系である、冴島雷牙を主人公に迎えたTVシリーズ『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』が2クールに渡り放送。2015年には、本シリーズから派生した『媚空-ビクウ-』が公開された。

そして、2016年の「金狼感謝祭」にて制作が発表された『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』は、黄金騎士の家系に生まれた冴島雷牙シリーズの最新作。前作の石板に封じ込められた滅びの花「エイリス」との闘いを経て、次はどのようなストーリーが待ち受けるのか、ファン注目の一作だ。
なお、原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親である雨宮慶太が担当。出演は、俳優・中山麻聖をはじめ、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗らが再集結する。

公開に向けて冴島雷牙役・中山は「牙狼を応援してくださっている皆さん『ただいま』です。帰ってまいりました。マユリ。それにクロウ、ゴンザ、ザルバ。そしてなにより雨宮監督。またみんなとご一緒出来る事が本当に嬉しいです。もちろん、牙狼を応援してくださっている皆さんとお会い出来ることも。『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』公開まで、もう少しだけお待ちください」とメッセージを寄せた。

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社
マユリ役 石橋菜津美【画像クリックでフォトギャラリーへ】
マユリ役・石橋は「魔戒ノ花からその後、マユリはどう変化し成長したのか。私個人としても、とても気になっていましたので、今回、月虹ノ旅人でまたマユリとして雷牙の横に居て、マユリとしての景色を見れる時間が嬉しく、幸せな時間でした」と語り、「月虹ノ旅人は牙狼ファンの方々には、もう、とんでもなく熱い内容になっていると思います。きっと最初から最後まで、そして何度も楽しめる作品になっていると思いますので、是非劇場でお楽しみ下さい!」とアピールしている。

映画『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』は2019年秋、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。
また公開を記念し、2019年4月25日~5月7日まで「Animanga Zingaro」にて、「牙狼〈GARO〉原画展」が開催される。

原作・脚本・監督:雨宮慶太
出演:中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗
特別協力:サンセイアールアンドディ
製作・配給・制作:東北新社 2019年/日本/カラー/106分/16:9/5.1ch


(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

《MoA》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集