宮野真守、クリスマスの思い出は? 「グリンチ」ナレーション秘話&魅力を明かす【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

宮野真守、クリスマスの思い出は? 「グリンチ」ナレーション秘話&魅力を明かす【インタビュー】

2018年12月14日に公開を迎える、イルミネーション・エンターテインメントの最新作『グリンチ』よりナレーションを務める宮野真守さんにインタビュー。本作の魅力から、宮野さんにとって思い出深いクリスマスエピソードなどをうかがった。

インタビュー 声優
宮野真守さん
宮野真守さん 全 14 枚 拡大写真
『怪盗グルー』シリーズで人気キャラクター“ミニオン”を生み出した、イルミネーション・エンターテインメントの最新作『グリンチ』が、2018年12月14日に公開を迎える。
原作は、2000年にはジム・キャリー主演で実写化もされた絵本作家ドクター・スースの名作童話。特別なクリスマスを祝おうと賑わうフーの村を舞台に、クリスマスが大嫌いなひねくれ者・グリンチが巻き起こす騒動を描く。

映画『グリンチ』の世界観をナレーションで彩るのは、イルミネーション作品にはお馴染みの声優・宮野真守さん。全体を優しく包むような視点で、時に見ている人を心地よく導いていく。
宮野さんは本作の魅力をどう捉えているのだろうか。さらに宮野さんにとって思い出深いクリスマスエピソードとは? お話をうかがった。
[取材・構成=細川洋平]

映画『グリンチ』



2018年12月14日全国ロードショー

■グリンチに寄り添い、心地良い空気感をナレーションで表現


――『グリンチ』という作品のことは以前からご存じでしたか?

宮野
名前は知っていましたけど、なんだかんだちゃんと作品に触れたことはなかったんですよね。今回お話をいただいた時に、ジム・キャリーが主演をしていた「あの『グリンチ』なんだ」と知ってすごく楽しみになりましたし、より興味が湧きました。

原作も今まで知らなかったのがもったいないと思うくらいすばらしいんですよね。ジム・キャリーさんのものも、もちろん今回の『グリンチ』もすごくコミカルにエンターテイメントの世界観で描かれているのですが、原作はドクター・スースが描いた絵本でアメリカ本国ではサンタクロースに並ぶくらい国民的キャラクターなんです。「これはまた大きな作品に参加できたんだな」と思いました。

それにドクター・スースの原作であるということは、ナレーションにも大きく影響したんです。


――というのは?

宮野
原作の地の文はドクター・スース本人の言葉として書かれているようなところもあって、それが彼ならではの語り口になっているんです。
リズム感や韻を踏んでいる面白さ……ナレーション収録時にそういったものを意識してほしいと演出の方に言っていただきました。

――絵本が持つ面白さを大事にしている。

宮野
ドクター・スースが描いた絵本は世界各国で翻訳されて、それぞれの国の言葉で愛されているので、日本なら日本らしい韻の踏み方や言葉遊び、抑揚がある。今回のナレーションでは、日本らしさを出していけたらいいなと思いました。


――なるほど。

宮野
ちなみに、本番収録に先立ってナレーションの温度感のようなものを決めるボイステストを行なったんです。このテスト音声を一度アメリカに送って日本語の持っているリズム感や語り口をすり合わせていくというものだったのですが、そこで僕はまず「寿限無」を読んだんですよ(笑)。

――おお、古典噺の「寿限無」ですね。日本語の空気感を伝えるためには確かにいいお手本かもしれません。

宮野
そして、本番の収録では日本の語り口を入れながらも『グリンチ』の世界観の中で心地いい空気感をナレーションで見せていく。
時にはグリンチに寄り添って、その心情を表現していくためにはどういったニュアンスがあるのかなとか。探りながら細かく細かくこだわってナレーションしていきました。


――韻を踏んだナレーションもたくさんありとても印象的でした。

宮野
日本語に翻訳される時点で日本人の耳に心地いいような言葉になっていますからね。そこはしっかり気持ちよく語っていきたいなと思いました。

→次のページ:宮野さんのクリスマスの思い出は?
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《細川洋平》

【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集