転生したいアニメ作品は?「このすば」を抑えたトップは!? 多彩なタイトル集結 | アニメ!アニメ!

転生したいアニメ作品は?「このすば」を抑えたトップは!? 多彩なタイトル集結

アニメ!アニメ!では、「転生したいアニメ作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース そのほか
「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」(C)2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会
「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」(C)2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会 全 7 枚 拡大写真
4月5日は劇場オリジナルアニメ『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』の公開日です。

『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』は、剣と魔法の世界から“逆異世界転生”を果たした勇者と魔王による、だらっと日常、時々ホンキで闘う、脱力系アクション・エンターテインメントが描かれます。

『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』第2弾キービジュアル(C)おばけ屋/LAIDBACKERS製作委員会
『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』第2弾キービジュアル(C)おばけ屋/LAIDBACKERS製作委員
アニメ―ション制作は『結城友奈は勇者である』のStudio五組、監督には『ご注文はうさぎですか?』で知られる橋本裕之、脚本は『この素晴らしい世界に祝福を!』に参加した上江洲誠、キャラクター原案は『刀剣乱舞』でもキャラデザインを手掛けた鈴木次郎と、豪華スタッフ陣が集結しました。

近年は主人公が別の世界に生まれ変わるストーリーが人気を博しています。もしあなた自身がアニメの世界に行けるとしたら、一体どの作品を体験してみたいでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「転生したいアニメ作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。3月24日から3月31日までのアンケート期間中に81人から回答を得ました。男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■トップは『文スト』 多ジャンルの作品が集結


1位は『文豪ストレイドッグス』。「実際の横浜の建物を残しながらも、少しのレトロ感を感じる世界観で行ってみたくなる」や「主人公の中島敦をはじめ、いろいろな異能力者と一緒に、自分も異能力を使って戦ってみたい」という声がありました。

「文豪ストレイドッグス」(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
「文豪ストレイドッグス」(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
2位は『この素晴らしい世界に祝福を!』。こちらはファンタジー作品。「カズマをみてると大変そうだけどなんだかんだいって楽しそう! めぐみんに会って、エクスプロージョンが見たい」というコメントが寄せられており、コミカルな世界観が人気です。

「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」(C)2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会
「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」(C)2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会
3位は『銀魂』、『ソードアート・オンライン』、『ハイキュー!!』が同票でランクイン。
『銀魂』には「かぶき町に住んで銀さんたちと賑やかな毎日を過ごしたい」、『SAO』は「フルダイブVRMMOがやりたい」、『ハイキュー!!』には「マネージャーをやって、キャラクターたちの頑張る姿を間近で見たい」と、それぞれ異なる理由が挙がっています。

■そのほか注目コメントをご紹介!!


『SSSS.GRIDMAN』には「自分もグリッドマンになりたい」、『マクロス』シリーズには「バルキリーのパイロットになって歴代の歌姫たちに会いたいです」という声がありました。とくに作中で活躍したヒーローになったり、メカを操縦したいという意見が多かったです。

「SSSS.GRIDMAN」(C)円谷プロ(C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
「SSSS.GRIDMAN」(C)円谷プロ(C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
『転生したらスライムだった件』には「リムル=テンペストが作った街は大勢の人たちが暮らしていて楽しそう」、『ゴールデンカムイ』には「明治のアイヌ文化に触れてみたいから。劇中に出てくる狩猟グルメも食べたい」というコメントもありました。次ページには投票があったタイトルを掲載しました。こちらもお見逃しなく。

■ランキングトップ10


[転生したいアニメ作品は?]
1位 『文豪ストレイドッグス』
2位 『この素晴らしい世界に祝福を!』
3位 『銀魂』
3位 『ソードアート・オンライン』
3位 『ハイキュー!!』

(回答期間:2019年3月24日~3月31日)
次ページ:そのほか投票があったタイトルを紹介
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集