「スーパー戦隊」43作目モチーフは“恐竜×騎士”! 「騎士竜戦隊リュウソウジャー」3月スタート | アニメ!アニメ!

「スーパー戦隊」43作目モチーフは“恐竜×騎士”! 「騎士竜戦隊リュウソウジャー」3月スタート

2019年3月からスタートする「スーパー戦隊シリーズ」最新43作目のタイトルが『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に決定。「恐竜」と「騎士」をかけ合わせた、これまでにない新しい“恐竜戦隊”の活躍が繰り広げられる。

ニュース 映画/ドラマ
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映 全 1 枚 拡大写真
2019年3月からスタートする「スーパー戦隊シリーズ」最新43作目のタイトルが『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に決定。「恐竜」と「騎士」をかけ合わせた、これまでにない新しい“恐竜戦隊”の活躍が繰り広げられる。

物語の始まりは、6,500万年前。地球に君臨していた強大な力を持つドルイドン族は、巨大隕石が接近してきたときに「いつか地球に再び支配者として帰ってくる」と言い残し、地球を捨てて宇宙へ脱出。
一方、邪悪なドルイドン族に対抗していたリュウソウ族は地球に残り、巨大隕石の衝突・氷河期の到来を乗り越えて、いつか戻ってくる敵に備えて仲間の恐竜(=騎士竜)の力を各地に封印した。
時は流れ、ドルイドンが地球へ帰還するとき、恐竜の力を身にまとう騎士“リュウソウジャー”がその使命に覚醒し、戦いの火ぶたが切って落とされた……。

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のモチーフは、過去の『恐竜戦隊ジュウレンジャー』『爆竜戦隊アバレンジャー』『獣電戦隊キョウリュウジャー』でもお馴染みの「恐竜」と、正義の魂をそなえた「騎士」。
ティラノサウルスの力をもつ「リュウソウレッド」、トリケラトプスの力をもつ「リュウソウブルー」、アンキロサウルスの力をもつ「リュウソウピンク」、タイガーサウルスの力をもつ「リュウソウグリーン」、ニードルサウルスの力をもつ「リュウソウブラック」の5人編成だ。

リュウソウジャーのデザインは、恐竜と西洋騎士の兜がアレンジされたマスクと、リュウソウケンと呼ばれる剣が特徴。個々の性格に合わせてスタイルが異なるソードアクションを繰り広げ、さらにリュウソウケンに“恐竜=騎士竜”たちの力を封じ込めたリュウソウルを装着することで、“竜装”という武装も可能。タイトルの『騎士竜戦隊リュウソウジャー』とは、“恐竜の力を身にまとって戦う騎士”との意味も込められてつけられた。

本作の脚本は、ドラマ『遺留捜査』や映画『不能犯』『honey』などを手がけた山岡潤平。そしてパイロット監督は「平成仮面ライダー」シリーズを手がけてきた上堀内佳寿也。「スーパー戦隊」シリーズを初めて手掛ける両名が、新たな息吹をもたらすことを期待したい。

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』は、2019年3月17日9時30分より放送開始。

スタッフ
(チーフプロデューサー) 佐々木基(テレビ朝日)
(プロデューサー)  井上千尋(テレビ朝日)
丸山真哉(東映)
高橋一浩(東映)
矢田晃一(東映エージエンシー)
深田明宏(東映エージエンシー)
菅野あゆみ
(原作) 八手三郎
(脚本) 山岡潤平
(音楽) 吉川清之
(監督) 上堀内佳寿也 ほか
(アクション監督) 福沢博文
(特撮監督) 佛田 洋(特撮研究所)

(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

《MoA》

【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集