実写映画「ゴクドルズ」女性陣は「女優ということを忘れて男性を演じた」舞台挨拶レポート | アニメ!アニメ!

実写映画「ゴクドルズ」女性陣は「女優ということを忘れて男性を演じた」舞台挨拶レポート

2月9日、映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』が公開記念舞台挨拶を開催した。 会場には白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜、桜田通、菅谷哲也らキャスト陣と原桂之介監督が登壇。鑑賞後の熱気に包まれるなかでのイベントとなった。

ニュース 映画/ドラマ
『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』公開記念舞台挨拶スチール(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』公開記念舞台挨拶スチール(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会 全 3 枚 拡大写真
2月9日、前日より封切られた映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』が、東京・新宿バルト9にて公開記念舞台挨拶を開催した。
会場には白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜、桜田通、菅谷哲也らキャスト陣と原桂之介監督が登壇。上映後の舞台挨拶ということで感想を言い合う声が聞こえるなど、鑑賞後の熱気に包まれるなかでのイベントとなった。

本作は極道を貫いてきた男たちがまさかのアイドルデビューを果たす、女体化アイドル・コメディ。誰も見たことのない“ヤクザでありながらアイドル”という葛藤がコミカルに描き出された、「ヤングマガジン」に連載中のマンガの実写映画化作品だ。

極道役を演じるにあたって大変だったことについては、白洲が「僕ら3人は撮影に入る前から、仲が良くて兄弟感があったのでそこは問題なかったです。ただ、今回2人で1人の役を演じないといけなくて、女の子たちが男役も極道役もアイドル役も演じなくてはいけなくて大変そうだなと思っていました」とコメント。
これを岡本が「本当に兄弟みたいな仲良しの3人でね。私たちにも演じやすい空気を作ってくださってました」と受け継ぐと、柾木は「作ってました」と切り返す。

芝居における苦労の話題では、岡本が「みんな口が悪くなるくらい、普段から男っぽいお芝居を目指していたので女優ということを忘れて男性を演じた2か月でした。それぞれ2人で1人を演じていたので、それぞれの俳優さんを研究する時間があったんですが、私は白洲さんがお酒を飲む仕草が印象的でよく真似してました」とのエピソードを披露。
松田は「台詞に対しては抵抗はなかったです。アクションとダンスの練習が大変でした」ということで、これには坂ノ上も「練習した時間が役作りにもなりましたね」と続いた。

また坂ノ上演じるチカは、葛藤の末にアイドルが楽しくなるという役どころだが、これについては坂ノ上が「映画の中だけだと全6曲?とんでもない数の曲を、短時間で歌とダンスをいれないといけなくて」「映画という作品の中のアイドルのライブという作品を作っていたので、それをみんなで作れたのがとても楽しかったです」と回想する。

演出で大変だったことについて、原監督は「任侠、アイドル、色んな要素がてんこ盛りの作品。キャストが大変な作品はスタッフももちろん大変なんですが、答えが分からなくて悩むたびに、周囲のキャストやスタッフが答えを見せてくれて」「日本の映画の現場で、若い人たちの可能性がたくさん見れる良い現場でした」と振り返った。

このほかフォトセッションでは、岡本が当日の衣装を「同じ役を演じた者同士で衣装の色がリンクしてるんですよ!」と解説。柾木と坂ノ上が黄色、花沢と松田が紫、とリンクしていたが、白洲には岡本と同じ赤が見つからず「赤、赤茶色はあるよ」と白洲がフォローする場面もあった。

そしてイベントの最後には、白洲と岡本の「極上アイドルー!」という掛け声に、「ゴクドルズー!」と会場中がレスポンス。始終キャストも観客も笑顔の絶えないなかで、舞台挨拶が締めくくられた。

映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』
2月8日(金)より公開中
原作:ジャスミン・ギュ「Back Street Girls」(講談社「ヤンマガKC」刊)
脚本:増本庄一郎 伊藤秀裕
監督:原桂之介
出演:
白洲迅 柾木玲弥 花沢将人 
岡本夏美 松田るか 坂ノ上茜
菅谷哲也 浅川梨奈
小沢仁志 桜田通 / 大杉漣(友情出演)
岩城滉一
製作:映画「ゴクドルズ」製作委員会
制作プロダクション:エクセレントフィルムズ
配給:東映

(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集