「ウマ娘」ゴールドシップで“アオハル杯”に臨む! ゴルシを“徹底管理”で命を削れ――【プレイレポ】 | アニメ!アニメ!

「ウマ娘」ゴールドシップで“アオハル杯”に臨む! ゴルシを“徹底管理”で命を削れ――【プレイレポ】

徹底管理主義vs自由の象徴。『ウマ娘』新育成シナリオ「アオハル杯」のプレイレポをお届け。なお、担当ウマ娘はゴルシです。

ニュース ゲーム
注目記事
『ウマ娘』ゴールドシップで臨む「アオハル杯」プレイレポ―ゴルシを徹底管理?無理に決まってるだろ!
『ウマ娘』ゴールドシップで臨む「アオハル杯」プレイレポ―ゴルシを徹底管理?無理に決まってるだろ! 全 42 枚 拡大写真

スマホ/PC向け育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』にて、新育成シナリオ「アオハル杯~輝けチームの絆~」が実装されました。


担当ウマ娘1人を集中的に育成していた「新設!URAファイナルズ」と異なり、アオハル杯はチーム対抗戦。はたしてどんな育成が待っているのか?シナリオストーリーの紹介も交えながら、そのプレイレポートをお届けします。なお、私の担当ウマ娘は「ゴールドシップ」です。


◆徹底管理主義の樫本代理vs担当ウマ娘がゴールドシップのトレーナー





まずは「アオハル杯~輝けチームの絆~」のあらすじを紹介します。トゥインクル・シリーズとはまた別に、学園内で行われていたチーム対抗戦「アオハル杯」が復活。担当ウマ娘のためになればと、トレーナー(プレイヤー)も参加を決めます。


しかし、秋川理事長は長期海外出張で忙しいため、URA幹部職員「樫本理子」を理事長代理に任命し、学園運営および「アオハル杯」の管理を任せました。この樫本代理こそ、新シナリオの中心人物です。





彼女は徹底管理主義の持ち主で、ウマ娘のトレーニング内容から私生活に至るまでを徹底管理し、才能向上と怪我のリスク低下を目指す「管理教育プログラム」を宣言。また、チームなどの強い関係性を築くほど、無計画で情動的な判断をしかねないとし、「アオハル杯」も廃止します。


もちろん生徒達は猛反対。樫本代理も納得が得られないまま始めては効果がないと考え、アオハル杯で自分の育てたチームに勝利すれば、管理教育プログラムを撤廃すると約束しました。


トレーナーをはじめ、ウマ娘たちは「打倒!チーム!」を目標に、チームトレーニングを通して「アオハル杯」を戦い抜いていくこととなります。





このように、樫本代理はメインストーリーやアニメ版が描く“チームの絆”を否定するキャラクター。管理主義にも拍車が掛かっており、トレーナーとの初対面時には「ぬるい」と一言。自主トレーニングの容認や開始時刻の不徹底などを責められます。





でもちょっと待ってください。私の担当ウマ娘はゴールドシップなんです。時には「つまんねートレーニングメニュー指示したら「ゴルゴル☆トレーナー激流下り」だ!」とメニューを縛ってくる気まぐれオトメなんです。


つい数日前には「エデンを目指すぜ!」と無人島で遭難したり、たまにトレーニングよりも空を飛ぶことを優先したりと、やることなすこと破天荒なウマ娘なんです。





え?ゴルシの睡眠時間と日々の睡眠満足度を知っているかって?しょうがねーだろ!ゴルシは睡眠誘発生命体ネムクーナルの攻撃を受けてんだ!ただのトレーナーが謎の生命体にどう対処すればいいんだよ……。こっちは夜ふかし気味に震えるしかないんだぞ!


トレーニングから私生活まで、ゴルシを徹底管理するなんてまず不可能。やるとしてもトレーナーの命が持ちません。管理教育プログラムを何としても撤廃する必要があります。ゴルシに選ばれたゆえか、ここまで鬼気迫る思いで挑むことになるとは……。


◆ゴルシにかまってる暇がない!育成システムは選択肢が多い上級者向け





ここからは少し真面目に、新シナリオの育成システムを紹介します。根本的には「新設!URAファイナルズ」と変わらず、育成ウマ娘やサポートカードを選び、トレーニングを通して強いウマ娘を育てるのはそのまま。ただし、そこに“チームメンバーの育成”が加わるので、必然的に“1ターンごとの選択肢”が増えます。


チームメンバーの育成には、トレーニング時に発生する「アオハル特訓」が必要です。びっくりマーク(ヒント取得)と同じく、一定確率でキャラアイコンに表示。出現率は高く、ほぼ毎ターン誰かしらと「アオハル特訓」を行えます。





「アオハル特訓」を繰り返すと、トレーニング時のステータス大幅アップおよび、スキルヒントを確定で貰える「アオハル魂爆発」が発生。効果が大きい分、1人1回しか発生しないので、どのトレーニングで発生させるかも悩みどころです。


また、トレーニングレベルの上がり方も変更。チームメンバーの総合力に応じて、各トレーニングレベルが上がるようになりました。つまり、トレーニングレベルを上げるためにも、そして「アオハル杯」で勝利するためにも、「アオハル特訓」は必要不可欠なのです。





全トレーニングレベルが4~5!はじめはFランクでも、強くなれば夢の環境が待っています

とにもかくにも「アオハル特訓」を優先した私は、ある時ふと気がつきました。やばい、ゴルシに全然かまえてない!と。バラバラの練習をこなすため、ステータスは中途半端。レースに至っては目標レース以外、1つも出ていません。


これは気持ちの面にも当てはまります。正確に言えば、ゴルシも混ざったうえで「アオハル特訓」は行われるのですが、意識は“チームの育成はどうなっているのか”に向いており、ゴルシの育成が頭から抜け落ちていたのです。


ゴルシのトレーナーとしてあるまじき失態。真鯛を受け取る権利(バレンタイン)も、玉鋼を受け取る権利(クリスマス)もありません。私にはドロップキックすらもったいない……。





さて、軽く脱線しましたが、前述した通り「アオハル杯~輝けチームの絆~」は“選択肢が増えている”のです。絆ゲージを上げるか、アオハル特訓をするか、友情トレーニングを取るか、レースに挑むか、どこでアオハル魂爆発を行うか。考えることが多い分、「新設!URAファイナルズ」よりも上級者向けだと感じました。


チームやなど、1人で何人ものウマ娘を育成するアニメ版トレーナーたちの凄さを実感させられます。




『ウマ娘』ゴールドシップで臨む「アオハル杯」プレイレポ―ゴルシを徹底管理?無理に決まってるだろ!

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《茶っプリン》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]