「ドラえもん のび太の牧場物語」どんなひみつ道具が出るの? そもそものび太は朝起きられる? 体験版で気になったポイント【7選】 4ページ目 | アニメ!アニメ!

「ドラえもん のび太の牧場物語」どんなひみつ道具が出るの? そもそものび太は朝起きられる? 体験版で気になったポイント【7選】

『ドラえもん のび太の牧場物語』体験版で気になったポイントをチェック! ドラえもん要素をたっぷりと確認しました。

ニュース ゲーム
『ドラえもん のび太の牧場物語』どんなひみつ道具が出るの? のび太は朝6時に起きられるの?─体験版で気になったポイント7選
『ドラえもん のび太の牧場物語』どんなひみつ道具が出るの? のび太は朝6時に起きられるの?─体験版で気になったポイント7選 全 37 枚 拡大写真

◆ひみつ道具の代表格「どこでもドア」から、牧場生活に役立つものまで!



本作に登場するひみつ道具は、「時限バカ弾」や「スーパー手ぶくろ」だけではありません。公式サイトでも紹介されていますし、体験版だけでもこの他にいくつも登場します。そこで、実際に体験版で確認できたひみつ道具の数々を、こちらでまとめて紹介させていただきます。

■ひみつ道具「どこでもドア」は、便利でちょっとクセがある

ひみつ道具の代表的な存在であり、知名度も抜群の「どこでもドア」が本作に登場。効果も原作通りで、町や山、海岸など、好きな場所へ瞬時に移動できます。ゲーム的な要素としては、ファストトラベルをイメージしてもらえれば、分かりやすいかと思います。


ただし、注意点もひとつあります。主人公はのび太なので、「どこでもドア」は直接持ち運べません。そして、「どこでもドア」はのび太の牧場に置かれていますが、移動を繰り返すと「どこでもドア」自体も一緒に移動します(2点間を結ぶ移動手段なので)。仮に、町から山へ移動した後に徒歩で農場に戻ってきたら、農場に「どこでもドア」はないのです(このケースだと、町と山にあります)。


一日は農場から始まるので、「どこでもドア」は農場に置いておきたいところ。便利なので移動に使うのは問題ありませんが、最後には「どこでもドア」を使って農場に戻っておくのがお勧めです。

■『牧場物語』と相性良すぎ! ひみつ道具「アットグングン」

『牧場物語』と言えば、畑を耕し、様々な作物を育てるのが醍醐味のひとつ。作物を売ってお金を稼ぎ、新しい種や肥料の購入などに充て、より多くの作物を効率よく育てていく・・・このサイクルをどれだけ上手に回していくか、プレイヤーの腕が問われます。



そして、作物を育てる日々を力強く支えてくれるのが、ひみつ道具「アットグングン」です。植物にふりかけることで、その成長を加速させることができるため、収穫の短縮が可能に。“カブを3日で育てる”という無茶な難題も、この「アットグングン」があれば実現できます。作物を育てる『牧場物語』に、これほど向いているひみつ道具もそうそうないでしょう。

■ひみつ道具「ケロンパス」で疲れ知らず! ただし効果時間アリ

身体に貼ることで、疲れを吸い取ってくれる「ケロンパス」。とんでもない効果を持つ、他のひみつ道具と比べるとやや地味ですが、実生活で「これがあれば!」と思う場面は日常にいくらでも転がっています。実用性という面で見ると、かなり高い順位に入りそうな便利アイテムです。


そんな「ケロンパス」は、『ドラえもん のび太の牧場物語』でも大活躍。畑を耕したり水をまいたりと、道具を使うたびに体力を消耗しますが、この「ケロンパス」を使うと、体力を使うことなく農作業などが行えます。ただし、効果時間は2分のみなので、集中的に農作業に勤しむ予定を立てた上で、迅速に取りかかるのが吉です。


ちなみにこの2分は、現実世界での時間なので、ゲーム内時間に閑散すると2時間ほど。これだけの時間、疲れることなく動けるのは、実に羨ましい効果です。今回紹介したひみつ道具だけでも、実際の世界で使えたらいいのに・・・!(時限バカ弾を除いて)




体験版でプレイできるのは、ゲーム内時間で約3日間。季節ごとに収穫できる作物も変わるなど、本編のゲームサイクルはもっと長いので、相応のボリュームとなることでしょう。また、この短いプレイ時間の中だけでも、「ドラえもん」特有の要素がこれだけ盛り込まれているので、その点についても期待が膨らみます。ひみつ道具で変化する新たなスローライフを、6月13日から始めてみてはいかがでしょうか。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
制作:マーベラス

『ドラえもん のび太の牧場物語』どんなひみつ道具が出るの? のび太は朝6時に起きられるの?─体験版で気になったポイント7選

  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4

《臥待 弦》

【注目の記事】[PR]
 

この記事の写真

/

特集