2018年で一番好きなTVアニメは?3位「はたらく細胞」、2位「銀魂」、栄えある1位は… | アニメ!アニメ!

2018年で一番好きなTVアニメは?3位「はたらく細胞」、2位「銀魂」、栄えある1位は…

2018年も数多くのTVアニメが放送されました。10月クール作品も佳境を迎えており、終わってしまうのが悲しいと思いつつ、早く来週の放送が見たいと毎日心躍らせている方も多いのではないでしょうか。

ニュース そのほか
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」 (C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project/「宇宙よりも遠い場所」(C)YORIMOI PARTNERS/「SSSS.GRIDMAN」(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」 (C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project/「宇宙よりも遠い場所」(C)YORIMOI PARTNERS/「SSSS.GRIDMAN」(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会 全 28 枚 拡大写真
2018年も数多くのTVアニメが放送されました。10月クール作品も佳境を迎えており、終わってしまうのが悲しいと思いつつ、早く来週の放送が見たいと毎日心躍らせている方も多いのではないでしょうか。

そこでアニメ!アニメ!では、昨年に引き続き、今年もアニメ総選挙を開催。2018年放送作品の中から「一番好きなTVアニメ」のアンケートを実施しました。
12月5日から12日の応募締め切りまでに寄せられた回答は216票。男女比は男性50.9%、女性49.1%と、ほぼ半々の結果に。年齢層は19歳以下が約39.4%、20代が約32%と若年層が中心でした。
その中から1位に選ばれたのは、一体どの作品なのでしょうか?

■トップは南極を目指す女子高生たちの奮闘を描いた『宇宙よりも遠い場所』


(C)YORIMOI PARTNERS
1位に輝いたのは、『宇宙よりも遠い場所』。支持率は11%でした。群馬県の高校に通う玉木マリが、南極を目指す少女・小淵沢報瀬との出会いをきっかけに、のちに出会う三宅日向、白石結月とともに南極を目指す姿を描いたオリジナル作品です。

「こんなにも泣けるのか?というくらい何度みても泣けた作品」「一番感動したから。非常に面白くかつ完成度が高く、大好きだと胸を張って言える」など、絶賛コメントが多数寄せられました。
さらに、本作はニューヨーク・タイムズが発表した「ベストTV 2018 インターナショナル部門」(The Best International Shows)に選出されました。日本のアニメが「The Best International Shows」に選出されるのは、2016年の『僕のヒーローアカデミア』以来2回目の快挙。世界的に認められた作品となりました。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
2位は『銀魂 銀ノ魂編』。支持率は7.8%でした。最終章なだけあり、「後半戦」も5位にランクインするなど、注目度が高かった作品です。これまでとは一線を画しシリアスな展開が続き、毎週ハラハラしながら画面を見つめる方もいたのではないでしょうか。

また、アニメと並行して原作の方も最終回に向けて手に汗握る展開となっていたため、「2018年は銀魂に振り回されました…」という声も。最終話はあいかわらずの“銀魂らしさ”を見せてくれました。

「はたらく細胞」(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
3位は支持率5%で『はたらく細胞』。“人の体内で働く細胞たちの働きを擬人化”という斬新な設定で話題になったほか、キャラクターたちも特徴的で、「2018年一番好きだったキャラクター」のランキングも賑わせてくれました。

2018年で一番好きなキャラは?【女性キャラ編】3位「はたらく細胞」赤血球、2位「銀魂」神楽、1位は…

2018年で一番好きなキャラは?【男性キャラ編】100憶の男“安室透”を超えたのは…

また15位の『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』は、2018年は『エヴァンゲリオン』とのコラボ回が大きな話題に! 新幹線「500 TYPE EVA」の「シンカリオン」変形や緒方恵美さん演じる碇シンジの登場を筆頭に、同エピソードはさまざまな『エヴァンゲリオン』ネタが満載。音楽もファン垂涎の曲が使用されました。

ハヤトと共に戦う、「シンカリオン 500 TYPE EVA」運転士の碇シンジ/TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBSハヤトと共に戦う、「シンカリオン 500 TYPE EVA」運転士の碇シンジ/TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS
同じく15位『ポプテピピック』は、これまでにない斬新な番組構成と声優陣のキャスティングが注目を集めました。放送時のうねりのような盛り上がりは度々ネットニュースとしても取り上げられ、アニメファンではない人たちにも認知度が高い作品になったと言えるでしょう。

「ポプテピピック」(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
2018年もさまざまな作品がテレビを彩ってくれました。果たして2019年はどんなアニメが盛り上がりを見せるのか? 胸踊らせて新年を待ちたいですね。

■ランキングTOP20


[2018年で一番好きなTVアニメは?]

1位 宇宙よりも遠い場所
2位 銀魂 銀ノ魂篇
3位 はたらく細胞
4位 僕のヒーローアカデミア
5位 ゆるキャン△
5位 銀魂 銀ノ魂篇(後半戦)
5位 BANANA FISH
8位 SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)
9位 アイドリッシュセブン
9位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
11位 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
11位 ソードアート・オンライン アリシゼーション
13位 ゴールデンカムイ
13位 シュタインズ・ゲート ゼロ
15位 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION
15位 ダーリン・イン・ザ・フランキス
15位 刀使ノ巫女
15位 ポプテピピック
15位 ヒナまつり
15位 色づく世界の明日から

(回答期間:2018年12月5日~12月12日)

《米田果織》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集