「第93回アカデミー賞」ノミネート作品発表 長編アニメ映画賞にはディズニー「ソウルフル・ワールド」など5作品 | アニメ!アニメ!

「第93回アカデミー賞」ノミネート作品発表 長編アニメ映画賞にはディズニー「ソウルフル・ワールド」など5作品

2021年3月15日(米現地時間)、「第93回アカデミー賞」のノミネート作品が発表。長編アニメーション映画賞には、『2分の1の魔法』『フェイフェイと月の冒険』『映画 ひつじのショーン UFO フィーバー!』『ソウルフル・ワールド』『ウルフウォーカー』がノミネートされた。

ニュース アワード・コンテスト
注目記事
『ソウルフル・ワールド』(C)2021 Disney/Pixar
『ソウルフル・ワールド』(C)2021 Disney/Pixar 全 14 枚 拡大写真
2021年3月15日(米現地時間)、「第93回アカデミー賞」のノミネート作品が発表。長編アニメーション映画賞には、『2分の1の魔法』『フェイフェイと月の冒険』『映画 ひつじのショーン UFO フィーバー!』『ソウルフル・ワールド』『ウルフウォーカー』がノミネートされた。

『フェイフェイと月の冒険』
『フェイフェイと月の冒険』
『2分の1の魔法』は、内気な少年と陽気な兄の冒険と絆を描いたディズニー作品。『フェイフェイと月の冒険』は、『美女と野獣』など様々なディズニー作品に参加して来たアニメーターのグレン・キーンが監督を務めた初長編作品。『ひつじのショーン UFO フィーバー!』 は、アードマン・アニメーションズの大ヒットシリーズ最新作。

『ウルフウォーカー』(C)WolfWalkers 2020
『ウルフウォーカー』(C)WolfWalkers 2020
『ソウルフル・ワールド』は、音楽が作品のキーとなっており、「第93回アカデミー賞」作曲賞と音響賞にもノミネートされたディズニー作品。『ウルフウォーカー』は、これまでに「アカデミー賞」ノミネートを4度経験してきたアイルランドのカートゥーン・サルーンが贈る最新作だ。

今年はどの作品がオスカーの栄誉に輝くのか、注目したい。
「第93回アカデミー賞」受賞式は、日本時間4月26日に開催。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

(C)2021 Disney/Pixar
(C)2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All Rights Reserved.
(C)WolfWalkers 2020

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]