中国発!異色のバイオレンスアニメ「DAHUFA -守護者と謎の豆人間-」2021年に日本公開へ | アニメ!アニメ!

中国発!異色のバイオレンスアニメ「DAHUFA -守護者と謎の豆人間-」2021年に日本公開へ

中国史上初の年齢制限付きのアニメとして注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得たバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』が、2021年に日本でも公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアルと場面写真がお披露目となった。

ニュース アニメ
注目記事
『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.
『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES. 全 10 枚 拡大写真
中国史上初の年齢制限付きのアニメとして注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得たバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』が、2021年に日本でも公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアルと場面写真がお披露目となった。


場面写真【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』は、王宮から失踪した皇太子を捜す、奕衛(イーウェイ)国の守護者であるダフファーを主人公とするバイオレンスアニメ映画だ。
国境を越え、とある謎の村に辿り着いたダフファーだったが、その村の住民は自らの意志を持たず、喋らず、見た目も皆そっくり。村中に不気味な気配が漂うなか、ダフファーは隠された秘密へと徐々に近づいていくことになる。


場面写真【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
ヒトと似て非なる、奇妙な生き物たちの首が次々と切り飛ばされていく暴力的な描写がある一方で、劇中に登場する支配者と村の関係が階級社会への皮肉として描かれるなど、その内容は深みのある思想も垣間見える仕上がり。
映画のレイティング制度がなく、アニメ作品はこども向けとされている中国本土において、制作側は「13歳未満の鑑賞はお控えください」と自主規制しており、中国国産アニメにおいては“前代未聞”の挑戦となった。


場面写真【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
中国では日本円にして約13.5億円のスマッシュヒットとなり、中国アニメファンから高い評価を得ている作品だ。

このたび公開されたポスタービジュアルは、“そこは、ニセモノの目と口を付け人間を夢見る亡霊たちの村――”というコピーを掲げたもの。主人公ダフファーが、奇妙な姿形をしたヒトのような生き物たちに囲まれる様子を捉えている。
あわせてお披露目となった場面写真は、首がはねられた状態のその生き物の傍に佇むダフファーや、その生き物同士が銃殺処刑を行わんとする不穏な様子を捉えたカットなど、独創的な世界観が感じられるものとなった。


場面写真【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
中国発のバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』は、2021年に公開。

『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』
監督:不思凡
製作:光線彩条屋影業、好傳動画
製作:光線彩条屋影業、好傳動画
提供:面白映画
配給:Atemo

Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]