「となりのトトロ」が映画館に帰ってくる! 「映画のまち調布 シネマフェスティバル」にて上映 | アニメ!アニメ!

「となりのトトロ」が映画館に帰ってくる! 「映画のまち調布 シネマフェスティバル」にて上映

スタジオジブリの劇場版長編アニメーション『となりのトトロ』が、2021年2月20日から2月28日までイオンシネマシアタス調布で上映されることが決定した。

ニュース イベント
注目記事
『となりのトトロ』(C)1988 Studio Ghibli
『となりのトトロ』(C)1988 Studio Ghibli 全 4 枚 拡大写真
スタジオジブリの劇場版長編アニメーション『となりのトトロ』が、2021年2月20日から2月28日までイオンシネマシアタス調布で上映されることが決定した。
東京都調布市で2021年2月5日から2月28日まで開催される、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」の一環で、2018年2月の「さよなら日劇ラストショウ」以来の劇場興行となる。

『となりのトトロ』は「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」においては、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』に続くスタジオジブリ作品の上映となる。
会場では、スタジオジブリが制作当時の35ミリフィルム初号試写に限りなく近づけて作成したDCP(デジタルシネマパッケージ)にて上映。シアタス調布の最大スクリーンにあたる、シアター10の幅約20メートルの大型スクリーンによる迫力満点の映像と音響で、どこまで劇場でオリジナルを再現できるのかという点も見どころだ。
不朽の名作を至高の上映環境で鑑賞できる、ファンには見逃せない貴重な機会となるだろう。

『となりのトトロ』は2021年2月20日から2月28日まで、イオンシネマシアタス調布のスクリーン10ほかにて上映。チケットは大人1,100円、小学生~高校生1,000円、幼児900円で、2021年1月16日より「e席リザーブ」と劇場窓口での取り扱いがスタートする。
また「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」ではこのほか、開催に先立ち実施した「第3回日本映画人気投票」の上位作品の中から、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』など選りすぐりの7作品も上映される予定だ。

『となりのトトロ』
開催期間:2021年2月20日(土)~2月28日(日)※上映時間は WEB サイト参照
会場:イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10 ほか(全席指定)
料金:大人 1,100 円 / 小学生~高校生 1,000 円 / 幼児 900 円
チケット販売日時:2021年1月16日(土) e 席リザーブ 0:00~ 劇場窓口 8:00~

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」
開催期間:2021年2月5日(金)~2月28日(日)
会場:調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布
主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布 シネマフェスティバル2021実行委員会

『となりのトトロ』
(C)1988 Studio Ghibli
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
(C)2019 こうの史代・双葉社 /「この世界の片隅に」製作委員会
『惡の華』
(C)押見修造/講談社 (C)2019 映画『惡の華』製作委員会

《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]