寺島拓篤さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 「Mマス」「サーヴァンプ」ほかを抑えた圧倒的1位は… | アニメ!アニメ!

寺島拓篤さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 「Mマス」「サーヴァンプ」ほかを抑えた圧倒的1位は…

アニメ!アニメ!では、寺島拓篤さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース そのほか
「劇場版『SERVAMP -サーヴァンプ-』Alice in the Garden」 (C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMPMOVIEPROJECT
「劇場版『SERVAMP -サーヴァンプ-』Alice in the Garden」 (C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMPMOVIEPROJECT 全 8 枚 拡大写真
12月20日は寺島拓篤さんのお誕生日です。

寺島拓篤さんは2000年代に声優デビュー。2018年も劇場アニメ『「SERVAMP -サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』をはじめ、多彩な作品でメインキャラクターを務めました。アーティストとしても活躍中。2018年秋アニメ『転生したらスライムだった件』ではオープニングテーマを手がけています。

寺島拓篤さん
そこでアニメ!アニメ!では、寺島拓篤さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。12月6日から12月13日までのアンケート期間中に170人から回答を得ました。
男女比は男性約10パーセント、女性約90パーセントと女性がメイン。年齢層は19歳以下が約55パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

■『うた☆プリ』一十木音也が大差でトップに


1位は『うたの☆プリンスさまっ♪』の一十木音也。支持率は約40パーセントでした。男性アイドルユニット・ST☆RISHのメンバーである一十木音也は前向きで素直で天真爛漫な性格。「いつも明るくて元気な姿を見ていると、こちらまで元気になるから」というコメントが多く、快活な姿に癒やされているファンが多いようです。

(C)UTA☆PRI-LS PROJECT
本編やキャラソンで披露した歌声も人気。「時が経つにつれて、音也くんの成長を感じられる歌い方の変化をつけていて、すごいなと思います」と、第4期まで制作された長期シリーズであることに触れたコメントもありました。2019年には『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が公開予定。『うた☆プリ』の快進撃は止まりません。

2位は『ログ・ホライズン』のシロエ。支持率は約9パーセントでした。本作の主人公であるシロエは、ゲーム「エルダー・テイル」のベテランプレイヤー。こちらは冷静沈着な頭脳派で、「落ち着いた喋り方で寺島さんの声の良さが活かされています」や「繊細かつ優しい、冷静で熱い。人たらしなシロエがハマり役でした」というコメントが集まっています。落ち着いたトーンの中で見せるお芝居に惹かれたという声が多数寄せられました。

3位は『SERVAMP -サーヴァンプ-』の城田真昼。支持率は約8パーセントでした。シンプルであることを好む主人公・城田真昼はとあることがきっかけで、吸血鬼をめぐる騒動に巻き込まれてしまいます。彼は吸血鬼・クロをはじめ、さまざまなキャラクターとの掛け合いが人気。「仲間思いでまっすぐなところが、とてもステキな男の子だなと思います」といったコメントが集まりました。

「劇場版『SERVAMP -サーヴァンプ-』Alice in the Garden」 (C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMPMOVIEPROJECT
今回のアンケートでは熱血だったり、クールだったり、お人好しだったりと、さまざまなタイプのキャラクターに投票がありました。7位には『黒執事』のスネークがランクイン。連れている蛇たちの言葉としてセリフを喋る変わったキャラで、「蛇のいろんな声を一人で出していてすごい」というコメントがありました。多彩な魅力を表現してきたことが再確認できる結果でした。

■ランキングトップ5


[寺島拓篤さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]

1位 一十木音也 『うたの☆プリンスさまっ♪』
2位 シロエ 『ログ・ホライズン』
3位 城田真昼 『SERVAMP -サーヴァンプ-』
4位 天ヶ瀬冬馬 『アイドルマスター SideM』
5位 西城レオンハルト 『魔法科高校の劣等生』
5位 シンタロー(如月伸太郎) 『メカクシティアクターズ』

(回答期間:2018年12月6日~12月13日)
次ページ:全体ランキング公開
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋克則》

【注目の記事】[PR]

この記事の写真

/

特集