「ゴジラvsコング」津田健次郎&坂本真綾らが博士役に! 日本語吹替版キャスト7名発表 | アニメ!アニメ!

「ゴジラvsコング」津田健次郎&坂本真綾らが博士役に! 日本語吹替版キャスト7名発表

『ゴジラvsコング』(2021年5月14日ロードショー)の日本語吹替え版キャストが発表。津田健次郎や坂本真綾、芦田愛菜、田中圭らが名を連ねた。

ニュース 実写映画・ドラマ
注目記事
『ゴジラvsコング』日本語吹き替えキャスト(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
『ゴジラvsコング』日本語吹き替えキャスト(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC. 全 4 枚 拡大写真
『ゴジラvsコング』(2021年5月14日ロードショー)の日本語吹替え版キャストが発表。津田健次郎や坂本真綾、芦田愛菜、田中圭らが名を連ねた。

『ゴジラvsコング』メインカット(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
『ゴジラvsコング』メインカット
『ゴジラvsコング』は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。
1962年に日本で制作された『キングコング対ゴジラ』以来となる夢のマッチメイクが実現する。

また、本作では小栗旬が、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前二作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮という重要な役どころで出演。
そして新たに日本語吹き替え版キャストとして、芦田愛菜、田中圭、田中裕二、尾上松也、田中みな実、津田健次郎、坂本真綾らの参加が発表に。

さらに今回、日本版主題歌であるMAN WITH A MISSIONの新曲「INTO THE DEEP」を使用した日本語吹き替え版予告映像もお披露目となり、公開への期待が高まる。


『ゴジラvsコング』は、5月14日ロードショー。

<以下、コメント全文掲載>


津田健次郎(49)【ネイサン・リンド役/アレクサンダー・スカルスガルド】


津田健次郎
■役どころ
元モナークに所属で、地球空洞に詳しい博士

■コメント
このような大作に吹き替えで参加出来る事を嬉しく思いました。映画は意外性に溢れた迫力ある映画になっていると思います。収録は丁寧に、そしてとてもスムーズに進みました。劇場で観られるのを楽しみにしています。

坂本真綾(41)【アイリーン・アンドリューズ役/レベッカ・ホール】


坂本真綾
■役どころ
モナークの人類言語学者である博士

■コメント
「ゴジラvsコング」の公開を待ちわびている友人がたくさんいるので、私が声の出演していること、早く自慢したくてたまりませんでした。今日からやっと言えて嬉しいです!
大きなスクリーンで見たいシーンの連続。映画館で見るのが私も楽しみです。

(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]