「D_CIDE TRAUMERE」菅沼久義「声優としての集大成」神谷浩史からの激励に笑顔【レポート】 | アニメ!アニメ!

「D_CIDE TRAUMERE」菅沼久義「声優としての集大成」神谷浩史からの激励に笑顔【レポート】

6月22日、『D_CIDE TRAUMEREI(ディーサイドトロイメライ)』の新情報発表会とTVアニメ第1話先行試写会が実施された。

イベント・レポート アニメ
注目記事
「D_CIDE TRAUMERE」菅沼久義「声優としての集大成」神谷浩史からの激励に笑顔【レポート】
「D_CIDE TRAUMERE」菅沼久義「声優としての集大成」神谷浩史からの激励に笑顔【レポート】 全 2 枚 拡大写真

6月22日、サムザップ・ドリコム・ブシロードによる3社共同メディアミックスプロジェクト『D_CIDE TRAUMEREI(ディーサイドトロイメライ)』の新情報発表会と、TVアニメ『D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION』第1話先行試写会が秋葉原UDXシアターにて実施された。

登壇者は菅沼久義(古堅蘭堂役)、佐倉薫(天海える役)、紡木吏佐(橙田ありや役)、堀江瞬(伏辺或斗役)、高野麻里佳(伊吹咲愛莉役)、桑田栄顕(株式会社サムザップ代表取締役)、内藤裕紀(株式会社ドリコム代表取締役社長)、木谷高明(株式会社ブシロード代表取締役会長)。
新情報発表会の様子はYouTubeでも生配信され、ファンからの注目を集めた。

本作は菅沼が「声優としての集大成」と語るほど気合の入った大型プロジェクト。発表会の様子や、アニメ!アニメ!読者に向けた木谷からのコメントをお届けする。

「声優としての集大成」をぶつけた作品

本作はサムザップがゲームパブリッシャーを、ドリコムがゲーム開発を、そしてブシロードがアニメとメディアミックスを手がけるプロジェクト。

東京事変がテーマソング「獣の理」を担当したことでも話題となっており、スマートフォンアプリゲーム、アニメなどさまざまな媒体での展開が予定されている。

物語やメインキャラクターは媒体ごとに異なっているものの、つながりも多数。TVアニメは渋谷、そしてゲームでは雄大な自然が広がる由良島が舞台だ。

願望と引き換えに魂を捧げた魔物“ウィアード"を破壊する“ノッカーアップ”たちの戦いが、夢と現実を行き来しながら描かれる。
クトゥルフ神話要素やノスタルジックな世界観も魅力的だ。

菅沼はゲーム版の主人公である蘭堂役のオファーを受けたとき、身が引き締まる思いだったという。
「声優としての集大成となる作品。全てをぶつけていきます」と力強く語っていた。

謎だらけの作品だが、とくにタイトルの意味が気になっているキャスト陣。
高野は収録時にタイトルの意味を確認したため答えを知っているが、ほかのキャストはまだ考察中。ゲームやアニメに触れているうちに「D」に隠された意味に気づく仕組みになっているそうだ。

さらに台本を読んだときの感想を聞かれると、佐倉は「クトゥルフ神話らしい退廃感や恐怖があった」と回答。
えると蘭堂の出会うシーンにも不穏さがあふれているため、注目してほしいと語った。

アニメとゲームのつながりに期待!

ゲーム新情報の発表では、最新PVや場面カット、コマンドバトル画面、新キャラクターなどが公開された。

バトルは戦略性が強く、パーティー編成やバフとデバフの活用、技の発動タイミングなどが勝利への鍵となる。
また、技を発動するときはキャラクターの髪色が白く変わる演出や、迫力のあるイラストにも注目だ。

高野と堀江はアニメとのデザインの違いに注目し、「あのストーリーを経てこう成長したのか」と感慨深そうにコメントしていた。

本作では東京事変がアニメとゲームで共通のテーマソングを手がけているのもポイント。ゲーム内でも「落日」、「修羅場」などの名曲がバトルや物語を彩っている。
東京事変ファンである堀江は「選曲が素晴らしい」と太鼓判。情報が解禁されて以来、周囲に自慢していると嬉しそうに語った。

