ロンギヌスの槍を伝統の技で再現!「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」パワーアップして再び東京開催 | アニメ!アニメ!

ロンギヌスの槍を伝統の技で再現!「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」パワーアップして再び東京開催

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズをモチーフに、全国の刀匠が制作したオリジナルの逸品を堪能できる「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の約6年ぶりとなる東京凱旋展覧会が、2019年8月30日から新宿高島屋にて開催決定。

ニュース イベント
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」(C)カラー
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」(C)カラー 全 5 枚 拡大写真
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズをモチーフに、全国の刀匠が制作したオリジナルの逸品を堪能できる「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の約6年ぶりとなる東京凱旋展覧会が、2019年8月30日から新宿高島屋にて開催決定。伝統の技で再現されたマコログソードやロンギヌスの槍に加え、原画展示も行われる。

本展覧会「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」は、伝統の技で再現されたマコログソードやロンギヌスの槍など、劇中に登場した刀剣が展示。加えて、レイ、アスカ、カヲルなどの人気キャラクターや初号機などのEVAシリーズからインスピレーションを受けた、本展オリジナルの一振りも用意されている。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」(C)カラー
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展の様子
そのほかにも、エヴァンゲリオン・メカニックデザイナー山下いくとと、刀匠・宮入小左衛門行平の軌跡のコラボレーションが実現。山下描きおろしデザインの「刀野薙」を、宮入が逸品に仕上げた。
また、同じく全国を巡回する人気の展覧会「エヴァンゲリオン展」の中から特に貴重な原画約200点が、「EVANGELION ARTWORK SELECTION」として特別展示。オリジナルグッズや人気アイテムの販売も行われる。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」「EVANGELION ARTWORK SELECTION 約200点」(C)カラー
EVANGELION ARTWORK SELECTION 約200点
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 + EVANGELION ARTWORK SELECTION」は、2019年8月30日から9月9日まで、「新宿高島屋 11階特設会場」にて開催。

■2019年8月30日(金)から9月9日(月)まで
■新宿高島屋 11階特設会場
■入場料:一般1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
■入場時間:連日午前10時から午後7時30分まで(午後8時閉場)。金・土曜日は午後8時00分まで(午後8時30分閉場)。最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)。
■主催:一般社団法人全日本刀匠会事業部、朝日新聞社 ■協力:テレビせとうちクリエイト


(C)カラー

《MoA》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集