キミは“上坂すみれの部下”になれるか!? 上坂社長に入社試験クイズを出してもらいました【特別プレゼント企画】 | アニメ!アニメ!

キミは“上坂すみれの部下”になれるか!? 上坂社長に入社試験クイズを出してもらいました【特別プレゼント企画】

スマートフォンゲーム『社長、バトルの時間です!』でテーマ曲とキャラクターの1人「ヴァル美」のキャストを担当している上坂すみれさん。今回はプレイヤーと同じく社長になっていただき、「部下にするならどんな人材がほしいか?」をクイズ形式で伺ってきました。

インタビュー 声優
『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー 全 23 枚 拡大写真
2019年10月17日にリリースされたKADOKAWAのスマートフォンゲーム『社長、バトルの時間です!』(以下、『シャチバト』)。本作のテーマ曲「SECRET TREASURE」は、上坂すみれさんがCVを務めるヴァル美として歌唱しています。

『シャチバト』メインビジュアル

関連記事

>KADOKAWA、新プロジェクト「シャチバト!(仮)」発表 「けものフレンズ」吉崎観音がメインイラスト担当

『シャチバト』はプレイヤーが「社長」になって冒険者(社員)を雇い、モンスターが巣くうダンジョンを攻略する異世界シミュレーションRPGです。
上坂さんはテーマ曲に加えて、冒険者の一人として登場するキャラクター「ヴァル美」のキャストも担当されています。

「ヴァル美」

ゲーム内では戦士役を演じる上坂さんですが、今回はプレイヤーと同じく社長になっていただき、「部下にするならどんな人材がほしいか?」をクイズ形式で伺ってきました。

上坂社長の最終試験に見事合格した方の中から抽選で1名様に特製社員証(という名のサイン色紙)をプレゼントします!

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビューこれが上坂社長謹製・特製社員証だ!
上坂社長が一緒に働きたいと思うのはどんな人なのか? あなたは見事上坂社長の部下になれるのか? 上坂社長との最終面接に臨む気持ちでチャレンジください!
[取材・構成=いしじまえいわ/撮影=小原聡太]

■上坂社長が一緒に働きたいと思うのはどんな人?


――『シャチバト』はプレイヤーが社長になって冒険者に指示を出すゲームとのことですが、上坂さんは社長になるならどんな会社を興したいですか?

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
上坂社長:これまであまり起業に関して勉強してこなかったので、社長なんてなんともですが……そうですね、それこそ『シャチバト』のようなゲームを作る「ゲーム会社」は面白そうですね!

――ではゲーム会社の社長に就任されたということで、上坂社長が社員として迎えるならどんなタイプの人がいいですか?

上坂社長:まずはプログラマーさんですね。制作はプログラマーさんにお任せして、私はそれを見てます。
あと、私はそんなリーダー心があるタイプではないので、細かいことを記憶してくれたり、進行をビシッとしてくれたりする人もいいですね。まとめ役みたいな。

――制作はプログラマーさん、ディレクターやプロデューサーや経理や事務や秘書の方々がプロジェクトを進行し、会社を運営していく感じですね。では社長のお仕事は?

上坂社長みなさんが働いているのを見てます。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
――見てる。

上坂社長:はい。

■難問続出! 最終面接前のテスト問題3問


――それでは、上坂社長の経営するゲーム会社に入社するための入社試験に移ります。「上坂社長ならこんな時どう思うか?」という2択問題を出していただき、正答された方を採用しましょう。

上坂社長:私と波長が合う人を探すわけですね。

――そのとおりです。では社長、まずはテスト問題からはじめましょう。

上坂社長:第1問はこれです!

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
第1問:後輩を育てる時、あなたなら?

A:ほめて伸ばす
B:厳しく接する


――上坂社長、答えはどうでしょう? 正解をお願いします!

上坂社長:正解は……

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
上坂社長:Aの「ほめて伸ばす」です! 私、後輩にもタメ語が使えないくらいで、ダメ出しとか全然できないんです。

――後輩にも敬語で?

上坂社長:はい。なのでほめて伸ばすことしかできないですね……。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
――社長自ら敬語を使ってほめてくれるなんて、むっちゃいい会社じゃないですか……!続いてテスト問題第2問、よろしくお願いします!

上坂社長:さあ、どっちでしょう?

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
第2問:メールやメッセンジャーで会話が気まずく途切れてしまった時、あなたなら?

