「空挺ドラゴンズ」フジ“+Ultra”で2020年アニメ化決定! “捕龍船”の旅描くファンタジーコミックが原作 | アニメ!アニメ!

「空挺ドラゴンズ」フジ“+Ultra”で2020年アニメ化決定! “捕龍船”の旅描くファンタジーコミックが原作

マンガ『空挺ドラゴンズ』が、2020年1月よりフジテレビのアニメ枠「+Ultra」にてアニメ化決定。併せて今回、ティザーPVとビジュアルが公開された。

ニュース アニメ
『空挺ドラゴンズ』ティザービジュアル(C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会
『空挺ドラゴンズ』ティザービジュアル(C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会 全 5 枚 拡大写真
マンガ『空挺ドラゴンズ』が、2020年1月よりフジテレビのアニメ枠「+Ultra」にてアニメ化決定。併せて今回、ティザーPVとビジュアルが公開された。

『空挺ドラゴンズ』場面カット(C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会
『空挺ドラゴンズ』の原作は、空と龍に魅せられた乗組員たちの旅を描き、講談社「good!アフタヌーン」にて連載中の同名ファンタジーだ。
待望のアニメ化では、『シドニアの騎士 第九惑星戦役』『BLAME!』で副監督だった吉平“Tady”直弘のもと、ポリゴン・ピクチュアズが担当。シリーズ構成・脚本は『暗殺教室』『アルスラーン戦記』の上江洲誠、音響監督は『スパイダーマン:スパイダーバース』『PSYCHO-PASS サイコパス』の岩浪美和が務めるなど、『シドニアの騎士』『BLAME!』スタッフが再集結する。

『空挺ドラゴンズ』場面カット(C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会
今回公開されたティザービジュアルには、主人公ミカが捕龍船“クィン・ザザ号”から龍<ドラゴン>を見つめる姿が。
またティザーPVでは、空の覇者・龍<ドラゴン>を狩る「龍(おろち)捕り」の面々が捕龍船“クィン・ザザ号”を操り、空を駆けて龍を狩る旅をする様子が映し出されている。


アニメ『空挺ドラゴンズ』は2020年1月より、フジテレビ「+Ultra」にて放送予定。また、Netflixでの独占配信も実施。
また放送・配信に先駆けて、5月7日発売の「ダ・ヴィンチ」6月号よりオリジナルノベライズの連載もスタート。ヴァナベルを主人公にオリジナル女性キャラクターが活躍する内容で、エピソードごとに原作者・桑原太矩が描き下ろしイラストを寄稿する予定だ。

アニメ『空挺ドラゴンズ』
2020年1月 フジテレビ「+Ultra」にて放送予定
NETFLIXにて独占配信
<スタッフ>
原作:桑原太矩(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:吉平“Tady”直弘
シリーズ構成・脚本:上江洲誠
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

(C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集