OxT「ユニットを続けていけたら…」活動5年の印象変化も語る「ANiUTa AWARD 2018」受賞記念【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

OxT「ユニットを続けていけたら…」活動5年の印象変化も語る「ANiUTa AWARD 2018」受賞記念【インタビュー】

アニソン聴き放題サービス「ANiUTa(アニュータ)」が、楽曲再生数をもとにした年間ランキング大賞「ANiUTa AWARD 2018」を発表。オーイシマサヨシさんとTom-H@ckさんによるユニットOxTが、今年の“秋アニメ主題歌部門”を受賞した。

インタビュー アーティスト
OxT「ユニットを続けていけたら…」活動5年の印象変化も語る「ANiUTa AWARD 2018」受賞記念【インタビュー】
OxT「ユニットを続けていけたら…」活動5年の印象変化も語る「ANiUTa AWARD 2018」受賞記念【インタビュー】 全 2 枚 拡大写真
アニソン聴き放題サービス「ANiUTa(アニュータ)」が、楽曲再生数をもとにした年間ランキング大賞「ANiUTa AWARD 2018」を発表。オーイシマサヨシさんとTom-H@ckさんによるユニットOxTが、今年の“秋アニメ主題歌部門”を受賞した。

昨年に引き続き行われた、この「ANiUTa AWARD」。
シングルランキング部門、アルバムランキング部門、男性ソロ部門、男性グループ部門、女性ソロ部門、女性グループ部門、各クール主題歌部門、劇場版主題歌部門、#NowPlayingランキング部門の9部門に分かれており、今回はシングルランキング部門では坂本真綾さんの「逆光」、アルバムランキング部門では高木さん(CV:高橋李依)の「からかい上手の高木さん Cover Song Collection」など、2018年に話題となった楽曲とアーティストが賞に輝いた。

今回秋アニメ主題歌部門を受賞したOxTの楽曲「UNION」は、TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』の主題歌。
爽やかで疾走感あふれる曲調だけでなく、主人公が使命を果たすため、友人と共に怪獣の脅威に立ち向かう……というアニメのストーリーに沿った歌詞「目を醒ませ 僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ」といったキャッチーなフレーズが耳に残り、思わず口ずさみたくなる1曲になっていた。

今回アニメ!アニメ!では、OxTのおふたりにインタビューを敢行。受賞しての喜びや、今後の意気込みなどについて語っていただいた。

■OxT、活動5年でお互いの印象に変化?



――「秋クール主題歌部門」受賞のご感想はいかがですか?

オーイシ
今クールは本当に強者揃いだったので、「キター!」という喜びを隠せませんでした(笑)!

Tom
とっても嬉しいです! 『SSSS.GRIDMAN』旋風と一緒にOxTもたくさんの皆様に聴いて、観てもらえて光栄です!

――2018年はどのような年でしたか?

オーイシ
OxTにとってはたくさん大きなアニソンフェスにも出演させていただきましたし、ワンマンツアーもあったりで、とても充実した1年だったのではないでしょうか。

Tom
きちんと自分のペースを維持できた年でした! 海外にもたくさんお仕事で行った年でございました!

――「UNION (TV Size)」の聴きどころは?

Tom
王道のアニソン・ポップス感でしょうか!

オーイシ
『SSSS.GRIDMAN』のOP主題歌ということで、作品に寄り添いつつヒーロー王道モノとして現代っぽくトレースしたとても良い曲だと思います! ぜひ”退屈”から救われてほしいです(笑)!

――オーイシさんはどんなことを意識して歌っていますか?

オーイシ
作品の舞台が高校なので、そういった思春期ならでは焦燥感や「何者かからの脱出感」みたいなものと、ヒーローソングとしての熱さを意識して歌っています。

――「UNION (TV Size)」をライブで披露する機会もあったかと思いますが、ファンの方の反応やご自身のご感想はいかがでしたか?

オーイシ
ライブではお客さんの「待ってました!」感が半端ないですね! 急にフロアの熱気が上がる感じがします。
あとライブとは関係ないのですが、冒頭が「目を醒ませ」というフレーズで始まるのでアラームに設定している方が多いらしく、「毎朝オーイシに起こされてウザい」という風評被害を受けております(笑)。

Tom
ヒット作品が放映中にやるライブはやはり爆発的な盛り上がりを感じます。今回の『SSSS.GRIDMAN』の人気もひしひしと肌で感じる盛り上がりでした!

――OxTを結成して3年目ですが、「featuring」を含めると5年の付き合い。それぞれ個人でも活躍しておりまずが、お互いの印象、そして楽曲の印象への変化はありましたでしょうか?

オーイシ
性格がしなやかで柔らかくなったのかなという印象はありますが、どうなんでしょうか(笑)。
どんなに付き合いが長くなっても、Tomくんの音楽的な引き出しの多さにはびっくりしますね。天才。

Tom
印象……それよりも日々、忙しく大変かと思いますが、これからも頑張ってください(笑)。

――2019年の豊富を教えてください。

オーイシ
OxTとしては、2019年はさらにTomくんとのタッグ感を出せたらいいなぁとは思いますが、まあお互いマイペースに力み過ぎずにユニットを続けていければ、と(笑)。

Tom
2018年は個人的にも「静」の年ということで、不用意な動きは規制していたのですが、2019年は10倍くらい、活発に動こうかと思っております! 頑張るぞー!


■オーイシマサヨシさんは「男性ソロアーティスト部門」も受賞!


オーイシさんは同時に、今年の「男性ソロアーティスト部門」も受賞。こちらもインタビューにて、喜びのコメント&2019年の抱負などをたっぷり語っていただいているので、あわせてチェックしていただきたい。
>記事はコチラ

【「ANiUTa AWARD 2018」受賞記念インタビュー連載】
>第1回:亜咲花、“アニサマ初出場”など飛躍の1年を振り返る

【ANiUTa】
>「ANiUTa AWARD 2018」ニュースページ

>「ANiUTa」 iOS / App Store

>「ANiUTa」 Android / Google Play

《米田果織》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集