A:自分の発言が最後になるようフォローする
B:気にしない


――社長、正解をどうぞ!

上坂社長:答えは……

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
上坂社長:Bの「気にしない」です!

――そのココロは?

上坂社長:私、LINEとかも見ない時は全然見ないくらいですから、そもそもこんな心遣いをしたことないです。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
――上坂社長の未読スルー、つらい! たしかにいちいち気にしちゃう社員は、心がもたなそうですね……。

上坂社長:それでは次、3問目です。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
第3問:仕事で納得いかないことがあった時、あなたなら?

A:自分の意見をきちんと言う
B:黙ってる


――これはどちらでしょう? 社長、正解は?

上坂社長:正解は……

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
上坂社長:またしてもB! 「黙ってる」です。
原稿の誤字脱字など明らかな誤りは指摘しますけど、基本的には「この人がそう思うんならそうなんだろう」と、その方の判断に任せちゃうタイプですね。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
――声優の仕事であるアフレコに置き換えて考えると、上坂さん自身は「今のはちょっとな」と内心思っているテイクでOK出てしまった、というような場合ですよね。そんな時も自分の意見は言わないんですか?

上坂社長:自分の主観的な判断と周りの方の捉え方が同じとは限らないんですよね。だから放送されているのを見て「ああ、こういうことだったんだ」と思うこともよくあります。

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
――なるほど。

上坂社長:また、私の演技だけでなく他の専門の方の技術も通して最終的な映像になるので、そういったみなさんにお任せしよう、と思います。

――万が一の話ですが、もしそれで映像になった時にやっぱりおかしかったら?

上坂社長:もう絶対許しません! 一生恨みます!

――ミスが許されない厳しい仕事だ!!

■超難問! 上坂社長からの最終問題!


――以上、3問のテスト問題で社長がどういうお考えの方なのか、入社希望者の方々にも理解できてきたと思います。これらのテスト問題を踏まえたうえで、この後の設問が本番、最終面接になります。上坂社長、お願いします!

上坂社長:はい。最終問題はこれです!

『社長、バトルの時間です!』上坂すみれインタビュー
最終問題:わたくし上坂社長は、よく晩酌をした勢いで通販(代引き)で商品を買うことがあります。私が最近、勢いで買ってしまったものは何でしょう?

A:メイド服
B:お徳用カニ1kgセット


――おや、心理テスト的な質問だったテスト問題と大きく毛色が違っていますね。これまでのテストがテストになっていないような気も……。

上坂社長:最終面接なので、社長である私自身に関する問題にしました。この件はラジオで話したことがあるので、私のラジオを聞いてくれている方ならピンとくるはずです。

――なるほど、普段から社長の言うことをしっかり聞いていれば正解にたどり着けるという、最終面接にふさわしい設問ですね!

【追記パート】最終問題回答編&上坂社長からみんなへのメッセージ


――上坂社長との最終面接、非常に多くの方にエントリーいただきありがとうございました。それでは上坂社長、最終問題の回答をお願いします!

上坂社長:正解は……


上坂社長:Aの「メイド服」でした!

――社長、これは本当なんですか?

上坂:はい。受注生産のいいメイド服を。

――「これだ!」と思って、勢いで買っちゃったんですか。

上坂社長:買った形跡がありましたね……。


――買った時のことを覚えてないんですか?

上坂社長:全く記憶にないんです。メールボックスに「お買い上げありがとうございます」というメールが届いていて「そうなんだ……」と。


――そうなんだ……ちなみにBの選択肢だったお徳用カニ1kgはダミーですか?

上坂社長:いや、同じ流れでお徳用カニ1kgセットも買ったことがあるんです。こっちはうっすら自覚はありました。

――どっちも事実じゃないですか。

上坂社長:設問は「最近買ってしまったもの」なので、より最近買ってしまったメイド服を選んだ方を正解としました。泥酔、みんなも気をつけようネ!


◆ ◆ ◆

「社長になるなんて考えたことありませんでした」という上坂さんでしたが、最後は社長らしく厳しい(?)最終面接をしてくださいました。上坂社長、ありがとうございました!

なお、上坂社長が戦士ヴァル美を演じる『社長、バトルの時間です!』は絶賛配信中! 上坂さんの教えを活かしつつ、No.1カンパニーの“社長”を目指してみてください!


(C)KADOKAWA CORPORATION 2019 (C)でらゲー (C)PREAPP PARTNERS

《いしじまえいわ》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集