「フェリシーと夢のトウシューズ」舞台挨拶 黒木瞳が宝塚時代のエピソードを披露 土屋太鳳も驚き | アニメ!アニメ!

「フェリシーと夢のトウシューズ」舞台挨拶 黒木瞳が宝塚時代のエピソードを披露 土屋太鳳も驚き

ニュース アニメ

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』土屋太鳳、黒木瞳
映画『フェリシーと夢のトウシューズ』土屋太鳳、黒木瞳 全 1 枚 拡大写真
8月12日、映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台挨拶が行われた。会場の新宿ピカデリーには日本語吹替版で声優を務めた土屋太鳳と黒木瞳が登壇した。

主人公・フェリシー役の土屋太鳳は真っ赤なドレスと赤いヒール、オデット役の黒木はシルバーを基調とした凛とした装いで登場。作中のキャラクターを思わせる佇まいに客席から歓声が上がった。
土屋は「今日はお越し頂きましてどうもありがとうございます。海の向こうの様々な国で愛された作品がいよいよ日本で公開になりとてもうれしいです」と公開を迎えた喜びを語る。黒木は「私も大好きな作品なので、今日こうして初日を迎えることができて心からうれしいです。日本公開が決まる前にフランスで観たのですが、言葉が分からなくてもとても楽しく、感動して(映画って)万国共通なんだと思いました。日本で公開されたらいいな、と思っていましたがこのような形で参加でき光栄です」と胸の内を明かす。

アフレコは別々だったため、今日が初対面だったという二人。土屋は黒木について「素敵すぎて胸がいっぱいです!」と大感激。「黒木さんの声で命が吹き込まれたことを実感して、感動しました」と緊張しながらも思いを伝えた。
それを受けて黒木も「(作品を通じて接していたので)土屋さんとは初めてお会いした感じが全くしませんでした。わたしの特訓でオペラ座の舞台に立った子! という感じです(笑)」と笑顔を見せた。

フェリシーがオデットと行う猛特訓について話題が移ると、黒木は宝塚時代のエピソードを披露。初めて台詞のある役をもらったとき、動きながら台詞を言うために、毎日「ハー」とだけ言って教室をぐるぐる回る特訓を2週間近くも続けていたことを告白する。
それを受けて、舞台の準備中だった土屋は「なるほど…。今すごくそれで悩んでいる時だったので勉強になります!」と思わぬアドバイスに真剣な表情を浮かべる一幕も飛び出した。
最後は土屋が「夢に向かって夢を掴むというのは、沢山のことに気付くということだと思います。この作品で描かれている(上手くいかない時の)切なさや、きらめきが、スクリーンで味わえます。ぜひ何回も足を運んで楽しんで頂きたいです。今日はどうもありがとうございました」と観客に向けてメッセージを送り、晴れやかに舞台挨拶を締めくくった。

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』

初日舞台挨拶
日時:8月12日(土) 10:40~11:10
会場:新宿ピカデリー スクリーン3
登壇:土屋太鳳、黒木瞳 /MC:伊藤さとり

(c)2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/