『キリングバイツ』赤﨑千夏&原田彩楓インタビュー 自分が獣闘士だったら? 妄想「牙闘」開戦 | アニメ!アニメ!

『キリングバイツ』赤﨑千夏&原田彩楓インタビュー 自分が獣闘士だったら? 妄想「牙闘」開戦

インタビュー 声優

『キリングバイツ』赤﨑千夏&原田彩楓インタビュー 自分が獣闘士だったら? 妄想「牙闘」開戦
『キリングバイツ』赤﨑千夏&原田彩楓インタビュー 自分が獣闘士だったら? 妄想「牙闘」開戦 全 13 枚 拡大写真
人の頭脳と獣の力を併せ持つ“獣人”達が繰り広げる死闘「牙闘(キリングバイツ)」。主人公・ヒトミをはじめ、獣闘士(ブルート)たちの命を懸けた戦いを描くTVアニメ『キリングバイツ』もそろそろ放送終盤に差し掛かっています。
今回「アニメ!アニメ!」では、Webラジオ『Radioキリングバイツ~獣人ウォッチング~』のパーソナリティを務める赤﨑千夏さんと原田彩楓さんにインタビューを実施。
「牙闘」管理局員・篠崎 舞(しのざきまい)、そしてヒトミと同じクラスの女子高生・乃塒押絵(のどぐろおしえ)という、直接戦闘を行わないキャラクターを演じるお二人から見る「キリングバイツ」観、そして「もしも自分達が獣闘士になったら?」という”妄想「牙闘」”に迫りました。
【取材・構成=小野瀬太一朗】

【戦わない立場のキャラクターを演じるお二人から見て、注目の獣闘士はいますか?】
原田さん)「ラーテル」の瞳ちゃんです。
私の演じる押絵というキャラクターが、瞳ちゃん一筋な女の子なんですが、私自身も一番気になります。


赤﨑さん)私は、日常で触れる機会が少ない動物の獣闘士に注目しちゃいます。
その動物の持つ特性や能力を知れるのがすごく興味深くて。
例えば、「シベット」の元の動物・ジャコウネコは、存在自体は知っていたんですが、どういう特性を持っているのかは今回初めて知りました。
『キリングバイツ』はそれぞれの個性を上手く戦闘能力に落とし込んでいて、面白いですよね。


【日常であまり馴染ない動物の獣闘士の中で、赤﨑さんがその生態に一番驚いたのはどのキャラでしょう?】
赤﨑さん)「パンゴリン」ですね。
名前を聞いた時は「どんな動物なのかな? 名前的に、パンダに近い動物なのかな?」という印象だったんですが、とにかく強いキャラクターとして描かれていて。
元々は知らない動物でしたけど、無敵じゃないかと思うほどの能力を持っていてびっくり。

【『キリングバイツ』はバトルだけでなく、諏訪部順一さんの解説(ナレーション)で様々な動物の生態を学べるのも楽しいですよね】
赤﨑さん)みんな大好きなのが、「ヒポポタマス」を解説した「カバは速い!」の一言ですね(笑)。
それまでは、諏訪部さんのナレーションで笑いは起きていなかったのに、何故かカバの時だけ……。


原田さん)アフレコ現場で皆さん笑ってましたね(笑)。
私も「カバは速い!」大好きです。

【お二人の中で、一番印象に残っているバトルシーンはどこでしょう?】
原田さん)「シベット」さんの能力で、「ラーテル」と「チータ」が獣欲を抑えられなくなるシーンです。
「ラーテル」役の雨宮天さんと「チータ」役の内田真礼さんのやり取りが、もうすごくて。
見てはいけないものを見ているような……そんな感覚に陥り、アフレコ中にプルプルしていました(笑)。


赤﨑さん)私は「ゲッコー」と「ティガ」のバトル。
それまで“強敵”として描かれてた「ゲッコー」が「ティガ」と相対して、「完全獣化したら勝てるか」って言った次の瞬間に一瞬で切られちゃってて。「ティガ」の強さが際立って描かれているシーンだなぁと、印象に残っています。




赤﨑さん)
でも、そんな「ティガ」よりも強い「パンゴリン」も出てきて。更なる強者がどんどん出てきて、誰が勝つのか予想のつかないところも『キリングバイツ』の魅力だと思います。

【もしもお二人が「牙闘獣獄刹(キリングバイツ デストロイヤル)」に参戦するとしたら、どんな獣人になりたいですか?】
原田さん)ハムスターを飼っているので、戦わないのであればハムスターになりたいんですけど、バトルの面で考えるとハムスターでは弱いかもしれないので。
そうだなぁ、猛禽類……あ、フクロウがいいですかねぇ。
夜行性なので夜は有利だし、爪も鋭そうなので、夜の闇に紛れて空中から「ガッ!」と狙う。「ラーテル」にも勝てそうかも?

