「ポケモン ダイパリメイク」ポケッチのアップグレードで“ひでん要員”たちがまさかのリストラ? | アニメ!アニメ!

「ポケモン ダイパリメイク」ポケッチのアップグレードで“ひでん要員”たちがまさかのリストラ?

これまでの旅に欠かせなかった“ひでん要員”たちの立場や如何に…。

ニュース ゲーム
注目記事
『ポケモン ダイパリメイク』ポケッチのアップグレードで“ひでん要員”たちがまさかのリストラ?
『ポケモン ダイパリメイク』ポケッチのアップグレードで“ひでん要員”たちがまさかのリストラ? 全 3 枚 拡大写真

2021年11月19日に発売される『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ダイパリメイク)ですが、これまでに公開された情報によれば、旅に必要不可欠な「ひでんわざ」がゲーム内アイテム「ポケッチ」の機能の一部になる模様。旅がよりスムーズになる一方で、いわゆる「ひでん要員」として活躍していたポケモンたちはその役割を失ってしまうかもしれません…。

リメイク元の『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(ダイパ)では、序盤から入手可能なこともあって、主にムックルビッパが「ひでん要員」として採用されてきました。ムックルは、マップ移動を捗らせる「そらをとぶ」やダンジョン内の霧を晴れさせる「きりばらい」の使い手として、ビッパは、ビーダルに進化すると「そらをとぶ」と「きりばらい」以外の「ひでんわざ」を全て補完できるため、それぞれが優秀な「ひでん要員」としてトレーナーの旅をサポートしてきたのです。

しかし、『ダイパリメイク』にて「ポケッチ」がすべての「ひでんわざ」をカバーするとなると、その立場は危うくなってしまいそう。これまでトレーナーたちの旅を支え続けてきた「ひでん要員」たちは、もう“いらない子”になってしまうのでしょうか…。

ひでん要員以外のポジションは?

まずムックルですが、ムクバードを経てムクホークに進化することで、高い“こうげき”を活かした主力アタッカーとしての活躍が期待できます。また、くさタイプの使い手であるジムリーダーのナタネや、かくとうタイプをメインに使用するジムリーダーのスモモに対しては、最初に選んだ“御三家ポケモン”以上の働きを見せてくれるはず。

続いてビーダルですが、実はノーマルタイプの他、みずタイプにも属しており、最初にポッチャマを選ばなかったトレーナーにとっては貴重な“みずタイプ枠”として役に立ってくれるでしょう。また、これまでは技の枠を全て「ひでんわざ」で埋め尽くされがちでしたが、実は“技のデパート”と言っても過言ではないほど様々な技を覚える優秀なポケモンなのです。

たとえば「わざマシン」を用いることで、「10まんボルト」や「れいとうビーム」といった強力な技を習得可能。これにより、幅広いタイプのポケモンへ対応することができます。さらにレベルアップで覚える「いかりのまえば」は、相手の体力を半分に削る効果があるため、“捕獲要員”としても活躍してくれるはず。

このように、たとえ元の役割を失ったとしても、多方面で高いポテンシャルを発揮してくれるのは間違いないでしょう。どうか『ダイパリメイク』でも、元「ひでん要員」たちへの変わらぬご愛顧を…。

『ポケモン ダイパリメイク』ポケッチのアップグレードで“ひでん要員”たちがまさかのリストラ?

《サワディ大塚》

この記事はいかがでしたか?

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]