ゲーム内で使用できる18名のプレイアブルキャラクターの中には、アニメに登場する人物も多数。
一方で、蘭堂やえるなど、ゲームのキャラクターもアニメに登場しており、世界観のつながりがうかがえる。

ゲームの収録を振り返った紡木は「ありやはハッピーなセリフが多い子だから、ハッピーな作品だと思っていた」と、作品への第一印象がほかのキャストと大きく違っていたとコメント。
コミカルさとシリアスな展開が共存する本作ならではの振り幅を感じさせた。

大寝屋周一役の神谷浩史とキャラクターの共通点について、菅沼が熱く語る一幕も。
幼なじみの蘭堂のこととなると気が気でなくなる周一と同じく、「神谷さんも僕のことになると見境がなくなるんです」と口にしていた。

アニメ映像に「鳥肌が止まらない」

アニメ新情報では、最新PVや初解禁となったOP映像などが公開された。

また、EDを『D4DJ』発のユニット燐舞曲が担当することも発表。7月からの放送に向け、期待を高める内容となった。

PV視聴後は「鳥肌が止まらない!」と興奮した様子で感想を口にしたキャスト陣。
堀江は実写映像を交えた構成を高評価。「現実世界に住む自分たちも当事者になるかもしれない」と、作品の持つ没入感を語っていた。

また、OP映像ではメインキャラクターたちが背中合わせで戦うシーンを「エモい!」と気に入った高野たち。視聴者としての目線で映像に見入っていた。

神谷浩史からのメッセージに菅沼は?

発表会の締めくくりに作品の感想や意気込みを語ったキャスト陣。

堀江は「痛々しい部分もあるけれど、人生の光明が得られる作品」、高野は「こんな内容をアニメでやってもいいんだ、と台本をもらって驚いた。ぜひ深読みしてほしい」とアニメの魅力を口にした。

紡木は「探れば探るほど深くなる、隙がない本気の作品。アニメも早く見たい」とコメント。
佐倉は「共感できる部分がきっとある。前向きなことばかりではないけれど勇気の出し方がわかる作品」だと、本作の見どころをアピールした。

続いては菅沼がコメントをするかと思いきや、急きょ神谷浩史からのビデオメッセージを上映。
本作に関わることのできたありがたさや、主人公に菅沼を抜擢したプロデューサーへの賛辞などを語った。

菅沼を「大器晩成型の声優」と評価し、「きっと期待に応えてくれる」と信頼した様子を見せた神谷。
すると菅沼は「これは神谷さんなりの愛にあふれた叱咤激励。やっぱり神谷さんは僕のこととなると気が気でないんですよ」と嬉しそうに返し、周囲を笑わせていた。

◆◆◆

最後にブシロード代表取締役会長の木谷から、アニメ!アニメ!読者に向けてメッセージが到着。本作の見どころなどを語っていただいた。

「ブシロードがこれまで手がけてきた作品にはエンタメ性の高いものが多く、お祭りのようにみんなで盛り上がっていく方向性が主でした。
本作は作品の世界にどんどん入り込んでいくような、作家性の強さを持っています。これまでのブシロードとは違う新しい一面をぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。

ブシロードではアニメとメディアミックスを担当しており、コミックやカードゲームなどさまざまな展開を考えています。
本作の視覚的な面はゲームやアニメでしっかり見せているので、耳で深く入り込めるような朗読劇も向いているかもしれません。

まずはアニメを見てキャラクターや世界観をじっくり味わっていただき、その後リリースされるゲームも手に取っていただけたらと思います。
期待を裏切らない作品になっているので、楽しみにしていてください」

TVアニメ『D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION』は7月10日より順次放送予定。ゲーム『『D_CIDE TRAUMEREI』では事前登録を受け付けている。アニメやゲームなどで多面的に描かれる骨太の物語に注目だ。

《ハシビロコ》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]