赤﨑さん)私は、出来れば戦いたくないですね。
血を流したくないですし、平和がいいです。寿命で死ぬのが一番いい(笑)。
鷹とかになって離脱するか、それか絶対に負けない動物がいいから……あ、クマムシ!
どんな過酷な環境でも死なないクマムシなら絶対負けないし、ちっちゃいから見つからない。
「獣獄刹」中は、クマムシに獣化(?)して悠々と過ごします(笑)。

【「獣獄刹」は3人1組のチームに分かれて行われますが、お二人がチームメイトとして一緒に戦うなら誰がいいですか?】
原田さん)うーん、「パンゴリン」かな。
「パンゴリン」と一緒だったら、私、死なないと思います。


赤﨑さん)でも、味方でも「パンゴリン」にやられることもあるよ。
「ゴリラ」だって味方なのに「パンゴリン」にやられちゃったし。

原田さん)それは、自然に優しく、「パンゴリン」の気に障るようなことをしなければ大丈夫だと思います。
だから、頭にお花飾りでも付けて、自然大好きアピールを……。

赤﨑さん)ダメだよそれ! 花をむしって髪飾り作ってるんだから、一瞬でやられちゃうよ!

原田さん)あ! ダメだ!
じゃあ、頭に植木鉢を乗せましょう(笑)。

赤﨑さん)それで戦えるの(笑)?
私は「ティガ」&「チータ」の中西兄妹。
単純に強そうだし、ちゃんとチームワークも取れそう。
いとことして生まれてきて、兄妹の間に入れてもらいます。




【では、戦いたくない相手は誰でしょう?】
赤﨑さん)「パンゴリン」ですよ。そりゃ、あんな強いやつ戦いたくないですよ。
……あ、待ってください。普通に考えたら「コブラ」だな(笑)。
「パンゴリン」は、自然に優しくしてたら大丈夫そうですが、「コブラ」は人間としての根っこがヤバいので勘弁願いたいですね。


原田さん)私も「コブラ」が一番嫌(笑)。
あ、でもシベットも嫌ですね。
自分の力で制御出来ない本能を呼び覚まされちゃうと、どうにもならないし。

赤﨑さん)「シベット」とのバトル、観てる分には美味しいけどね(笑)。

【お二人が獣人になったらどのような必殺技を持っているでしょう?】
赤﨑さん)私はクマムシの獣人なので、防御重視。「まもる」です。
負けはしないけど、勝ちもしない(笑)。
長期戦に持ち込んで、相手が根負けして降参するのを待ちます。

原田さん)私はフクロウだから、猛禽類の持つ爪の鋭さを活かしたいですね。
獲物に向かって滑空しながら爪で「ザッ!」と攻撃。
技名は、うーん……。飛びながらの爪攻撃だから「フライングネイル」で。

クマムシの獣人 (イラスト:赤﨑さん)
クマムシの獣人 (絵:赤﨑さん)


フクロウの獣人(イラスト:原田さん)
フクロウの獣人(絵:原田さん)


【ちなみになのですが、お二人が私生活で困ったときに使っている必殺技とかあったりしますか?】
赤﨑さん)私生活で使う必殺技は「マイクロウェーブ」。
冷凍食品を電子レンジでチン、です(笑)。
「やばい! 家に何もごはんがない! けどお腹減った!」というときはチンしますよね。
時間と気持ちに余裕があれば自分で料理することもあるのですが、そんなに頻繁ではないので、まあまあ「マイクロウェーブ」を使っています。

原田さん)私は今大学に通っているんですけど、授業中に眠くなるんです。
その時に使う必殺技が「スリーピング・イン・ザ・スクール」(笑)。

赤﨑さん)「スリーピング・イン・ザ・スクール」したら、寝ちゃうじゃん!
起きる必殺技じゃないんだ……(笑)。

原田さん)どうしても眠い時は「しょうがない、寝よう!」って、諦めます。
あらかじめ後ろの方で人影に隠れるように座って、片手でペンを持ち、もう片手で頬杖を付き、そしてバレないように前髪で顔を隠して「スリーピング・イン・ザ・スクール」を。
この必殺技を使う頻度は、1週間、いや1ヵ月に1回くらいっていうことにしておきましょう……(笑)。

【「アニメ!アニメ!」では獣人になったお二人が戦った場合、どちらが勝つのかを読者アンケートを通じて予測してもらおうと思います。なので、最後にバトルへの意気込みをお願いします】
原田さん)クマムシに、勝てるかなぁ……(笑)。

赤﨑さん)クマムシは負けはしないだろうけど、でも勝てるかは別問題でしょう(笑)。

原田さん)うーん。
クマムシは小さいので、フクロウなら丸飲みに出来ちゃうと思うんですよ。
そしたらもう探したもん勝ち。
一生懸命探し出したら丸飲みにして、胃酸で溶かしましょう!

赤﨑さん)探し物は得意?

原田さん)探し物は……苦手です(笑)。
無くしたものは無くしたまんまっていう。

赤﨑さん)ダメじゃん!

原田さん)探し出すための戦略はここから練ります(笑)!

赤﨑さん)見つけられるかね~。
まあ、どっちも手が出せないで無効試合になるかもね(笑)。

――クマムシになって防御に徹する赤﨑さん、そしてフクロウになって相手を狙う原田さん。両者が戦った場合、勝つのはどちらなのか……。是非、以下のアンケートから勝者を予想してみてください。結果は後日発表予定です。お楽しみに!

《小野瀬太一朗》

【読者アンケート】

クマムシになって防御に徹する赤﨑さん、フクロウになって相手を狙う原田さん、戦ったら勝つと思うのはどっち?

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集