「ペット2」吹き替え版に設楽統ら主要声優陣が続投! 物語のはじまり告げる最新映像も公開 | アニメ!アニメ!

「ペット2」吹き替え版に設楽統ら主要声優陣が続投! 物語のはじまり告げる最新映像も公開

映画『ペット2』の吹き替え版に、主人公マックス役の設楽統(バナナマン)ら前作の主要声優陣の続投が決定した。また最新映像として、マックスがケイティと病院を訪れる物語のはじまりのシーンも公開された。

ニュース 映画/ドラマ
『ペット2』場面カット(C)Universal Studios.
『ペット2』場面カット(C)Universal Studios. 全 2 枚 拡大写真
映画『ペット2』(2019年夏ロードショー)の吹き替え版に、前作の主要声優陣の続投が決定した。主人公マックス役の設楽統(バナナマン)をはじめ、相棒デューク役を日村勇紀(バナナマン)、飼い主ケイティ役を佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役を永作博美が引き続き担当する。
また最新映像として、マックスがケイティと病院を訪れる物語のはじまりのシーンも公開された。

『ペット2』は、「飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう」という誰もが考えたことのあるペットたちの裏側を、個性豊かな愛くるしいキャラクターでユーモラスに描き出した『ペット』の続編にあたるシリーズ最新作。
2016年夏に公開された前作は、日本においてもユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1となる初日興収を叩き出し、2016年の洋画成績ランキングでも4位にランクインするなど話題となった作品だ。

このたび主人公マックスの吹き替え声優を続投することになった設楽は、この決定について「2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当に嬉しいです」とコメント。
前作の大ヒットを受けて「(声優を務めるのは)約3年振りですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね」と構えるものの、「まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と、その内容に全幅の信頼をおいている様子をうかがわせる。

またアフレコ本番に向けては、「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスになりきりたい思います!」と既に気合十分。
最後に公開を待ちわびるファンへ「今回も期待を裏切らない内容であることは間違いないですし、おなじみのキャラクターの他にも新キャラクターもでるみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていて欲しいです!」と呼び掛けた。


さらに最新映像として、マックスがケイティと病院を訪れる物語のはじまりのシーンも公開された。「散歩に行かない?」と連れ出されたマックスだったが、行き先はなんと行動障害の名医がいる病院。マックスは必死に抵抗するも、診察を受けることになってしまう。
病院の待合室にいるのはおかしなペットたちで、マックスも不安になるばかり。「もっとおかしくなるわよ」というクロエのセリフからも、今後の展開が気になる内容に仕上がった。

『ペット2』は、2019年夏に全国公開。

『ペット2』
監督:クリス・ルノー
脚本:ブライアン・リンチ
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
現題:The Secret Life of Pets 2/全米公開6月7日(予定)
配給:東宝東和

(C)Universal Studios.

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集