「スパイダーバース」小野賢章、宮野真守の“はるか上をいく演技”に驚き【インタビュー】 2ページ目 | アニメ!アニメ!

「スパイダーバース」小野賢章、宮野真守の“はるか上をいく演技”に驚き【インタビュー】

2019年3月8日公開のアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』より、マイルス・モラレス役を務める小野賢章にインタビュー。もともとマーベル作品が大好きで、「アベンジャーズ入りするのが夢だった」という小野が語る『スパイダーマン』の魅力とは?

インタビュー 声優
「スパイダーバース」小野賢章、宮野真守の“はるか上をいく演技”に驚き【インタビュー】
「スパイダーバース」小野賢章、宮野真守の“はるか上をいく演技”に驚き【インタビュー】 全 9 枚 拡大写真

■予想のはるかうえを行く!? 宮野真守のピーター・パーカー



――演じるマイルスには、どのような印象を持ちましたか?

小野
マイルスは虚勢を張ったり、調子に乗っている部分があったりと、本当に“普通の”中学生。
スパイダーマンになる能力を得たにもかかわらず、最初は「なりたい」とは思っていなくて、むしろ嫌がっていたほど。確かに、急にヒーローになれって言われても、自分にできるかどうか不安になりますよね(笑)。
「ヒーローになる」ということを一度拒否する様子に、すごく人間味のあるキャラクターだなという印象を持ちました。

また、吹き替えるうえで一番大事にしたのが、見ている人が応援したくなるようなキャラクターにするということ。
実際、自分が作品を見て最初に思ったことが「応援したくなるキャラだな」だったので、それは崩さずにいこうと演じましたね。

――今回のマイルスのスパイダーマンは、みんなが知っているスパイダーマンとは、そういった性格の他に、スーツにも違いがありますよね。

小野
あの赤黒のスーツ、すごくカッコいいですよね!
ペンキな感じも、ストリートっぽくてすごくオシャレ。舞台がニューヨークなので、そのカルチャーを感じさせるデザインで、とても気に入っています。

『スパイダーマン:スパイダーバース』
――完成した作品をご覧になられて、自身が演じているスパイダーマンはいかがでしたか?

小野
自分が出ている作品って、いつも「もうちょっとこうした方が良かったかな」と反省しながら見ているのですが、今回はただただ作品が面白過ぎて、自分が演じたということを忘れて見入ってしまいました(笑)。
「こんな素晴らしい作品に関われたんだなぁ……」と感動したと同時に、本当に光栄に思いましたね。

――本作では、マイルス以外にも多種多彩なスパイダーマンが多数登場します。ズバリ、お気に入りのキャラクターは?

小野
(スパイダーマン・)ノワールが本当にカッコいい!
吹き替えが大塚明夫さんってところもズルいですよね。「渋っ!」って思いました(笑)。

『スパイダーマン:スパイダーバース』
――従来の主人公であるピーター・パーカーを演じたのが、宮野真守さん。『スパイダーマン』ファンとして、宮野さん演じるパーカーはいかがでしたか?

小野
実はマモさんとは収録が別だったので、「どんな風に演じるのかな?」と想像を膨らませていました。
実際に完成したものを見てみて、予想通りだった部分もあったのですが、「こんな演じ方をするのか!」と予想のはるか上をいっていたところもあって、驚かされました。

『スパイダーマン:スパイダーバース』
小野
マモさんの演技はポップで、見ていてすごく楽しめました。
それだけじゃなく、マイルスに情を感じ始めた瞬間だったり、諭すシーンだったり、表情だけではわからないピーターの優しさもマモさんの演技から伝わってきて、より一層魅力的なキャラクターになっていたと思います。


→次のページ:「僕もなれるんじゃ……?」小野賢章が思う、スパイダーマンの魅力
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《米田果織》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集