超大作「パシフィック・リム」 ギレルモ・デル・トロ監督と菊地凛子が来日決定 | アニメ!アニメ!

超大作「パシフィック・リム」 ギレルモ・デル・トロ監督と菊地凛子が来日決定

8月9日より映画『パシフィック・リム』が全国ロードショーとなる。映画公開に先駆けて、ギレルモ・デル・トロ監督の来日が決定した。日本を訪れるのは5年ぶりで、キャストの菊地凛子さんと共に7月27日に到着する予定だ。

ニュース 映画/ドラマ
ギレルモ・デル・トロ監督
ギレルモ・デル・トロ監督 全 2 枚 拡大写真
8月9日より映画『パシフィック・リム』が全国ロードショーとなる。本作の監督を務めるのは『パンズ・ラビリンス』や「ヘルボーイ」シリーズを手掛け、世界中で熱狂的な支持を集めるギレルモ・デル・トロさんだ。
ハリウッドNo1の日本オタクとしても知られる彼が、映画公開に先駆けて5年ぶりに来日することが決定した。キャストの菊地凛子さんと共に、7月27日に到着する。

ギレルモ・デル・トロ監督はメキシコ出身で、スパニッシュ文化圏からハリウッドに参戦した。アカデミー賞受賞作『パンズラビリンス』などの作品で大きな注目を集めた。
また、監督は日本の特撮やアニメのファンとしても知られている。世界で一番影響を受けたクリエイターには宮崎駿さんを上げ、押井守さんや大友克洋さん、高畑勲さん、樋口真嗣さんなど多くのクリエイターたちとの親交も深い。前回の2008年に来日した際には、スーツケース11個分の日本の玩具を買って帰ったというエピソードさえ持っているほどだ。

『パシフィック・リム』では人類を脅かす巨大生命体の総称を"KAIJYU"(怪獣)と命名。日本版ポスターでは特撮映画に欠かすことのできない東京タワーを登場させるなど、日本への愛情も深い。今回の来日ではどのようなエピソードを振りまいてくれるのか、今から楽しみである。

監督は本作について「もし子供の時に観ていたら、イェーガー・パイロットになりたいと思えるような映画にしたかった」と語った。作中に登場する人型巨大兵器イェーガーを魅力的に描いたようだ。
そして、内容については「とてもオペラ的で、強烈なインパクトをもたせた。闘いはとても強烈で、観客自身が実際に闘っているような感覚になるはずだ」と、自信のコメントを寄せている。最新のVFXを駆使したアクションシーンに期待したい。
[高橋克則]

『パシフィック・リム』
2013年8月9日新宿ピカデリー他 3D/2D同時公開
配給: ワーナー・ブラザース映画
/http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/

《animeanime》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集